カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





フィリピン:IR3社計の3Q業績 3割増収。4Q以降の黒字視野 ただし、中期的には競争激化懸念

2015-11-17

【海外ニュース】

CI図表-フィリピンIR3社ー2015-3Q業績-画像SP

11月3日にBloomberry Resorts、6日にMelco Crown (Philippines) Resorts、そして13日にTravellers International Hotel Groupが3Q実績を発表。

Bloomberry ResortsはエンタテインメントシティのSolaire Resort and Casinoを、Melco Crown (Philippines) ResortsはエンタテインメントシティのCity of Dreams Manila、そしてTravellers International Hotel Groupはマニラ国際空港の隣にResorts World Manilaを運営する。

2014年11月のBloomberry ResortsのSky Tower完成、2014年12月のMelco Crown (Philippines) Resortsが2014年12月に開業した。

3社計の業績は、3Q(7-9月)は売上高454億円、YoY31%増、税引き前利益2億円の赤字(前年同期は31億円の黒字)、3Q累計(1-9月)は売上高1,277億円、YoY22%増、税引き前利益73億円の赤字(前年同期は123億円の黒字)。

3Q(7-9月)、3Q累計(1-9月)とも売上高は伸長したものの、損益は赤字に転落。3Qまでは設備供給量の増加に、売上高の増加が追い付かなかった。ただし、3Q(7-9月)は1Q、2Qと比較して赤字が大幅に縮小。4Qには黒字化する方向であろう。

社別には、Travellers International Hotel Groupはエンタテインメントシティに需要を奪われて減収減益。Bloomberry Resorts、Melco Crown (Philippines) Resortsは開業(設備拡張)後、売上高が増加し、赤字が縮小中。

今後、各既存IRの設備拡張に加え、エンタテインメントシティにおいて、ユニバーサルエンタテインメント(現地Tiger Resorts Leisure and Entertainment)のManila Bay Resorts(投資額US$2bn≒2,400億円、2016年12月完成予定)、そしてTravellers International Hotel GroupのResorts World Bayshoreプロジェクト(Travellers部分の投資額$1.1bn≒1,300億円、2018年4Q開業予定)がある。

足元はIR3社計の売上高はYoY20%ペースで拡大するものの、このペースが鈍れば、設備供給が需要に対して過多となるリスクがある。

カジノIRジャパン関連記事:
フィリピン:Travellers IHG 3Q業績 大幅減収減益。競合、中国人VIP減 中期的な競争激化懸念
マカオ:Melco Crown 3Q業績 四半期営業利益は底打ち。マカオ、フィリピンとも改善トレンドへ
フィリピン:Bloomberry 3Q業績 3四半期連続の赤字ながら改善傾向。中期的には競合激化が懸念
フィリピン:PAGCOR 2015年のゲーミング市場 $3bn(前年比20%増)到達の可能性は十分
 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Kansai-Expo-2019
G2E-Asia-2019

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.