カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





フィリピン:Frontier Capital Group  21日株主総会 クラーク経済特別区Stotsenbergを買収へ

2016-01-18

【海外ニュース】

(21日-追記)買収、社名変更は株主総会にて了承された。

1月21日、Frontier Capital Group Limited(オーストラリア証券取引所上場)は株主総会を開催し、Stotsenberg Leisure Park and Hotel Corporationの買収、および、社名をFortune Crown Group Limitedへ変更することの承認を求める。
2015年11月6日に買収合意、そして、2016年1月7日に目論見書をオーストラリア証券取引所にファイル済み。

Stotsenberg Leisure Park and Hotel Corporationは、フィリピンのクラーク経済特別区(Clark Special Economic Zone, CSEZ)のホテル、カジノ施設を所有する。
ホテル施設(The Stotsenberg Hotel)は239室、飲食、コンベンション(650-2,000名収容)。カジノ施設(Casablanca Casino)はテーブル36台、スロット190台、二つのVIPルームを持つ。施設は、クラーク国際空港から2Km未満の位置にある。

買収は株式交換であり、買収価額はUS$26mn(約43億円)。独立評価機関(Colliers International)は、ホテル、カジノ施設の土地建物の評価額をUS$14.59mnとした。

Frontier Capital Group Limitedは、ASEANにおけるゲーミング産業を成長ドライバーと位置付けた。買収後には、Casablanca Casinoの規模を拡大する方針(テーブル47台、スロット250台へ)。
クラーク国際空港のキャパシティの拡大の恩恵を享受し、2018年には施設の利益を倍増させる目標。

フィリピンのゲーミング管理当局PAGCOR(Philippine Amusement and Gaming Corp.)によれば、フィリピンゲーミング市場(GGR)の2015年実績推定は、1,300億PHP(3,250億円:1PHP=2.5円換算)、YoY17%増であった。
2015年のカジノ売上高(GGR)1,300億PHPの内訳は、PAGCOR直営は485億PHP、YoY15.8%増、ライセンス民間事業者は820億PHP、YoY18%増であった。

フィリピンには、カジノ施設は40カ所以上ある。PAGCOR直営、そして、ライセンス民間事業者にはマニラ湾沿いの大型IR(マニラ国際空港の隣にResorts World Manila、
エンタテインメントシティのSolaire Resort and Casino、City of Dreams Manila)、その他中小施設群がある。

フィリピンの施設群は、ASEAN内の競争、そして国内の競争に直面する。そうした中でも、民間の企業活動は活発である。

Frontier Capital Group Limited(AUX FCG)-オーストラリア証券取引所-目論見書:
Frontier Capital Group – Prospectus – Proposal to acquire Stotsenberg and to be renamed Fortune Crown Group Limited.

カジノIRジャパン関連記事
フィリピン:PAGCOR CEO 2015年市場は約3,250億円、YoY17%増 市場成長を強調
フィリピン:政府がカジノ、ロッテリー参加者からの徴収強化検討 カジノ入場料9,000円案
フィリピン:Melco Crown (Philippines) Resorts 27億PHP(約73億円)の増資 設備増強に向けて
フィリピン:IR3社計の3Q業績 3割増収。4Q以降の黒字視野 ただし、中期的には競争激化懸念

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Kansai-Expo-2019
G2E-Asia-2019

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.