カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





カリブ海:バミューダ カジノを含む統合型リゾート(IR)選定プロセス決定、人員育成策も検討

2015-12-21

【海外ニュース】

英領バミューダでは、2014年12月に最大3つのカジノを含む統合型リゾート(IR)施設を設置することを合法化(Casino Gaming Act of 2014)。シンガポールのIRを参考に、カジノを含む統合型リゾート(IR)産業を興す考え。目的は、観光、雇用創出など。
バミューダの観光相は2017年の35th America’s Cupまでに第一号の施設を開業したい考え。

18日、議会はCasino Gaming Regulations 2015を承認した。同法はカジノを含む統合型リゾート(IR)の場所、事業者の選定プロセスの詳細を定めた。
これにより、予定通り、2016年1Q内には申請プロセスが開始する見通し。

政府、観光相は、国際基準のルール策定、社会コストの最小化、バミューダ住民のトレーニングと雇用を強調。
とくに、バミューダ住民のトレーニングと雇用に関しては、エントリーレベルだけでなく、リーダーシップのポジションも視野に入れている。観光相は、すでに、Bermuda College、Bermuda Casino Gaming Councilと協議し、IR開業(早ければ、2017年)の1年前からバミューダ住民のトレーニングを開始する方針。

ロケーション選定プロセスは、まず地主が自ら国に誘致提案し(non-refundable $50,000 fee)、その後、国が提案をBermuda Casino Gaming Commissionに送付する。そして、Bermuda Casino Gaming Commissionが国にアドバイスする。

2015年に設置されたBermuda Casino Gaming Commissionが手続きをリードする。

なお、バミューダではカジノ合法化に先立ち、Cruise Ship (Casino) Act 2013が成立。クルーズ船が島の港に停泊中もカジノを開業できることとした。

カジノIRジャパン関連記事:
カリブ海:バミューダ カジノを含む統合型リゾート(IR)実現へ 2016年1Qにプロセス開始
カリブ海:アンティグア・バーブーダ パッカー氏、デニーロ氏 $250mnカジノリゾート開発へ
カリブ海:バハマ Baha Mar 4,200億円プロジェクト頓挫 2,000名解雇 先行きは未定
カリブ海:ジャマイカ 政府が二つの大型IRを承認。第一期の投資額計は約1800億円

カジノIRジャパン

該当記事

House: casino site legislation passes
記事へのリンク

The Royal Gazette


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.