カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





米国:Wynn Resorts 2015年度業績 当期利益1.9億ドル、7割減 4Qには減益幅が縮小

2016-02-12

【海外ニュース】

2月11日、Wynn Resortsは2015年度通期(1-12月)および4Q(10-12月)実績を発表。

当期利益は2015年度通期ではYoY73%減であったが、4QにはYoY20%減と、減益幅が縮小した。
4Qにはマカオ縮小、米国改善の結果、マカオ、米国の利益がおおむね拮抗するレベルとなった。

会社側は、4Q(10-12月)実績におけるマカオの市場の安定、米国事業の改善を強調し、1月のマカオ事業はここしばらくで最良であったとコメントした。

2015年度4Q業績(10-12月):
・売上高$947mn、YoY17%減、調整後EBITDAは$287mn、YoY18%減、営業利益$152mn、YoY30%減、株主帰属当期利益$87mn、YoY20%減
・調整後EBITDA、営業利益のセグメント別
-マカオ=調整後EBITDAは$160mn、YoY34%減、営業利益$79mn、YoY50%減
-米国=調整後EBITDAは$127mn、YoY15%増、営業利益$60mn、YoY16%増

2015年度業績(1-12月):
・売上高$4,076mn、YoY25%減、調整後EBITDAは$1,186mn、同33%減、営業利益$659mn、YoY48%減、株主帰属当期利益$195mn、同73%減
・調整後EBITDA、営業利益のセグメント別
-マカオ=調整後EBITDAは$709mn、YoY44%減、営業利益$386mn、YoY57%減
-米国=調整後EBITDAは$477mn、YoY7%減、営業利益$219mn、YoY19%減

2015年度末の財務:
・現金および現金等価物、および、投資有価証券は合計で23億ドル
・有利子負債残高は92億ドル、うち41億ドルはWynn Macau分、32億ドルはラスベガス、残り19億ドルが本社分

開発計画:
・マカオ・コタイ地区 Wynn Palace Project:
-ホテル1,700室を含むIR。総投資計画(建設コスト、利息の資産化、開業前コスト、土地関連コスト、資金調達フィー)は41億ドル。2015年12月末までの累計投資額は35億ドル。2013年7月、プロジェクトの建設に対し、26億ドルの最大保証金額契約(GMP:Guaranteed Maximum Price))を締結済み。
・マサチューセッツ州 Wynn Project:
-2014年11月に開発のためのゲーミングライセンス取得。土地面積は13.3ha。2015年4Qにサイトの土壌整備を開始。

カジノIRジャパン関連記事:
米国:マサチューセッツ州 Wynn Everett 州GC ボストン市とWynnの合意を承認 開発本格化へ
マカオ:Wynn Macau Wynn PalaceのコントラクターLeightonに遅延ペナルティを警告
Wynn Resorts CEOのSteve Wynn氏が12月、1月と株式取得 115億円 先行きへの自信示す
米国:Wynn Resorts 4Q業績(概算) 市場予想を超過。株価上昇 マカオが最悪期脱出の観測
米国:ニュージャージー州 北部へのカジノ設置法案 Wynn Resortsも議論に参入”関心あり”
マカオ:コタイ地区のIR開発状況アップデート ~ Wynn Palace開業3ヵ月延期。建設作業遅延
ユニバーサルE Wynn Resortsとの紛争 ネバダ州裁判所が岡田氏を事情聴取に招聘
米国:Wynn Resorts 3Q業績 売上高YoY27%減 CEOは先行き不透明感、マカオ政府への不満を強調
 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.