カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





米国:マサチューセッツ州 南東部(Region C)部族が2017年夏のIR開業予定を発表 5億ドル計画

2016-03-15

【海外ニュース】

3月14日、マサチューセッツ州南東部のMashpee Wampanoag部族が、カジノを含む統合型リゾート(IR)を2017年夏に第一期を開業する予定を、完成予想図とともに公表した。

同プロジェクトFirst Light Resort & Casinoは、州南東部のトーントン(Taunton市)に$500mn(約600億円)を投じる計画。
ホテルは600室、カジノフロアは14,000㎡(テーブル150台、ポーカー40台、スロット3,000台)、イベントセンターも含む。
ボストンから45分の位置にある。
Mashpee Wampanoag部族は、2016年4月5日に着工し、2017年夏に第一フェーズ、残りを2022年にかけて開業する予定。

1月8日、Mashpee Wampanoag部族は、連邦政府(米国内務省)より、申請用地(州南東部。130ha、うちMashpeeに約70ha、Tauntonに約60ha)に、リザベーション(自治居住区)の指定を受けた。
そして、Mashpee Wampanoag部族は、自治国家のステイタスを得て、カジノを含む統合型リゾート(IR)計画を正式に推進をすると発表した。

2011年、マサチューセッツ州は拡大ゲーミング法を成立させたが、その時点でMashpee Wampanoag部族は、州と合意(Compact)を締結済み。
Mashpee Wampanoag部族は、州が南東部(Region C)に商業カジノを認可しない場合、カジノ売上課税(GGR課税)17%を州に納める。これは、コマーシャルカジノの25%より優位な設定。
ただし、州が南東部(Region C)に商業カジノを認可した場合、カジノ売上課税(GGR課税)の義務を負わない。

南東部(Region C)では、州ゲーミングコミッション(Massachusetts Gaming Commission)は、州最後となる商業カジノの提案を受領済み。
BrocktonにおけるMass Gaming&Entertainment(シカゴのRush Street Gamingの子会社)のプロジェクト(投資額$677mn)である。
州は、2016年春に、南東部(Region C)における商業IR認可の是非に関する投票を行う予定。

今回のMashpee Wampanoag部族の発表は、州政府に対して、南東部(Region C)に商業カジノを認可しないように、プレッシャーをかける狙いがあるとみられる。

マサチューセッツ州のカジノを含む統合型リゾート(IR)開発状況:

マサチューセッツ州では、2011年拡大ゲーミング法に基づき、最大4つ(スロットパーラー1つ、IR3つ)のコマーシャルカジノを開発する方針。

2015年6月にはスロットパーラーであるPlainridge Park Casino(投資額$250mn)が開業。
IRは二つが選定され、開発進行中。一つは、コネチカット州境に位置するMGM Springfield(投資額$800mn、従業員数3,000人、土地は約6ha、2018年9月に開業予定)、もう一つがボストン近郊のWynn Everett(投資額$1.7bn、2018年開業を目標)である。

現在、州ゲーミングコミッション(Massachusetts Gaming Commission)は、南東部(Region C)、州最後となる商業IRの認可の是非について態度を保留している。
Mashpee Wampanoag部族のIR開発が具現化する中、州政府は市場飽和を懸念。一方、Mass Gaming&Entertainmentはライセンス付与を強く求めている。

1990年代以降、米国ではカジノ施設が急増(現在、約1,000カ所)し、競争が激化し、施設の収益性は低下してきた。州ごとの競争に加え、法制度(許認可ライン)が異なるインディアン部族の増設が背景にある。

カジノIRジャパン関連記事:
・マサチューセッツ州南東部(Region C)
米国:Genting Malaysia マサチューセッツ州インディアンIR計画に参画の観測
米国:マサチューセッツ州 部族が正式にリザベーション指定 州4つめのIRへ近づく
米国:マサチューセッツ州 州最後の商業IR枠(南東部) 事業者がライセンス付与を強く求める
米国:マサチューセッツ州 市場飽和の懸念 南東部インディアンカジノ実現が喚起
米国:マサチューセッツ州 南東部にインディアンカジノが実現の方向に 施設間競争が一段と激化へ
米国:マサチューセッツ州 南東部Region CのBrockton 既存2計画が遅れる中、最速の開業に自信
米国:マサチューセッツ州 州最後の南東部IR枠。New Bedford撤退。Brocktonが唯一の候補に

カジノIRジャパン

該当記事

Tribe plans to open casino in 2017
記事へのリンク

Boston Globe

Mashpee Wampanoag Tribe Target 2017 Opening For Taunton Casino
記事へのリンク

CBS Boston


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
JGC2017
IR資料室

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.