カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





サイパン:Imperial Pacific 政府RFP(土地160haリース)に応札方針 IR8,000億円投資を強調

2015-12-02

【海外ニュース】

北マリアナ諸島(Commonwealth of the Northern Mariana Islands、CNMI)はプエルトリコと並ぶ、米国のコモンウェルス(米国自治連邦区)である。北マリアナ諸島は14の島から成る。
居住区を持つのはサイパン、テニアン、ロタ。このうち、サイパンが最大。サイパンの住民は6万人弱、年間訪問者数は50万人弱。

11月30日、Best Sunshine(香港取引所上場のImperial Pacific International Holdings Limitedの現地子会社)が、政府のRFP(160haの公有地のリース)に応札する方針を明らかにした。
RFPの対象の用地には、Mariana Resort & Spa(日系企業KAN PACIFIC SAIPAN, LTD運営)が含まれる。Mariana Resort & Spaのリース期間が2018年に満了する。
RFPの応札期限は2016年5月27日。

Best Sunshineは、政府との公約である$7.1bn(約8,000億円)のカジノを含む統合型リゾート(IR)への投資を計画通りと強調。

計画のフェーズⅠであるGrand Mariana Casino & Hotel Resort(Garapan site)は、投資額は$600mn(720億円)、土地面積4ha、ホテルは373室、カジノフロアはテーブル300台、スロット500台(ゲーミング売上高構成=マス40%、VIP60%)。2016年末までに完成予定。

フェーズⅡは、島の南部または北部において、第一フェーズの10倍以上、40ha以上の開発になる見通し。計画全体はフェーズⅤまで続く。

サイパンは2014年にカジノを合法化し、大規模なカジノを含む統合型リゾート(IR)の公募を実施。2014年8月にBest Sunshineは投資額7.1bnを提案し、唯一の応募者として、選定された。
付与されたライセンス期間は、25年間(15年の延長オプション)。

2015年3月、Best SunshineはCNMI政府とライセンス契約の修正に合意。合意は、大規模なIRを開設する前に、テンポラリーな暫定カジノ施設の開業を可能とした。
Best Sunshineは暫定カジノ施設(DFST Galleriaの一階フロアを賃借)を7月にソフトオープン、11月27日にグランドオープンした(従業員600名、テーブル45台、電子ゲーム106台。11月からVIPオペレーションを開始、12月からジャンケットとの協業を開始する。

Imperial Pacificは、政府との交渉を経て、IRへの大規模投資を行う前に、商業地に中規模のカジノ単独施設の開業に成功した。
今後、当初提案通り、壮大なIRの投資を進めるか注目される。サイパンの商圏から考えて、常識的には、8,000億円の投資額の経済合理性は乏しい。

カジノIRジャパン関連記事:
サイパン:Imperial Pacific 暫定カジノ施設を拡張、11月27日に正式開業 その先のIR開発を強調
サイパン:Best Sunshine 暫定カジノ施設が盛況 2016年末までのIR開発(700億円)を強調
サイパン:Best Sunshine 7月にカジノ開業。当初計画の大型IRから乖離も
サイパン:新規IRのBest Sunshineが7月開業。米国から経験者を募集 その給与条件

カジノIRジャパン

該当記事

Best Sunshine to bid for Kan Pacific property
記事へのリンク

Marianas Variety


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-20191204canceled
Yokohama-Expo-2020
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.