カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





泉佐野市:スケートリンクを核とした街づくり事業者募集 IRへの道筋、誘致競争の武器に

2016-01-29

【国内ニュース】

1月29日、泉佐野市は「スケートリンクを核とした、豊かな緑と賑わいあふれるまちづくり」に関するエントリー事業者の募集を発表。
2015年4月、泉佐野市と大阪府スケート連盟が共同で、りんくうタウン内に国際基準の通年型スケートリンクを建設すると報じられた経緯がある。

泉佐野市は、りんくうタウンにおける未利用地であるりんくう公園予定地を活用したまちづくりを行う方針。PPP(官民連携、Public Private Partnership)による実現を目指す。
今回の募集は、市が提示するゾーン毎に「企画、開発、運営」を担う開発運営事業者を決定するためのプロセス。

スケートリンクは「関空・りんくうIR」の重要プロジェクト IRへの道筋に
2013年6月、泉佐野市の市議会は、「関西国際空港利用促進を図るとともに、自立した市政運営を推進していくための統合型観光リゾート施設の誘致を求める決議」を議決。全国でも数少ない、IR誘致の決議を行った自治体の一つである。市にも担当職員が設置され、民間での勉強も進んでいる。

2014年10月には泉佐野りんくう国際観光振興協議会が提案「関空・りんくうIR」の提案を策定。協議会は「関空・りんくうIR」の特徴を「空港隣接型IR」と位置づけ、その実現目的を「人口減社会における関西南部の経済活性化」「関西広域観光のハブ」「日本再興戦略のシンボル」と整理。

IRは、既存の都市政策プロジェクトと有機的につながることで、その地域特性が明らかとなる。
泉佐野市は、IRと連動すべき既存の都市政策プロジェクトとして、関西国際空港、医療ツーリズム、そして、スポーツツーリズム(スケートリンクなど)を重視。

すなわち、スケートリンクは、IRと連動し、相乗効果を生み出す重要プロジェクト、コンテンツである。その具現化は、後のIR誘致に続く道筋であり、誘致競争の大きな武器となる可能性がある。

IR推進法案成立後には、IR実施法の整備、国による地域選定プロセスの展開が急ピッチで進むことになる。今からIR推進法成立までの活動、準備は、その後の地域間の誘致競争の結果を大きく左右することになる。
すでに地域のIR誘致レースの号砲は鳴っていると考えるべき。

泉佐野市HP該当ページ:
スケートリンクを核とした、豊かな緑と賑わいあふれるまちづくりに関するエントリー事業者の募集

カジノIRジャパン関連記事:
・泉佐野市
泉佐野・りんくうタウンにスケートリンクを建設 2017年2月にオープンへ=報道各社
泉佐野りんくう国際観光振興協議会が医療ツーリズム、ギャンブル依存症をテーマにIR勉強会を開催
・日本IR創設サミットin泉佐野
日本IR創設サミットin泉佐野:号砲は鳴った。「地方が国による地域選定を勝ち抜くために」(3/3)
日本IR創設サミットin泉佐野:号砲は鳴った。「地方が国による地域選定を勝ち抜くために」(2/3)
日本IR創設サミットin泉佐野:号砲は鳴った。「地方が国による地域選定を勝ち抜くために」(1/3)
日本IR創設サミットin泉佐野:泉佐野プレゼンテーション 議決済み。国のIR法制化を待つばかり

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.