カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





Las Vegas Sands:ジョージ・タナシェビッチ氏「日本に100億ドル規模を投資する計画に変化ない」

2016-04-05

【海外ニュース】

4月5日、産経新聞は、Las Vegas Sandsのグローバルデベロップメント部門マネージングディレクター、シンガポールのMarina Bay SandsのCEOであるジョージ・タナシェビッチ氏)へのインタビューを掲載。
同氏は、Marina Bay Sandsの4月からの日本市場における集客キャンペーンに関連して来日中。

ジョージ・タナシェビッチ氏の発言のポイントは、
・Las Vegas Sandsは日本に強い参入意欲を持ち、100億ドル(約1兆1,100億円)規模を投資する方針に変化はない
・カジノを含む統合型リゾート(IR)の合法化に時間がかかるのは必要なプロセス
・大都市が有望。具体的な進出候補地は、東京、大阪、横浜の3都市

3月、ジョージ・タナシェビッチ氏は韓国を訪問し、内国人入場可能カジノを含む統合型リゾート(IR)を容認するならば、韓国にも100億ドルのIR計画を進める考えを強調。
Las Vegas Sandsは、過去にも、韓国政府に対して、繰り返し、内国人入場可能なカジノの解禁、実現を求め、そのたびに阻止された経緯がある。

世界的に、IR開発は、想定される将来のキャッシュフローから逆算し、投資額の規模を決定する。また、開発者は事業者として選定された後、営業権(コンセッション)の保有を前提に、本格的な資金調達を行う。

ちなみに、3月2日に関西経済同友会が発表した「大阪・関西IRの経済効果の試算について~夢洲開発に関する調査費を有効活用し、IR誘致に向けた準備促進を」では、IR事業者の年間収入を5,545億円、事業規模を前提とした収益還元法を用い、投資規模を6,759億円とした。

Las Vegas Sandsの海外展開方針:

Las Vegas Sandsが開発機会とするパラメーターは、
・ターゲットとする最低の投資回収率(Return on total invested capital)は20%
・プロジェクト開発コストのうち、25~35%がエクイティ(65~75%はプロジェクトファイナンス)
・重点営業エリアは、マカオ、日本、韓国

カジノIRジャパン関連記事:
・Las Vegas Sands事業、開発
Las Vegas Sands:UNLVにNFL対応スタジアム開発計画 13億ドル チーム、行政側との協議進む
韓国:Las Vegas Sands 内国人向けカジノを含むIRには100億ドル投資も検討 規制緩和の要望継続
Las Vegas Sands:NFLチームOakland Raidersのラスベガスへの誘致に対する協力を検討
Las Vegas Sands 4Q業績:当期利益YoY35%減。マカオは2Qをボトムに緩やかな回復傾向
米国:ジョージア州 Las Vegas Sands 20億ドル計画打ち上げ。実現すれば、南西部最大の案件に
Las Vegas Sands 3Q業績:当期利益YoY23%減 マカオ不振、シンガポール復調。マカオ見通し不透明
米国:Las Vegas Sands フロリダ州進出を断念、隣のジョージア州にターゲット変更
Las Vegas Sands 2Q業績:当期利益YoY30%減。マカオ、シンガポール減。日本、韓国に注力
Las Vegas Sands 1Q業績:マカオ不振で当期利益YoY34%減。マス主体の利益構造。日本にも注力
・Las Vegas Sands係争
Las Vegas Sands:Richard Suen氏との裁判 ネバダ最高裁 Suen氏の主張支持、賠償額の再審を
米国:Las Vegas Sands Steven Jacobs氏が訴訟を進める構え 不適切行為の隠ぺいを主張
米国:Sheldon Adelson氏 Las Vegas Review-Journal買収 過去から現在までを詳述

カジノIRジャパン

該当記事

カジノ大手の米サンズ「日本に100億ドル規模を投資する計画に変化ない」
記事へのリンク

産経新聞


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.