カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





米国:Las Vegas Review-Journal 2016年の市場展望 足元は堅調だが、構造的な逆風は変わらず

2016-01-11

【海外ニュース】

1月9日、Las Vegas Review-Journalは2016年の米国カジノ市場の経済見通しを総括。

ポイント:
1)消費者のレジャー支出は堅調。可処分所得は向上、ガソリン価格低下が支え。ゲーミングオペレーターの収益環境は安定
2)ただし、市場は飽和に近く、中長期の成長性は乏しい
3)構造的な逆風は、若者のスロット離れ。とくに、リージョナルオペレーター、スロットメーカーには逆風。アメニティリッチなIRは抵抗力
4)ネバダ州は、2016年後半にはスキルベースのスロットを投入へ。その人気が注目される
5)2016年の注目される新規開業は三つ
MGM National Harbor(メリーランド州、投資額12億ドル、2016年後半開業予定)
Hollywood Casino Jamul(カリフォルニア州、投資額3.9億ドル、2016年夏開業予定)
Scarlet Pearl(ミシシッピー州、投資額3.0億ドル、2016年12月開業予定)
6)REIT活用による財務改善
-Pinnacle Entertainmentは14施設の不動産をREITであるGaming and Leisure Propertiesにセール&リースバック。売却額は47.5億ドル
-MGM Resorts InternationalはREIT上場子会社(70%所有)を新設し、10施設の不動産を売却
-Fitch ratingsは米国カジノ企業のREIT活用を評価せず。カジノ施設は利益マージンが行く、REITに適さないため

なお、1月7日、米国ネバダ州のゲーミング規制当局Nevada Gaming Control Boardは、“NEVADA GAMING ABSTRACT – 2015.”を公表。
同レポートは、州ゲーミングライセンシー(グロスゲーミングレベニューGGRが100万ドル以上を対象)の財務データを集計し、要約を抽出したレポート。2015年度は2014年7月1日から2015年6月30日。

2015年度の損益(連邦所得税、特別損失を控除前)は、ネバダ州271ヵ所計は$662mn(約800億円)の赤字、ラスベガスストリップ47ヵ所計は$923mn(約1,108億円)の赤字。

カジノIRジャパン関連記事:
米国:ネバダ州 “NEVADA GAMING ABSTRACT – 2015”を発表 LVストリップの損益は厳しい
米国:Spectrum Gaming Group カジノ業界の最も重要なトレンド 2016
米国:上位3州 市場実績 11月 – 個人消費は回復トレンド 揃ってYoYプラス圏に
米国:ネバダ州 スキル要素スロットの規制作りが完了 中長期を左右する技術革新、G2Eの目玉

カジノIRジャパン

該当記事

Analyst: Casino industry financial outlook for 2016 looks stable
記事へのリンク

Las Vegas Review-Journal


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-2019
Yokohama-Expo-2020
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.