カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





フィリピン:Bloomberry 3Q業績 3四半期連続の赤字ながら改善傾向。中期的には競合激化が懸念 

2015-11-04

【海外ニュース】

*1フィリピンペソ(PHP)≒2.7円

3日、BLOOMBERRY RESORTSが3Q実績を発表。

BLOOMBERRY RESORTSはマニラ・エンタテインメントシティのSolaire Resort and Casinoを運営。

当期損益は7-9月は3四半期連続の赤字。2014年11月のSky Towerの完成、2015年5月より連結対象の韓国済州島のGolden and Luxury(株式96.23%所有)のリノベーションコスト。

ただし、赤字額は縮小傾向。当期損益は、1QがPHP533mnの赤字、2QがPHP787mnの赤字、3QがPHP187mnの赤字。フィリピン事業の損益が改善してきた。

2014年のフィリピンのカジノ市場は$2.5bn、YoY16%増。中期的に年率10%前後の成長見通しである一方、IRの施設の供給量は大幅に増加する傾向。事業収支は楽観しにくい。

3Q(7-9月)業績:
・売上高はPHP7,079mn、YoY29%増、税引き前損益はPHP636mn、YoY73%減、当期損益はPHP187mnの赤字(前年同期はPHP992mnの黒字)
・円換算は売上高は約191億円、税引き前損益は17億円、当期損益は5億円の赤字

3Q累計(1-9月)業績:
・売上高はPHP19,365mn、YoY15%増、税引き前損益はPHP491mn、YoY90%減、当期損益はPHP1,494mnの赤字(前年同期はPHP3,299mnの黒字)
・円換算は売上高は約523億円、税引き前損益は13億円、当期損益は40億円の赤字

カジノIRジャパン関連記事:
フィリピン:Bloomberry 国内都市開発に投資 国際展開と同時に 業績が厳しい中、積極投資が続く
フィリピン:Bloomberry CEOが強気発言。国際展開積極化 ただし、本国の展望は楽観視できず
アルゼンチン:比Bloomberry アルゼンチン進出を検討。本国が苦戦するも、海外展開を積極化
韓国:Bloomberry 済州島Jeju Sun Hotel & Casino再オープンへ 同社初のフィリピン外の事業
フィリピン:IR3社計の1-6月業績 20%増収、赤字転落。中期的に一段と施設間競争は激化へ
台湾:フィリピンBloomberry 台湾への進出を検討。引き続き日本、韓国にも意欲
韓国:比Bloomberry 韓国側パートナーと交渉中。新たなIR2枠を巡る動きが活発化
韓国:フィリピンBloomberryが仁川空港近くの土地、済州島カジノ事業者を買収
 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Showcase-201901
Kansai-Expo-2019
G2E-Asia-2019

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.