カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





観光立国推進新年交流会-次のステージに向けてー 石井国交相、菅官房長官 登壇 

2016-01-20

【国内ニュース】

観光立国推進新年交流会-1

1月19日、都内ホテルにて、「観光立国推進新年交流会-次のステージに向けて-」が開催された。国会議員、関係省庁、観光関係団体、関連企業など、約650名が出席した。

主催は、観光関係団体懇談会、日本観光振興協会、国土交通省観光庁、日本政府観光局。

主催者からの挨拶は、山口範雄氏(日本観光振興協会会長)、石井啓一氏(国土交通大臣)。
続いて、来賓挨拶として、高木毅氏(復興大臣)、菅義偉氏(内閣官房長官)が登壇した。

以下では、石井啓一氏(国土交通大臣)、菅義偉氏(内閣官房長官)の発言を紹介する。

それぞれ、19日朝に日本政府観光局が発表した、2015年の訪日外国人客数(推計値)1,973万人、YoY47%増、観光庁が発表した、2015年の訪日外国人客の旅行消費額3兆4,771億円、YoY7割増を引用した。

国土交通大臣 石井啓一氏
・インバウンドの課題は、特定地域に集中していること。地方誘客が課題
・2015年、観光庁は「広域観光周遊ルート」を認定した。それらを磨き上げていく
・地方への免税店など、さまざまな工夫で、地方誘客を推進
・宿泊施設の不足、受け入れ環境の整備も推進
・2016年度の政府予算として、観光庁は今年度の2倍、200億円以上の予算を計上
・安倍首相を議長とした「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」。今年度中に取りまとめ。検討を深化
・官民挙げての総力戦が不可欠。

内閣官房長官 菅義偉氏
・観光立国推進は、安倍政権の成長戦略の鍵。地方創生の柱
・安倍政権は、規制改革、ビザ緩和、免税品の拡充などを一挙に進めた。この3年間で大きな成果
・政権交代前と比較すると、2015年には訪日外国人客数は2倍強、訪日外国人客消費額は3倍強に拡大
・2016年度の政府予算として、観光庁は今年度の2倍、200億円以上の予算を計上
・これは、政権の観光にかける意思表示
(政府は現在の目標である訪日外国客数の目標2020年2000万人の見直しを進めている)
・2020年までの目標を3000万人にするが、あるいは、それ以上にするかを検討中

観光立国推進新年交流会-2

カジノIRジャパン関連記事:
・インバウンド関連
日本政府観光局(JNTO) 2015年 訪日外国人 1,974万人、YoY47%増 過去最高
日刊建設工業新聞(1月1日)~観光振興へ「新たな可能性を探る」「キーマンに聞く」
第25回 旅行動向シンポジウム(日本交通公社) インバウンドの長期持続的拡大には抜本施策が不可欠
レジャー&サービス産業展2015 IR関連テーマ多彩 大阪観光局 溝畑氏「行動を。勇気を。IR実現へ」
フォーラム – 訪日外国人旅行者の拡大に向けた環境整備と産業活性化への取り組み
・MICE関連
MPI Japan Chapter新春賀詞交歓会-MICEの専門家集団 DMO組織整備、人材育成が急務
日本展示会協会 2016年 新年懇親会-展示会は経済成長の原動力。国際基準のMICE施設整備を
日刊建設工業新聞(1月1日)~観光振興へ「新たな可能性を探る」「キーマンに聞く」
第25回 国際ミーティング・エキスポ IME2015 観光・MICE 日本立国の柱として育成を
第3回 ライブ&イベント産業展 開催発表会 ~ MICE、ライブ&イベント活性化にIR活用を!!!
日本IR創設サミットin泉佐野:号砲は鳴った。「地方が国による地域選定を勝ち抜くために」(3/3)
日本IR創設サミットin泉佐野:号砲は鳴った。「地方が国による地域選定を勝ち抜くために」(2/3)
日本IR創設サミットin泉佐野:号砲は鳴った。「地方が国による地域選定を勝ち抜くために」(1/3)
観光庁 国際会議等担当参事官室 インタビュー「なぜ、日本経済にとってMICEは重要なのか?」
・首相官邸
首相官邸 明日の日本を支える観光ビジョン構想会議WG(第2回) 鶴雅・大西氏IRを提言
首相官邸 『日本再興戦略』改訂2015(素案) 昨年に続きIR検討が盛り込まれた

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
みんなのQ&A
IR資料室

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.