カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





プロポーカー選手 木原直哉氏 第2回「ランキングは世界100-300位。一段の高みを目指す」

2016-04-18

【インタビュー&特集記事】

ビジネスクリエーター研究学会IR部会2回-画像-木原氏インタビュー1

木原直哉氏は、世界で活躍するプロのポーカー選手。2012年の第42回世界ポーカー選手権大会 (2012 World Series of Poker) の「ポット・リミット・オマハ・シックス・ハンデッド」(6月18-20日)で、日本人として初めて世界選手権での優勝を果たした。
ちなみに、その優勝賞金は51万2,029ドル(約6,000万円)であった。

木原氏は、1981年、北海道名寄市の出身。東京大学理学部地球惑星物理学科を卒業後、ストレートにプロのポーカー選手となった。

今回、木原氏に、プロのポーカー選手について、そして、日本のカジノを含む統合型リゾート(IR)について、ご意見を伺った。

第2回「プロのポーカー選手としてのランキングは世界の100-300位。一段の高みを目指す」

学生時代の生活:マインドゲームに明け暮れる
私は東京大学に合計10年間在籍しました。この10年間には休学期間も含まれています。大学卒業は29歳の時です。大学時代は将棋部に所属し、麻雀、バックギャモンに明け暮れました。

ポーカーを始めたのは、大学の途中からです。大学時代の後半には、半分、プロポーカー選手のような状況でした。卒業後に、プロポーカー選手になるのは自分としてはごく自然な流れでした。就職はまったく考えませんでした。

プロポーカー選手として、世界の上位100-300位ぐらい
私はプロポーカー選手として、世界の上位100-300位ぐらいに位置すると考えています。

世界には、プロのポーカー選手は、数万人います。ただし、多くの選手が、長期間、結果を出し続けることはできず、引退を余儀なくされます。9割ほどは、5年で引退していくのです。数万人のうち、大半が数年で入れ替わります。どんどん入れ替わる中で、勝ち残る人がヒーロー化されるのです。

私は、ポーカー選手として、自分の名前を世界で売り出し、世界的でトップ選手と認められることを目標としています。

勝負師 競技者の絶え間ない向上心
私は勝負が大好きです。そして、今日の自分が昨日より前に進んでいたらうれしいです。それを積み重ねていくことが、自信につながりますね。

他者との比較よりも、自分が向上することが重要です。もちろん、他者に勝ちたいですが、他者が下がったことで勝ってもうれしくないです。そうした点は、宮本武蔵やイチローと同じ世界です。
勝負師は皆、そうだと思いますよ。これは、どの競技でも絶対に同じです。

ポーカー選手の社会的地位の向上を
私はプロのポーカー選手であり、将棋のプロ、野球のプロ、サッカーのプロと同じです。しかし、日本では、ポーカーのプロと自己紹介すると、そもそも説明を要しますし、何となく胡散臭く見られていると感じます。

1990年ぐらいまでは、将棋のプロも同じだったそうですね。それまでは、将棋のプロが自己紹介すると「本業は何ですか?」と聞き返されたそうです。
しかし、今はプロ棋士のステイタスは高いです。この20年間で、将棋のプロ棋士が社会的な地位を獲得したわけです。これは、間違いなく羽生善治氏の功績です。

私はプロのポーカー選手という職業の社会的地位を築きたいと考えています。日本社会がプロのポーカー選手を将棋のプロ棋士と同じように認知する時代を築きたい。そのためには、まず、私自身が社会から認められる必要があると考えています。
ちょうど、将棋において羽生善治氏が果たした役割に近いことが少しでもできたらと思っています。

ポーカーはマインドスポーツ。ポーカー選手はギャンブラーではない
ちなみに、プロのポーカー選手は、ギャンブラーではありません。ポーカーは、マインドスポーツです。

もちろん、ポーカーにもギャンブル的な側面があることを否定するつもりはありませんが、技量、スキルが結果を決める大きな要素です。

一方、ギャンブルとは、バカラなど、運の要素が大きいゲームですね。私は、そもそもプロのギャンブラーという職業は存在し得ないと考えています。
運だけが結果に影響を及ぼすゲームにおいては、プレイヤーは、安定した利益を確保し、生活することはできません。
私はプロの定義は、その収益で生活できることです。

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
みんなのQ&A
IR資料室

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.