カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





週刊 新聞・雑誌記事ピックアップ – 3月第1週 大阪市、沖縄県、依存症問題研究会

2016-03-05

【マスコミ・メディア】

本コーナーは週に一回、カジノを含む統合型リゾート(IR)に関連する新聞・雑誌の記事をピックアップして紹介する。カジノIRジャパンの日々のニュースがカバーできなかった記事を対象とする。

3月8日付け 財界「第54回関西財界セミナー ”リーダーは危機感と大局観を持って行動していくとき”
関西経済同友会代表幹事 村尾和俊氏(西日本電信電話社長)

関西財界セミナーは、関西経済同友会、関西経済連合会が主催する。それぞれ設立70周年。戦後の再建に立ち上がった団体。
村尾氏は、2014年”次世代への貢献”をテーマに代表幹事に就任。税と社会保障の一体改革など、国民負担を強いるような耳障りな問題であっても、将来世代に課題を先送りするのでなく、われわれが解決策を示して、政治に発信し、自ら行動する考え。
カジノを含む統合型リゾート(IR)を誘致することが、関西経済活性化の起爆剤となると主張。関西経済同友会では、米国ラスベガス、シンガポール、オーストラリアに視察団を派遣。
IRは、カジノはその一部であり、国際競争力があるエンタテインメント施設をつくることと整理。ギャンブル依存症については、シンガポールではカジノの導入前後で、ギャンブル依存症の人の割合が半分以下に減少したデータを紹介(IR実現を契機に、National Council on Problem Gambling-ギャンブル依存症対策審議会-など、ギャンブル依存症問題への対策を整備した結果)。

3月4日 日本海事新聞「阪神港 戦略的事業展開 16年度予算案から=開口150年記念でにぎわい創出」

大阪港、神戸港とも、2017年に開港150周年を迎える。開港記念日は、大阪港は2017年7月である。大阪市港湾局は、2016年度から150周年記念事業の準備を開始。
大阪港では、PFI方式による客船ターミナルの整備を準備、そして、夢洲地区ではカジノを含む統合型リゾート(IR)の整備を視野に入れた、臨海部の交通アクセス検討調査を進める。

カジノIRジャパン関連記事:
・関西経済界の動き
関西経済同友会  関西IRの経済効果試算~IR法整備、夢洲開発調査、IR誘致促進を要望
大阪府・市:知事、市長、関西経済3団体トップ懇談 テーマは万博、IR
大阪府市:14日 松井知事 所信表明/関西経済同友会 知事・市長に要望書 IR誘致で一致
大阪府市:関西経済同友会 年内に知事と市長に経済活性化で要望書を提出 柱はIR誘致
大阪市:大阪のにぎわいづくり 何が必要? 大阪商工会議所 会頭 佐藤茂雄氏=朝日新聞
大阪市:「大阪カジノ構想」は夢幻 関西財界にも不協和 五輪後どうなる=産経新聞
大阪市:南海電鉄が奮起 ミナミ活性化の新プロジェクト カジノ誘致の行方が懸念=産経新聞
関西経済同友会のMICE・IR推進委員会が「大阪・関西らしい世界初のスマートIRシティ」の提言を発表
・大阪府市の動き
週刊 新聞・雑誌記事ピックアップ – 2月第4週 大阪府・早期IR調査着手 横浜市 インバウンド
大阪市:2016年度当初予算案 IR誘致検討費6,000万円 府に続き 府・市・経済界が協調へ
大阪府:2016年度当初予算案 IR誘致検討費2,800万円を確保 経済界と協調し、再始動
大阪府・市:知事、市長、関西経済3団体トップ懇談 テーマは万博、IR
週刊 新聞・雑誌記事ピックアップ – 2月第1週 引き続き、大阪市、横浜市の動き活発
週刊 新聞・雑誌記事ピックアップ – 1月第2週
週刊 新聞・雑誌記事ピックアップ – 1月第1週
大阪市:吉村市長 就任会見 「IRは大阪観光の起爆剤。時代の要請。府市一体で強く推進」
大阪府:松井知事 28年度予算にIR調査費を盛り込む方針 本年度補正予算案撤回から半年
大阪府市:14日 松井知事 所信表明/関西経済同友会 知事・市長に要望書 IR誘致で一致
大阪府・市:ダブル選「大阪維新の会」完勝 IR誘致活動が再始動 IR推進法成立の力に

