カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





東京都:舛添知事 アフターディナーの弱さは観光立国を目指すにはマイナス その充実が必要

2015-11-27

【国内ニュース】

24日、東京都知事である現代レポートの連載「舛添レポート」を更新。今回のタイトルは、「東京にやってきた外国人観光客が不満に思うこと-パリと東京、その都市生活の決定的な差とは?」。

舛添氏は20歳代の頃にフランスで生活した体験を踏まえ、東京都とフランスとの生活様式、エンターテインメントを比較。

日本、東京都を改善させるべきポイントは、
1)ワークライフバランスを徹底すべき
誤解を恐れずに「週休3日制」を提唱
2)夕食後(アフターディナー)の娯楽を充実させるべき
現状のアフターディナーの娯楽の弱さは、インバウンドを増やし、観光立国を目指すにはマイナス
3)2020五輪はゆとりをもって生活を楽しむ成熟社会への転機とならなければならない

そのうえで、舛添氏は「ゆとりこそが、新しい文化を生む。そのような好循環こそ、経済を活性化させる。東京を賑わいのある楽しい都市にしていきたいと、本気で思っている」とした。

むろん、カジノを含む統合型リゾート(IR)に直接関連する内容ではない。しかし、東京都がIRを目指すならば、その理由は、都市の国際競争力、アフター2020五輪、そしてアフターディナーの充実、など。

カジノIRジャパンが報告する通り、最近になり、東京都の交通計画、MICE、IRに関わるニュースフローは増加傾向にある。
日本におけるカジノを含む統合型リゾート(IR)の実現が、2020年以降となるならば、必然的に東京都が名乗りを上げる必然性は高まる。

カジノIRジャパン関連記事:
週刊 新聞・雑誌記事ピックアップ – 11月第3週
週刊 新聞・雑誌記事ピックアップ – 11月第2週
東京都:日枝会長が抱く「20年の計」 台場カジノ実現にアクセル=週刊ダイヤモンド
東京都:港湾局長 武市敬氏のインタビュー=建設業界紙 舛添知事体制における初のIR言及
東京都:10日、鉄道整備構想を発表。台場・青海地区IR構想のボトルネック解消へ
東京都:舛添知事定例記者会見(20日)- カジノについて。否定でなく、公平な立場

カジノIRジャパン

該当記事

舛添レポート 東京にやってきた外国人観光客が不満に思うこと
記事へのリンク

現代ビジネス


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-2019
Yokohama-Expo-2020
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.