カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





日本IR創設サミットin泉佐野:泉佐野プレゼンテーション 議決済み。国のIR法制化を待つばかり

2015-11-04

【国内ニュース】

カジノIRジャパンは10月30日(金)開催の「日本IR創設サミットin泉佐野KIXりんくう」のプログラムの中から、泉佐野プレゼンテーション、そして、三つのパネルディスカッションをレポートする。

日本IR創設サミットin泉佐野KIXりんくう レポート:
第1回:IR推進法案の現況と展望
第2回:泉佐野プレゼンテーション
第3回:地方が国による地域選定を勝ち抜くためのIR提案とは?
第4回:監査法人BIG4 地区申請から地区選定までのフロー

11月5日-追記:
第3回、第4回はIR法制、地域選定、事業者選定に関わる重要な論点を含む。後日、有識者の意見を踏まえ、論点を整理し、詳細に報告する。

カジノIRジャパン関連記事:
日本IR創設サミットin泉佐野:IR推進法案の展望~次期国会での成立に向け、政府と意思統一
リマインダー:10/30 日本IR創設サミットin泉佐野 IR議連、監査法人、識者、オペレーター勢揃い

プログラムファイル:
第10回 日本IR創設サミットin泉佐野 – プログラム

泉佐野プレゼンテーション

日本IR創設サミットは、全国IR誘致団体協議会、開催エリアの誘致団体、経済団体などが主催する年に一回のイベント。全国IR誘致団体協議会は、各地でIR誘致に取り組む10の民間誘致団体で構成される。
泉佐野りんくう国際観光振興協議会は、参加10団体の一つ。

今回(第10回)の主催は、全国IR誘致団体協議会、泉佐野りんくう国際観光振興協議会、泉佐野青年会議所であり、主催側として泉佐野プレゼンテーションが設けられた。具体的なコンテンツは、プレゼンテーション「KIX RINKU IR」、講演「関空のポテンシャルを活かした 観光ハブIR」の二段構成。

プレゼンテーション「KIX RINKU IR」
IRサミット泉佐野-泉佐野プレゼンテーション1

プレゼンターは宮本勝浩氏(泉佐野りんくう国際観光振興協議会会長 関西大学 名誉教授)。泉佐野りんくう国際観光振興協議会(協議会)が2014年10月に策定した提案を説明した。

協議会は、まず「関空・りんくうIR」の特徴を「空港隣接型IR」と位置づけた。そのうえで、IR実現目的として「人口減社会における関西南部の経済活性化」「関西広域観光のハブ」「日本再興戦略のシンボル」を掲げた。
基本機能にでは、市の政策との連動性を重視し、「医療ツーリズム」をフィーチャーし、武器としている。

「関空・りんくうIR」は、自らの強みを8つに整理。やはり、関西広域の交通のハブの位置づけがポイントである。

1)関西国際空港に近接=りんくうタウンは空港から5分
2)都心業務地との近接=大阪都心部まで35分
3)国際観光地・泉州文化との近接=後背地には関西の観光資源
4)都市交通基盤の充実=鉄道、道路網の発達
5)国家的プロジェクトとの連動=りんくうタウンにおける国際医療交流拠点化など
6)外国人対応のおもてなし=特区ガイド(通訳案内士)育成システム
7)外国人宿泊者数の実績=泉佐野市は自治体では外国人宿泊者数が全国9位(関西では大阪市、京都市に次ぐ3位)
8)大型商業施設の近接=プレミアム・アウトレットは年間2000万人集客

協議会は、過去に、泉佐野市民・事業者に対して、アンケートを4回実施した。特筆すべきポイントは、泉佐野市民・事業者のIRへの理解度の高さである。例えば、「カジノ解禁」への賛否は、全国は賛否がおおむね半々であるが、泉佐野市民は賛成が68%(賛成+条件付きで賛成)、事業者は78%(同)と優位に高い(2013年5月、3月)。

2013年6月、泉佐野市は市議会でIR誘致を議決した。全国でも数少ない自治体の一つである。市にも担当職員が設置されており、民間での勉強も進んでいる。

宮本氏は、泉佐野市はIRに最も適した地とし、IR法制化を待つばかりと締めくくった。

泉佐野りんくう国際観光振興協議会:
泉佐野KIXりんくうIRウェブサイト

講演「関空のポテンシャルを活かした 観光ハブIR」
IRサミット泉佐野-泉佐野プレゼンテーション2

プレゼンターは高橋一夫氏(近畿大学 教授)。高橋氏は観光関連の豊富なデータを用いて、泉佐野市の特性を分析。そのうえで、「関空・りんくうIR」の観光ハブとして果たすべき役割、そのポテンシャルを解説した。

高橋氏は、広域観光を促進する観光共同体(DMO=Destination Management Organization)の重要性を指摘。泉佐野市、「関空・りんくうIR」は、関連自治体や民間事業者と観光共同体(DMO)を立ち上げ、その中核に位置すべきと提言した。

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.