カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





グルジア:Melcoグループ 首都トビリシへの進出中止 土地リース契約が合意に至らず

2016-02-12

【海外ニュース】

2月10日、MelcoLot Limited(MelcoLot)、Melco International Development Limited(Melco International Development)は、グルジアの首都トビリシにおけるブティックカジノプロジェクトを進めないと発表した。

2014年11月20日、MelcoLot、Express Wealth Enterprise Limited(Melco International Developmentの100%子会社)、そして、Firich Enterprises Co.,Ltd(台湾企業、電子ゲーム機事業)、Oz Gaming Georgia,LLCは、グルジアのIR計画の推進で合意した。土地は、Dhabi Group Georgia,LLC(Dhabi)の所有地。

今回の決定は、土地のリース条件について合意に至らなかったことが背景。リリースでは、今後もMelcoグループは、Firich Enterprises Co.,Ltdと協業する方針を示した。

グルジアは中央アジアに位置する。観光振興、マネーロンダリング対策を目的に、2005年にカジノ法制が導入された。現在、トビリシを中心に10ヵ所ほどの施設がある。

Melco International Development、MelcoLotは、主にアジア以外のゲーミング、IRへの国際投資を推進(原則、アジアはMelco Crown Entertainmentが投資)。グループは、スペインのBCN Worldにも取り組む。
また、Melco International DevelopmentはウラジオストクのIR第一号のTIGRE DE CRISTALにもマイノリティ出資を行った。

なお、Melco International Developmentの最大株主は、ローレンス・ホー氏(持ち株比率50.1%)。MelcoLotの最大株主は、Melco International Development(持ち株比率40.7%)。

カジノIRジャパン関連記事:
・Melcoグループ国際展開(アジア以外)
スペイン:ローレンス・ホー氏 BCN World計画 現地政府の混乱で、スケジュール遅れの可能性
ロシア:ウラジオストク TIGRE DE CRISTAL 開業三ヵ月 盛況 中期的にIR集積地を目指す
ロシア:ウラジオストク IR正式開業 集積計画始動 中国人に加え、ロシア人の人気も拡大
スペイン:ローレンス・ホー氏 BCN World計画 現地パートナー離脱も、グループ再編で提案継続
マカオ:Melco Int’l Dev 2Q業績 Melco Crownの業績縮小が響く 国際展開を積極的に推進
 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.