3月1日 新政官業研究 森功「沖縄 USJ撤回の衝撃 ディズニーランド誘致も 同じ運命」

国と沖縄県は、米軍基地の普天間から辺野古への移転について、和解を模索しつつある。そうした中、基地問題にも大きな影響を与える重大事として、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)の進出撤回の方向性に注目。
もともと沖縄県のUSJ誘致は、菅官房長官をはじめ政府が、USJ前経営陣に働きかけた結果とのこと。政府は、USJ誘致は、新基地、カジノを含む統合型リゾート(IR)の三点セットで考えていた。USJの計画は、県北の観光スポットである海洋博公園内に、沖縄の自然をテーマとしたパークであり、投資額600億円、2020年開業予定であった。
沖縄県の最大手のゼネコンである国場組も、基地建設、IR推進、そして、県北部の活性化をサポートしてきた。
しかし、USJは、米国コムキャストグループの傘下に入ったことを機に、沖縄進出を見直す流れとなった。
目下、政府は、普天間飛行場後跡に、ディズニーランドを誘致すると喧伝するが、似たような運命となる可能性を指摘。

カジノIRジャパン関連記事:
沖縄県:USJ、沖縄進出撤回を検討 採算見込めず=日本経済新聞
USJ、沖縄進出撤回も 採算再検証、県と交渉中断=琉球新報
週刊 新聞・雑誌記事ピックアップ – 1月第4週
沖縄県:島尻沖縄相インタビュー=琉球新報 「カジノを含む統合型リゾート(IR)には賛成」
沖縄県:翁長知事 マカオのIRを視察 7月のシンガポール視察に続いて
沖縄県:知事、カジノ視察 シンガポール訪問=琉球新報
沖縄県:県が統合型リゾートに関する基本方針の変更を公表。検討を中止に

3月2日 産経新聞「ギャンブル依存症問題研究会 きょう発足 実態明かし解決法探る」

3月2日、「ギャンブル依存症問題研究会」が発足した。
ホームレス問題解決への政策提言などを行うNPO法人「ビックイシュー基金」、回復施設の関係者などが参加する。
当事者へのヒアリングなどからギャンブル依存症の実態を明らかにし、政策提言を行う予定。

カジノIRジャパン関連記事
シンガポール:NCPG 2015年末のカジノ排除プログラム件数 包括的な依存症対策に貢献
28日 ギャンブル依存症対策推進フォーラム~IRが社会の関心喚起。政府への調査・対策の要請強化へ
ギャンブル依存症問題を考える会 田中代表~現場目線のギャンブル依存症対策リスト<提言>
・カジノIRジャパン-IR資料室>依存症対策
【依存症対策】IR資料室
・ギャンブル依存症対策推進のための超党派勉強会
ギャンブル依存症対策推進のための超党派勉強会 第5回 – 中間報告および今後の方向性
ギャンブル依存症対策推進のための超党派勉強会 第4回 – 教育・啓発に関する課題
ギャンブル依存症対策推進のための超党派勉強会 第3回 – ギャンブル提供サイドに関する課題
ギャンブル依存症対策推進のための超党派勉強会 第2回 – 本人・家族に対する支援課題
ギャンブル依存症対策推進のための超党派勉強会 第1回開催 – 全5回のプログラム決定
ギャンブル依存症対策推進のための超党派勉強会 設立総会 IR議連よりコラボレーション提案

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
みんなのQ&A
IR資料室

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.