カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





米国:Indian Gaming Industry Report 2014年インディアン市場$28.9bn 上位5州が6割占有

2016-03-04

【海外ニュース】

3月3日、Casino City Pressは、2016 Indian Gaming Industry Reportを公開、発売。同レポートは、2014年の米国におけるインディアンカジノ市場(部族民、トライバル)に関するレポート。

米国のインディアンカジノは、コマーシャルカジノ(商業)とは異なり、カジノに関するファイナンシャル(GGR、財務など)の開示義務はない。

Casino CityのIndian Gaming Industry Reportは、独立した調査チーム(Dr. Alan Meister、Nathan Associates Inc.)によるインディアンカジノ市場調査であり、その包括的なレポートはユニークな存在。
15年以上の歴史があり、インディアンカジノ市場レポートのデファクトである。

米国のインディアンカジノ市場のポイントは、
・2014年、ネイティブアメリカンの部族数は243。カジノ施設数は28州、489施設。合計のデバイス数は、マシンが352,000万台、テーブルが7,800台
・全体の2014年のカジノ売上高は$28.9 billion、YoY2%増と過去最高、5年連続のプラス成長
・インディアンカジノ市場では、上位2州が39%、5州が62%、10州が85%を構成
-1位はカリフォルニア州$7.3 billion(72施設)
-2位はオクラホマ州$3.9 billion(126施設)
-3位はフロリダ州$2.4 billion(8施設)
-4位、5位はワシントン州、アリゾナ州
・全体の2014年のノンゲーミング売上高は$3.75 billion、YoY5%増
・インディアンカジノはゲーミング売上高のうち、$8.0 billionを連邦、州政府とのダイレクトレベニューシェア、$1.7 billionを連邦、州、ローカルに納税

なお、全米のカジノ市場(コマーシャル、トライバル)は以下の通り。
ただし、コマーシャルはUNLV Cnter For Gaming Research、インディアンはThe National Indian Gaming Commissionの集計。

2009年:コマーシャル=$34.3bn、トライバル=$26.5bn、合計=$60.8bn
2010年:コマーシャル=$34.6bn、トライバル=$26.5bn、合計=$61.1bn
2011年:コマーシャル=$35.7bn、トライバル=$27.2bn、合計=$62.9bn
2012年:コマーシャル=$37.4bn、トライバル=$27.9bn、合計=$65.3bn
2013年:コマーシャル=$37.9bn、トライバル=$28.0bn、合計=$65.9bn
2014年:コマーシャル=$37.9bn、トライバル=$28.5bn、合計=$66.4bn(2014年末の施設数:コマーシャル=約500カ所、トライバル=459カ所)

Casino City Press該当ページ:
Casino City’s Indian Gaming Industry Report

カジノIRジャパン関連記事:
米国:North American Gaming Almanac 2013年米国総ギャンブル市場は約11.6兆円、YoY2.7%増
米国:2014年のカジノ市場 $66.4bn、YoY0.8%増(約8兆円) 微増ペースが続く

カジノIRジャパン-各種情報、データへのリンク集:
IR経済 > 各種情報、データへのリンク集 > 米国

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2018

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.