カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





米国:ネバダ州 ラスベガスが活気、そして投資資金を取り戻す ノンゲーミング中心に進化

2015-11-19

【海外ニュース】

リーマンショック後の谷を越えて、ラスベガス、ラスベガスストリップが活気を取り戻した。

米国の個人消費の堅調さ、ラスベガスへの訪問者の増加、投資資金の回帰、そして新規IRアトラクションの開発が好循環を生み出している。

Las Vegas Convention and Visitors Authorityのデータでは、1-9月累計の訪問者は31,89万人、YoY2.4%増、ホテル平均REVPARは$105.26、YoY2.3%増、ゲーミング売上高(クラーク群)$7,168mn、YoY横ばい。

ストリップ地区の主な開発計画:
2016年初開業:Las Vegas Arena(MGM Reosrts、AEG)=投資額375百万ドル
2018年開業 :Resorts World Las Vegas(Genting Group)=投資額40億ドル、土地面積35ha、ホテル3,200室
       Alon(Crown Resorts)=投資額19億ドル、土地面積14ha、ホテル1,110室

この他にも、Las Vegas convention authorityの13万㎡のMICE施設、MGM Resortsのアウトドア・ショッピングエンタテインメント施設The Park(投資額100百万ドル)などがある。

ラスベガスは活気を取り戻し、さらに進化を続けるようだ。ノンゲーミングアメニティへの取り組みが目立つ。

カジノIRジャパン関連記事:
米国:上位3州の9月の市場動向 – 月毎に一進一退だが、米国個人消費は緩やかに回復トレンド
米国:ネバダ州 スキル要素スロットの規制作りが完了 中長期を左右する技術革新、G2Eの目玉

カジノIRジャパン

該当記事

In Las Vegas, a Lucky Streak for Developers
記事へのリンク

New York Times


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
GLDP-Rikkyo-2019
Kansai-Expo-2019
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.