カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





テニアン:Tinian Dynasty Hotel & Casino 12月15日に再開業へ 約3ヵ月の休業を経て

2015-12-06

【海外ニュース】

北マリアナ諸島(Commonwealth of the Northern Mariana Islands、CNMI)はプエルトリコと並ぶ、米国のコモンウェルス(米国自治連邦区)である。
北マリアナ諸島は14の島で構成されるが、居住区を持つのはサイパン、テニアン、ロタ。このうち、サイパンが最大である。

テニアンには1998年に開業した大型リゾートホテルのThe Tinian Dynasty Hotel & Casino(Tinian Dynasty)がある。カジノフロアは7000㎡であり、40以上のテーブルゲーム、260台のスロットマシンを持つ。

Tinian Dynasty Hotel & Casinoのカジノ部門は、8月以降、営業を停止中。
8月2日の大型台風後の観光客の急減を受けて、カジノ部門の営業停止をTinian Casino Gaming Control Commissionに申し出た。

テニアンではTinian Dynasty Hotel & Casinoが約3カ月の休業を経て、12月15日に再開業する予定。Tinian Casino Gaming Control Commissionが一定の条件、必要条件を課したうえで開業を承認。

Tinian Dynastyは、現在はHong Kong Entertainment Investmentsの所有下にある。一時は、香港証券取引所上場のChinese Strategic Holdings(現地子会社Tinian Entertainment)が取得する作業を進めていたが、最近は状況のアップデイトが途絶えている。

なお、テニアン島ではTinian Dynasty Hotel & Casinoが唯一のカジノ施設であるが、これに加えて二つのカジノを含む統合型リゾート(IR)の計画がある。
一つは、米国のBridge Investment Groupが進める投資額$150mn(約180億円)、300室の計画。
もう一つは、マカオのAlter City Groupが進める土地150ha、投資額$1.3bn(約1,500億円)の計画。

カジノIRジャパン関連記事:
テニアン:Chinese Strategic Holdings 3Q実績 大幅赤字。Tinian Dynasty取得に関わる説明なし
テニアン:Bridge Investment Group タイタニックをテーマとする$150mnプロジェクトが本格始動
テニアン:Tinian Dynasty  米司法省と和解 マネロンルール違反について。ジャンケット活動を注視
テニアン: Tinian Dynasty 香港上場のChinese Strategic Holdingsが取得に向けたMOUを締結

カジノIRジャパン

該当記事

Tinian Dynasty casino to reopen
記事へのリンク

Marianas Variety


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Kansai-Expo-2019
G2E-Asia-2019

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.