カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





ベトナム:ダナン市 クルーズ船の寄港中のカジノ運営を容認へ インバウンド促進策

2016-01-10

【海外ニュース】

1月9日、現地メディアは、ベトナムのダナン市(Da Nang)は、1月中旬より、クルーズ船の寄港中のカジノ、免税店の営業を許可すると報じた。

これまで、長年にわたり、外国籍のクルーズ船社が、ベトナム側に規制緩和を求めてきた。ダナン市は初めての緩和であり、現在のところ、他の市は緩和を認めていない。

ダナン市側は外国人観光客の増加を期待する。ダナン市は外国人訪問者数は、2015年には127万人、YoY34%増。

大手クルーズ運営会社Star Cruises(Genting Hong Kong傘下)は、2106年に110のクルーズ船をダナン市に就航させる計画。それぞれが旅行者、乗船員を含めて数千人を送客することになる。
外国人訪問客総数に占めるクルーズ船のウエイトは大きい。

クルーズ船社は、寄港中にも船内に滞在する顧客は多く、そうした顧客へのサービスとしてエンタテインメントは欠かせないと主張。

ベトナムでは、内国人のカジノ参加は認められていない。カジノを含む統合型リゾート(IR)が8ヵ所、アウトレット型カジノ(電子ゲーム機のみ)が40カ所強ある。

クルーズ船社は、領海(の一部)、寄港においては、沿岸国・寄港国の法律に従う(公海は船籍国)。
クルーズ船社は、寄港中のカジノ運営は、政府の規制目的の迂回策(内国人のカジノ参加禁止に対する)ではないと主張。乗船には、イミグレーションプロセスを設けるため。

カジノIRジャパン関連記事:
ベトナム:IR市場テコ入れへ 3つの大型IR追加、投資要件緩和、内国人の入場を限定許可
ベトナム:現地メディアが内国人カジノ利用解禁を支持 有意な「社会ベネフィット>社会コスト」
ベトナム:カジノ市場の規模(2014年)は約6,200万ドル(74億円) 外国人専用ではIRの投資回収は厳しい
ベトナム:クアンナム省の$40億ドルのIR計画 周大福が主体で再スタート
ベトナム:首相がフーコック島のIR計画を承認 想定事業規模は約5000億円

カジノIRジャパン

該当記事

Cruise ships to Da Nang can keep casinos open, new rule says
記事へのリンク

Thanhnien News


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
みんなのQ&A
IR資料室

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.