カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





マカオ:IR6社計の3Q業績 EBITDA4割減 二極化 2016年以降はコタイIRも競争激化へ

2015-11-19

【海外ニュース】

CI図表-マカオIR6社ー2015-3Q業績-画像

10月15日にGalaxy Entertainmnet Group、10月16日にWynn Macau、22日(IFRSは30日)にSands China、29日にMGM China、11月3日にSJM Holdings、11月5日にMelco Crown Entertainmentが3Q業績を発表。

6社計の業績は、3Q(7-9月)は売上高8,244億円、YoY31%減、調整後EBITDAは1,790億円、YoY37%減、3Q累計(1-9月)は売上高2兆6,159億円、YoY33%減、調整後EBITDAは5,535億円、YoY39%減。

調整後EBITDA、利益の規模感は二極化。コタイ地区のIRを収益柱とするGalaxy Entertainmnet Group、Sands China、Melco Crown Entertainmentは大きく、半島を主力とするSJM Holdings、Wynn Macau、MGM Chinaは小さい。

コタイ地区にIRを有する3社は、減収幅、減益幅とも相対的に小さい。一方、SJM Holdings、Wynn Macau、MGM Chinaは、これ以上の売上高減少が続けば、利益がなくなり、赤字転落の可能性も出てきた。

2016年の市場見通しはまだ見えない。17日に行政長官は、2016年のマカオのカジノ市場(GGR)をMOP200bn($25bn、約3兆円)と予想した。一方、9月後半における株式市場コンセンサス(証券アナリスト平均)では、2016年はMOP250bn、YoY5%増。

一方、2016年にもコタイ地区のIR開業はラッシュである。3月25日にWynn Palace(投資額41億米ドル)、2QにSands ChinaのParisian Macao(27億米ドル)、4QにMGM Cotai(31億米ドル)、そして2017年4QにSJM HoldingsのLisboa Palace(39億ドル)。
各社ともコスト増とともに、コタイ地区のIRも競争激化の方向。

カジノIRジャパン関連記事:
マカオ:行政長官 慎重な2016年の市場予想(YoY16%減)、一段のジャンケット規制強化を示す
マカオ:政府 2015年末には中間レビュー完了 コンセッション早期償還、満期後の方針が注目
マカオ:Melco Crown 3Q業績 四半期営業利益は底打ち。マカオ、フィリピンとも改善トレンドへ
マカオ:Galaxy Entertainment 3Q速報 売上高QoQ5%増 マスの強さ、長期展望の自信をアピール
 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン

ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.