カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





Galaxy Entertainment Group マイケル・メッカ社長インタビュー=DIAMOND ONLINE

2016-05-20

【海外ニュース】

5月20日、DIAMOND ONLINEが、Galaxy Entertainment GroupのPresidentであるMichael Meccaのインタビューを掲載。

発言のポイントは以下の通り。

マカオおよびGalaxy Macauについて:
・今後開拓すべき顧客層は、アジアの中間層。2020年にはアジアの中間層は20億人、うち、中国は5億人
・Galaxy Macauは、ファミリー向け、ノンゲーミング重視の体験型リゾート
-総面積に占めるゲーミング比率は、第一期(2011年開業)は75%、第二期(2015年開業)95%、第三期98%
・カジノの社会コスト、リスクに対するシステム構築、人的トレーニング、警備体制を強化。ギャンブル依存症へのカウンセリングも行い、責任ある態度で臨む

日本市場への参入について:
・アジアにおいて、カジノを合法化しない国は非常に限定的。日本やタイなど数えるほど
・日本への参入意欲は強い。東京に事務所を構え、スタッフを置き、着々と準備を整備。国会での法案成立を待つのみ
・日本にマカオのモデルを持ち込むつもりはない。日本の風土にマカオモデルの統合型リゾートは不釣り合い
・日本でのビジネスを視野に入れ、マカオではホテル・オークラとのパートナーシップを構築。また、モナコのロイヤルファミリーとの提携。海外に進出においては「アジアとモナコのカルチャーをミックスさせた形」で行いたい
・「地域貢献」「地元ニーズの把握」「現地化」「地元優先」を重視。地域市民を優先的に雇用し、地元の業者サプライヤーと優先的に取引きを行いたい
・現段階において候補地の行政やパートナー企業との交流を進めている

カジノIRジャパン解説:

Galaxy Entertainment Groupの経営スタイルは、慎重、そして、行政に対する忠実な姿勢。Galaxy Macauの展開においては、マカオ政府の方針を忠実に反映。

現在のところ、エンタテインメント事業は、マカオのみで展開(創業事業である建設資材は香港、中国本土にも展開)。海外展開についても慎重であり、Galaxy Macauの成功で経営の地盤を固めた最近になり、海外の開発機会の探索を開始した。日本が最初の大型ターゲットである。

2015年7月、Societe des Bains de Mer et du Cercle des Etrangers a Monaco(モンテカルロSBM)の株式の5%を取得。GEGによれば、長期的な戦略パートナシップを構築する意向とのこと。

投資収益性が極めて高い、マカオ・コタイ地区のGalaxy Macauを事業の主力とするゆえに、財務体質は健全、収益力は高い。

2015年度業績(1-12月):
・売上高はHKD50,991mn、YoY29%減、EBITDAはHKD8,736mn、YoY34%減、株主帰属当期利益はHKD4,161mn、YoY60%減
・円換算は、売上高は7,394億円、EBITDAは1,267億円、株主帰属当期利益は603億円
・プロパティ別
-Galaxy Macau:売上高はHKD35,502mn、YoY24%減、EBITDAはHKD6,946mn、YoY30%減
-StarWorld:売上高はHKD13,039mn、YoY42%減、EBITDAはHKD2,185mn、YoY37%減
-Broadway Macau:売上高はHKD425mn、前年なし、EBITDAはHKD7mnの赤字、前年なし
-City Clubs:売上高はHKD107mn、YoY36%減、EBITDAはHKD107mn、YoY36%減
-Construction Materials:売上高はHKD1,918mn、YoY6%減、EBITDAはHKD318mn、YoY32%減

開発状況:
・コタイ地区フェーズ3期&4期 ─ 2016年にサイト調査開始
・横琴(Hengqin)地区 ─ 2.7平方キロメートルの土地にワールドクラスのデスティネーションリゾート開発を計画
・国際 – 引き続き、開発機会を探索

カジノIRジャパン関連記事:
・Galaxy Entertainment Group
マカオ:Galaxy Entertainment 2016年度1Q 業績下げ止まり。コタイ地区、マスへのシフト鮮明
マカオ:Galaxy Entertainment コタイ第三期&四期 テーマパーク、MICE重視 7,000億円投資へ
マカオ:Galaxy Entertainment 2015年度&4Q実績 通期縮小だが、4QはQoQ増収増益 回復サイン
マカオ:Galaxy Entertainment Group Francis Lui氏 市場は最悪期を脱した 成長を期待
銀河娯楽集団(Galaxy Entertainment)の呂主席、「世界文明賞」新設=日本経済新聞
マカオ:GalaxyがモンテカルロSBMの株式5%を取得。長期的な戦略パートナーシップ
マカオ:Galaxy Entertainment – Galaxy Macau Phase Ⅲ&ⅣはMICE重視に
マカオ:現地レポート 総投資額6700億円!Galaxy Macau第2期&Broadway Macau開業
マカオ:Galaxy コタイ拡張が5月27日に開業へ。テーブル割当150台と想定通り。安心感台頭
 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン

該当記事

マカオのカジノ産業が「脱賭博」で狙う新顧客層~ギャラクシー・マカオ マイケル・メッカ社長インタビュー
記事へのリンク

DIAMOND ONLINE


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.