カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





将棋・糸谷哲郎竜王、囲碁・小田鉄兵プロ「マインドスポーツ 囲碁・将棋・ポーカーの魅力」(2/4)

2015-11-09

【インタビュー&特集記事】

竜王・棋士-画像1

囲碁や将棋などを表す言葉として「マインドスポーツ」という言葉がある。野球やサッカーなどの体を動かすスポーツとは異なり、頭を動かすスポーツという意味だ。実際に、盤面で火花を散らして一進一退を繰り返す様子は、球技などの他のスポーツとも変わらない。囲碁や将棋の棋士の中には、趣味として他のマインドスポーツを嗜む棋士が多い。今回は囲碁・将棋の若手棋士としてポーカーなどのマインドスポーツを嗜んでいる将棋棋士の糸谷哲郎竜王、囲碁棋士の小田鉄兵プロに、それらの魅力を語ってもらった。
(聞き手:トライアンフ 佐藤亮平、カジノIRジャパン顧問 稲葉昌司、撮影:葛西龍)

第2回 対局における技量の心理戦の割合

――囲碁や将棋、ポーカーなどは個人の技量が勝敗に影響するマインドスポーツの一種になると思います。マインドスポーツの魅力についてはどうお考えですか。

竜王・棋士-画像2糸谷 マインドスポーツというのは単純に勝利を追求するゲームという側面もありますが、そればかりではなく人間と人間とのゲームであるという点も非常に重要です。私の場合は将棋の対局でも逆転勝利することが多いのですが、マインドスポーツは人間の心理が関わってくるため、自分が悪手を指したことに気づいてしまうと、続けてさらに悪手をさしてしまいやすいという傾向があるんです。

――自分で認識をするとマイナスの手を続けてしまいやすいということですか?

糸谷 局面が自分にとってプラスであっても、マイナスの手を一回指してしまうと心のどこかで焦りが生じてしまいます。焦りが生じてしまうとさらにマイナスの手を呼び込んでしまう。一人でプレーするゲームよりは人間的な心理を読む側面が多く、そこが面白さでもあり、鍛えることができる部分なのではないかと思います。

竜王・棋士-画像3小田 囲碁や将棋では勝つために、先を読む力や戦略、現状での形勢判断などが必要になってきます。囲碁や将棋は多くの著名人の方や政治家の方、経営者の方なども楽しんでいらっしゃいます。会社の業種は違っても思考、戦略など共通する部分が多くあるため、囲碁や将棋を趣味で嗜んでいる方が昔から多いのではないでしょうか。盤上では職業や年齢、肩書など関係なく、相手に気を遣う必要もありません。戦略的に先を読む訓練としても役に立つといわれています。世界的に有名なビルゲイツさんも囲碁を嗜まれていますね。

――最近ではコンピュータとの対局もありますが、そういった対局では心理を読むという点では面白味がないのでしょうか?

小田 囲碁ではプロがコンピュータに技量で負けることは、現時点ではおそらくまだないと思います。コンピュータも読みや計算などの面で毎年徐々に強くなってきていますが、感覚や奥深さの面では、まだ人間に追いついていないということだと思います。

糸谷 そういう意味では、対人間と対コンピュータでは全然違う戦略が必要になるというのが私の意見です。それはマインドスポーツではなく、単純な理(ことわり)を追求するゲームということになりますね。

――囲碁や将棋は基本的に技量による勝負になりますよね。各々の技量に加えて心理面も働くということなのでしょうか?

糸谷 厳密に言うと心理面も技量の一部になりますね。技量だけでは将棋のプロ同士の対局においては8割くらいの手が一致するもので、大きな差は出ないことが多いです。そこに心理面を加わることで、例えば連続してミスをしない、相手のミスを誘発させるといった駆け引きが生じ、プロ同士でも大きな差が出てくるのだと思います。

――小田先生はコンサルタント事業でも成功されていますが、囲碁の経験が事業やほかの勝負に通ずるところというのはあるのでしょうか?

小田 囲碁や将棋は強くなってくると自分で局面の先を読むようになり、次の一手を選択しても、強い方はそれ以上にうまい手を返してくるようになります。ですから、それを読んだうえで、さらにもう一歩先を読まないといけません。そのように物事を客観的に読むことができるようになれば、仕事や経営などの社会的な物事においても通ずる部分があるのだと思います。そういった経験を囲碁のプロ棋士として非常に高いレベルで積んできたことが、他の事業や会社経営の分野においても役に立ったのかなと思います。

糸谷 囲碁や将棋の読みの力は、他の場面でも生かすことができると思います。特に相手の行動を予測できる点、相手の立場になって考えることができる点ですね。一般的に自分の行動ばかりに考えが行きがちですが、やはりこういったゲームを嗜むことで他者の行動などを含めて大局的に物事を考えることができることもあると思います。

カジノIRジャパン


No tags for this post.
ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.