カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





マカオ:Melco Crown 2015年度&4Q業績 4Qは僅かに赤字だが、今後のビジビリティ改善を示唆

2016-02-19

【海外ニュース】

2月18日、Melco Crown Entertainment(MCE)が2015年度および4Q実績を発表。

4Q(10-12月)の営業利益、当期利益はそれぞれ$18mn、$12mnの赤字となった。フィリピンCity of Dreams Manilaが付加価値税の会計上の引き当て$30mnを計上しており、それを除けば黒字ではあるが、水準は低位。

要因は、1)マカオの市場縮小、2)マカオStudioCityの立ち上がりの赤字、3)フィリピンCity of Dreams Manilaの赤字、など。

ただし、CEOのローレンス・ホー氏は、事業環境のビジビリティは改善していると指摘。とくに、マカオにおいて、VIP縮小の一方、マスが順調に拡大している現状を説明。
また、マカオStudioCity、フィリピンCity of Dreams Manilaの営業が立ち上がってくる。

なお、ローレンス・ホー氏は、Studio Cityの少数株主持ち分(New Cotai LLCが保有する40%分)の購入に関心があるが、バリュエーション次第とした。

2015年度4Q業績(10-12月):
・売上高$1,058mn、YoY6%減、調整後EBITDAは $208mn、YoY16%減、営業利益$18mnの赤字(前年同期は$105mnの黒字)、株主帰属当期利益$12mnの赤字(同$93mnの黒字)
・円換算は、売上高1,217億円、調整後EBITDAは239億円、営業利益21億円の赤字、株主帰属当期利益10億円の赤字
・プロパティ別の営業利益
Altira Macau=$3.6mn、YoY63%減
Mocha=$3.4mn、YoY48%減
City of Dreams=$146.4mn、YoY28%減
Studio City=$73.4mnの赤字(前年同期は$18.2mnの赤字)
City of Dreams Manila=$47.5mnの赤字(前年同期は$36.6mnの赤字)

2015年度業績(1-12月):
・売上高$3,975mn、YoY21%減、調整後EBITDAは$816mn、YoY30%減、営業利益$98mn、YoY86%減、株主帰属当期利益$106mn、YoY83%減
・円換算は、売上高4,571億円、調整後EBITDAは938億円、営業利益113億円、株主帰属当期利益122億円
・プロパティ別の営業利益
Altira Macau=$7.9mn、YoY86%減
Mocha=$17.8mn、YoY18%減
City of Dreams=$595.3mn、YoY37%減
Studio City=$187.7mnの赤字(前期は$60.7mnの赤字)
City of Dreams Manila=$126.4mnの赤字(前期は$92.2mnの赤字)
 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.