カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





米国:マサチューセッツ州 Wynn Everett 地元ゼネコンSuffolk Constructionを選定 10億ドル発注

2016-01-20

【海外ニュース】

1月19日、Wynn Resortsはマサチューセッツ州のカジノを含む統合型リゾート(IR)計画であるWynn Everettのゼネラルコントラクターとして、Suffolk Construction Companyを選定したことを明らかかとした。
Suffolk Construction Companyはマサチューセッツ州最大の建設会社。Wynn Everett建設は、Suffolk Construction Companyにとって最大の受注規模(10億ドルとなる。

Wynn Everettの投資額は17億ドル、土地は13ha、延べ床面積は28万㎡、2018年開業を目標とする。
雇用創出は、建設では4,000人、開業後の運営時には4,000人。

Wynn Everettは2015年8月末に州政府から交通混雑対策の承認を得て、着工に至る最大の障害を乗り越えた。2015年9月28日、Everett市の計画ボードは、Wynn Everettのプロジェクトを満場一致で承認。計画ボードの承認は、ローカルコミュニティの承認プロセスで最も重要なものであった。
今後、用地のクリーンナップを経て、2016年春に着工、2018年に開業を目指す。

マサチューセッツ州は2011年にカジノを合法化(拡大ゲーミング法)し、1つのスロットパーラー、3つのIRを開発する方針とした。
2015年6月にはスロットパーラーであるPlainridge Park Casino(投資額$250mn)が開業。

IRはすでに二つが選定済み。一つは、コネチカット州境に位置するMGM Springfield(投資額$800mn、従業員数3,000人、土地は約6ha、2018年9月に開業予定)、もう一つがボストン近郊のWynn Everett(投資額$1.7bn、土地は13ha、2018年開業を目標)である。

現在、Massachusetts Gaming Commissionは三つめのIR、南東部(Region C)のライセンス付与について検討中。Region CにはBrocktonのMass Gaming&Entertainment(シカゴのRush Street Gamingの子会社)のプロジェクト(投資額は$650mn)が提案中。

そうした中、9月18日には長年議論されてきたMashpee Wampanoag部族のIRプロジェクト実現する方向となった。同プロジェクトは南東部トーントン(Taunton市)に投資額$500mn(600億円)のカジノを含む統合型リゾート(IR)を推進する方向。

カジノIRジャパン関連記事:
米国:マサチューセッツ州 Wynn Everett 市のボードが満場一致で計画承認。2018年開業へ
米国:マサチューセッツ州 Wynn Everett 州が交通計画を承認 2018年開業に大きな前進
米国:マサチューセッツ州 Wynn Everett 8月中に州が着工の是非を判断。関係者の意見対立
米国:マサチューセッツ州 Wynn Everett 州に対して交通混雑対策の追加分を提示
IRにおけるゲーミングライセンス制度 第13回「マサチューセッツ州のゲーミングライセンスを巡る2つの訴訟」
米国:マサチューセッツ州 Wynnの2000億円計画に遅れ。開業は早くても2018年に

カジノIRジャパン

該当記事

Wynn Resorts chooses Suffolk Construction for Everett casino
記事へのリンク

Boston.com


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.