カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





VIPO インバウンド・シンポジウム Vol.1 ~ コンテンツ産業とインバウンドは車の両輪

2016-01-26

【国内ニュース】

コンテンツ業界インバウンドシンポジウムー20160125

1月25日、NPO法人 映像産業振興機構(VIPO)が、都内にて、「コンテンツ業界 インバウンド・シンポジウム Vol.1 ~ 3,000万人来日外国人需要をマネタイズする方法」を開催した。
シンポジウムは、インバウンド観光産業、日本の文化コンテンツ産業のシナジーにをテーマとした。出席者は映像コンテンツ業界を中心に200名ほどであった。

映像産業振興機構は、経団連、政府(知的財産戦略本部)の提言を受けて、映像業界の各団体の協調のもと設立された。
主に映像関連団体および企業等が会員となり、コンテンツ業界の市場開拓や人材育成を促進する役割を担う。

基調講演
山下真輝氏(株式会社ジェイティービー 観光戦略室・観光立国推進担当マネジャー)が登壇。山下氏は、指揮者として、観光庁のさまざまな審議会のメンバーを務める。

山下氏は、まず、2015年のインバウンド関連テータ(2015年の訪日外国人客数-推計値1,973万人、YoY47%増、訪日外国人客の旅行消費額3兆4,771億円、YoY7割増)を総括。

コンテンツ業界が観光の議論を正面から取り上げるのは画期的としたうえで、日本のモノ・コト・生活文化そのもの海外への発信と、インバウンド観光の促進は車の両輪と表現。

インバウンドの拡大の原動力は、日本のヒト・文化・生活への関心そのものであり、その関心喚起のためにはコンテンツ業界の情報発信の役割が重要であることを強調した。

パネルディスカッション
モデレーター:
・山下真輝氏(株式会社ジェイティービー 観光戦略室・観光立国推進担当マネジャー)
パネリスト:
・石川貴浩氏(株式会社ダイヤモンドダイニング 法人営業・インバウンド部部長)
~外国人で溢れる人気飲食店のインバウンド戦略(KAWAII MONSTER CAFE、アリスのファンタジーレストラン、戦国武勇伝、他)~
・岡崎哲也氏(松竹株式会社 常務取締役)
~外国人観光客を取り込むための歌舞伎の挑戦~
・中川悠介氏(アソビシステム株式会社 代表取締役)
~もしもしにっぽんプロジェクト(MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL、他)の取組み~
・村上徹夫氏(株式会社テレビ東京 制作局CP制作チーム 副参事 「YOUは何しに日本へ?」番組制作担当)

各パネリストが、それぞれ、日本のコンテンツを担う立場から、インバウンドへの取り組みを説明。

岡崎氏(松竹)は、2015年の歌舞伎のラスベガス公演を紹介した。
(8月14-16日に歌舞伎では初めてのラスベガス公演「Panasonic presents KABUKI Spectacle at FOUNTAINS OF BELLAGIO」を実施)

将来的に日本にも歌舞伎の世界観を活かしたコンテンツを公演できる大型会場があれば、インバウンドにも貢献できるとの考えを示した。
ちなみに、松竹はオリンピック・パラリンピック・IR事業推進プロジェクトチームを設置している。

アソビシステム株式会社は「きゃりーぱみゅぱみゅ」などの著名アーティストをマネジメントすることで知られる。中川氏(アソビシステム)は、内閣官房のクールジャパン戦略推進会議の構成員も務める。
中川氏は、同社の事業理念である「原宿カルチャー」「原宿コンテンツ」の世界への発信、そして、そのポテンシャルを説明した。

カジノIRジャパン-コメント
カジノを含む統合型リゾート(IR)実現の目的は、観光産業の振興、文化産業の振興、地域創生である。

IR議連の「特定複合観光施設区域整備法(仮称)~IR実施法案~に関する基本的な考え方」(IR実施法案の基本的な考え方)には、IRを実現の目的として、「日本文化の世界への発信、すなわちクールジャパンに資すること」が明確に書き込まれている。

IR事業者に期待される役割は、指定区域内の施設開発・運営にとどまらない。

ホストコミュニティ(自治体)、広域エリアにおける観光(MICE)、文化コンテンツ産業の魅力づくりと発信も、IR事業者の重要な役割である。
むしろ、そのストーリー作りとソリューションこそが、自治体が国による選定プロセスを勝ち、事業者が自治体による選定プロセスを勝ち抜く、差別化のポイントとなる。

自治体、企業においては、そのIR事業への取り組みにおいて、クールジャパン、文化コンテンツ産業への理解が重要となる。

カジノIRジャパン関連記事:
・インバウンド関連イベント
観光立国推進新年交流会-次のステージに向けてー 石井国交相、菅官房長官 登壇
日本政府観光局(JNTO) 2015年 訪日外国人 1,974万人、YoY47%増 過去最高
日刊建設工業新聞(1月1日)~観光振興へ「新たな可能性を探る」「キーマンに聞く」
第25回 旅行動向シンポジウム(日本交通公社) インバウンドの長期持続的拡大には抜本施策が不可欠
レジャー&サービス産業展2015 IR関連テーマ多彩 大阪観光局 溝畑氏「行動を。勇気を。IR実現へ」
フォーラム – 訪日外国人旅行者の拡大に向けた環境整備と産業活性化への取り組み
・首相官邸
首相官邸 明日の日本を支える観光ビジョン構想会議WG(第2回) 鶴雅・大西氏IRを提言
首相官邸 『日本再興戦略』改訂2015(素案) 昨年に続きIR検討が盛り込まれた
・松竹
松竹 歌舞伎初のラスベガス公演 NHKが特番編成(12日&27日)2020年に向けた取り組み
米国:MGM Resorts International 8月14-16日にBellagioにおいて歌舞伎公演
市川染五郎、ラスベガス公演に意気込み カジノは「役作りで必要」=ORICON STYLE
【東証適時開示情報】5/26分 松竹(9601)
・アソビシステム株式会社 中川悠介社長インタビュー
アソビシステム株式会社 中川悠介社長「カジノを含む統合型リゾート(IR)への期待、関心」
アソビシステム株式会社 中川悠介社長「オールジャパンでクール&ビジットジャパン戦略推進を」
アソビシステム株式会社 中川悠介社長「日本のポップカルチャーは海外展開の好機」
アソビシステム株式会社 中川悠介社長「原宿カルチャーを世界に」

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
みんなのQ&A
IR資料室

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.