カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





Genting Hong Kong 2015年度&4Q業績 営業赤字だが、巨額の株式売却益 フィリピンIR利益縮小

2016-03-20

【海外ニュース】

3月17日、Genting Hong Kongが2015年度および4Q業績を発表。 

Genting Hong Kongの主たる事業は、アジアパシフィックのクルーズ事業Star Cruises(6隻)、国際クルーズ事業Crystal Cruises、そして、フィリピンのカジノを含む統合型リゾート(IR)事業である。
フィリピンのIR事業は、持分法対象関連会社Travellers International Hotel Group(現地Alliance Global Groupとの合弁会社)を通じた、Resorts World Manilaの運営である。

2015年度には二つの企業取引があった。一つは、2015年5月のCrystal Cruisesの買収(日本郵船より取得。取得額は5.5億ドル、現金)、一つはNorwegian Cruise Line Holdingsの株式売却。
Norwegian Cruise Line Holdingsの株式売却は、特別利益$2,166mnとなり、当期利益を押し上げた(売却分の簿価との差額、および、残り所有分の評価替え-持分法対象から有価証券に振り替わり時価評価に)。
なお、Genting Hong Kongは、2014年から2015年にかけて段階的にNorwegian Cruise Line Holdingsの株式を売却(現在の所有は17.7%)。

Genting Hong Kongの営業利益は赤字体質である。2014年、2015年とNorwegian Cruise Line Holdingsの売却に伴う特別利益が貢献し、当期損益は黒字となった。

なお、持分法対象損益は、2015年は$37mnの黒字(前期は$149mnの黒字)。
Travellers International Hotel Groupの利益縮小、Norwegian Cruise Line Holdingsの持分法対象からの除外が影響。

2015年度業績(1-12月):
・売上高(Turnover)は$690mn、YoY21%増、営業損益は$89mnの赤字(前期は$42mnの赤字)、株主帰属当期利益は$2,113mn(前期は$384mn)
・円換算は、売上高は約794億円、営業赤字は102億円、株主帰属当期利益は2,430億円

カジノIRジャパン関連記事:
フィリピン:Travellers IHG 2015年度業績 営業利益YoY26%減 施設間競合、中国人顧客減
 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン

ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.