カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





韓国:Mohegan SunのIR提案が明らかに 総投資額6,000億円 政府が年内に二つのIR計画選定へ 

2015-10-27

【海外ニュース】

Yonhap News Agencyが米国Mohegan Tribal Gaming Authority(Mohegan。コネチカット州The Mohegan Sun運営)の社長であるBobby Soper氏に書面インタビューを実施。

現在、韓国政府 文化体育観光部(The Ministry of Culture, Sports and Tourism, MCST)は、二つの外国人専用カジノを含む統合型リゾート(IR)計画の選定作業を進めている。年内にも選定結果を発表予定。
RFPの提案条件は、最低投資額1兆ウォン以上(約1,000億円以上、土地取得費除く)、$500mn以上(約600億円以上)の外国資本、外国人専用カジノ(施設面積の5%未満)、ホテル1000室以上(5-star)など。

34の事業者がRFPに参加しており、Moheganはそのうちの一社。6事業者が仁川空港周辺の提案であり、それらはMohegan、韓国Grand Leisure Korea、香港の周大福(Chow Tai Fook Enterprises)、中国のMacrolink Group、フィリピンのBloomberry Resortsである。
関係筋は、選定されるプロジェクトのうち、少なくとも一つは仁川空港周辺となると予測する。仁川空港は年間4,500万人以上の利用者を有し、空港施設を拡張工事中。

Moheganの提案は、仁川空港周辺であり、複数のフェーズの開発があり、投資額は第一段階16億ドル(約1,900億円)、総額50億ドル(約6,000億円)の巨大IRである。

選定されれば、Moheganにとり、最初の海外大型プロジェクトとなる。Moheganは自身の強みとして、1)米国で最大級のIRを運営するエンタテインメント企業、2)米国のレジャーリゾート産業とのコラボレーション、3)韓国企業とのパートナーシップ受け入れ、4)コネチカット州施設で多くのアジア顧客を有する、などを挙げた。

現在、韓国(済州島を含めて)では現在、17ヵ所のカジノがあり、うち外国人専用が16ヵ所、内国人入場可能なカンウォンランドがある。

開発中プロジェクトは3つ。韓国本土で2つ、済州島で1つの大型IRの建設が進行中。仁川空港周辺にはParadise&セガサミー、Caesars&Lippoの2つがあり、投資額はそれぞれ1400億円、2000億円級。済州島にはGenting Singapore&Landing International(Resorts World Jeju)があり、投資額2,200億円。
それぞれ初期開業は2017年から2018年となる予定。

カジノIRジャパン関連記事:
韓国:済州島に2つめの大型IR計画の観測 Lotte Tour Development。Genting&Landingに続き
韓国:IR追加2枠のプロセス RFP開始。8月27日から3ヶ月間 候補地は9つ
韓国:IR3社計 4-6月&1-6月実績 総市場はフラット。内国人市場は好調、外国人専用は伸び悩み

カジノIRジャパン

該当記事

(Yonhap Interview) Mohegan Sun eyes US$5 bln resort project in S. Korea
記事へのリンク

YONHAP NEWS AGENCY


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.