カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





米国:ニューヨーク州 Tioga Downs 7月開業を目指し、採用活動 州4つめのIRへ

2015-12-29

【海外ニュース】

2015年10月14日、14日、ニューヨーク州政府(State Gaming Facility Location Board)は、アップステートニューヨークに4つめのカジノを含む統合型リゾート(IR)の開発を推奨し、認可する方向となった。
現在、レーシーノ(レース場にスロット専用カジノを付加)であるTioga Downs Casinoが、カジノフロアにテーブルゲームを設置、そしてノンゲーミング・アメニティを増強し、ラスベガス式IRに拡張する計画(追加投資額は$195mn)。
Tioga Downs Casinoの改装後の規模は、スロット1,000台、テーブル50台、ホテル161室、6つのレストランを含む(現在スロット800台)。

Tioga Downs Casinoは、現在、ニューヨーク州政府の正式承認、そして、ライセンス付与を待つ段階。

28日、Tioga Downs Casinoは、Career summitを開催。開発者は、7月1日の開業を期待し、その時点までに445名を新規雇用する考え。ちなみに、現在、同施設はレーシーノとして300~380名を雇用している。

新規雇用の半分はディーラーであり、残り半分は飲食、顧客サービス、財務、セキュリティ、IT、人事など。開発者は、ディーラー候補には無料で、4-8週間のトレーニングコースを提供する考え。詳細は、州政府からの情報(ライセンス付与に関わる)を踏まえて決定する。

今回のイベントは情報提供を目的とする。開発者はイベントを通じて人材プールを蓄積していく考え。実際の雇用はライセンス付与後となる。

2013年11月、ニューヨーク州は住民投票により、州憲法を改正し、ラスベガス式のカジノを含む統合型リゾート(IR)設置を決定した。規定では、州は当面アップステートニューヨークに4つのIRを設置し、将来的には追加で3つのIRを設置(追加はニューヨーク市も対象)が可能。

2014年12月、州政府(State Gaming Facility Location Board)はアップステートニューヨークに3つのカジノを含む統合型リゾート(IR)のプロジェクト選定。
Thompson・CatskillsのMontreign Resort Casino(投資額$750mn)、Finger LakesエリアのLago Resort & Casino(投資額$425mn)、SchenectadyのRivers Casino & Resort(投資額$300mn)である。
2015年12月21日、ニューヨーク州ゲーミングコミッションは、これら3つの事業者に対するカジノライセンス付与を決定。2017~2018年初開業予定。

ニューヨーク州には、現在、5つのインディアンカジノ、9つのレーシーノ(競馬などのレース場に設置されたスロットパーラー)があり、カジノ市場規模(GGR)は30億ドル(約3,600億円)。
しかし、州内施設のアトラクションは強くなく、ニューヨーク州、とくにニューヨーク市は、アトランティックシティやコネチカット州のカジノ施設への大送客マーケットであった。

ここにきて、米国の東海岸において、かつての送客元であったマサチューセッツ州、ニューヨーク州がIRを新設する動きとなっている。

カジノIRジャパン関連記事:
米国:ニューヨーク州 3つのIR事業者へのライセンス付与が決定 2017~2018年初開業へ
米国:ニューヨーク州 Tioga Downs 4つめのIR事業者を推奨、選定へ 当面の計画出揃う
米国:ニューヨーク州 4つめのIR認可に向けた公聴会 ローカルコミュニティが強い支持
米国:ニューヨーク州 3つのIRの選定プロセスに関わる最終レポートを公表
米国-東海岸:NY、MAの新規開設。競争激化を考慮し、Gravity Modelを慎重に

カジノIRジャパン

該当記事

Tioga Downs invites casino job-seekers
記事へのリンク

PRESS & SUN-BULLETIN


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
JGC2017
IR資料室

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.