カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





米国:MGM Resorts ラスベガス Monte Carloを”Park MGM”にリブランド 4.5億ドル投資

2016-06-08

【海外ニュース】

6月3日、MGM Resorts International(MGM)は、Monte Carloに$450mn(約500億円)の改装工事を施し、Park MGMにリブランドすると発表。
完成は2018年末。工事の最終段階で名称を変更する。

今回の改装は、MGMのラスベガスストリップ中心部のリ・デザインの最後のパーツと位置付けられる。

Monte Carloは、1996年開業。ホテル室数は2,992室、カジノフロアは8,083㎡。
リノベーションでは、二つのホテルブランドを導入、Park MGM(2,700室)、The NoMad Las Vegas(292室)を中心とする。

なお、プロパティ内には、$100mn(約110億円)を投じたエンタテインメント劇場The Park(5,300席)の開発計画が進行中。

プロジェクトは、ニューヨークのホテル開発運営事業者Sydell Groupとパートナー契約を締結。Sydell Groupは、NoMad Hotelブランドで実績を持つ。
MGMとSydell Groupは、Park MGMブランドをキーとなる市場に展開する方針。

MGMは、米国ではラスベガス、とくにストリップ地区に集中展開する。ラスベガス地区にはホテルルームが約15万室あるが、MGMは20%近いシェアを有する

なお、4月、MGMは、それまで自ら所有していた10施設(9つのカジノを含む統合型リゾート、1つのエンタテインメントコンプレックス)をOperating Partnershipに移転。そして、REIT子会社MGM Growth Propertiesを上場させ、Operating Partnershipの経済持ち分の一部を取得させた(MGMがOperating Partnershipの経済持ち分の73%、MGM Growth Propertiesが27%を所有)。
Monte CarloはOperating Partnershipの所有下にある。

カジノIRジャパン関連記事:
米国:MGMグループ アトランティックC Borgata持ち分50%を9億ドルで買収 完全子会社に
米国:マサチューセッツ州 MGM Springfield 市に続き、州規制当局も計画変更を承認 開発本格化へ
米国:MGM Resorts international グループREIT会社MGM Growth PropertiesのIPO計画を公表
MGM Resorts International 2016年度1Q  営業利益YoY20%減 ただし、リストラ合理化は順調
米国:MGM Resorts international グループREIT会社MGM Growth PropertiesのIPO計画を公表
米国:MGM Resorts 2015年度&4Q業績 マカオ15億ドルの減損 通期最終利益4.5億ドルの赤字
米国:ラスベガス MGM Resorts 先陣を切って駐車場有料化に 環境変化に対応
米国:MGM Resorts 最大株主Tracindaが本社をラスベガスに移転 長期所有方針を示す
米国:MGM Resorts 3Q業績 当期利益$66mnの黒字。米国改善 REIT活用による財務改善策
米国:MGM Resorts 2Q業績 想定以上の実績、資産分離REIT活用など株価向上策を提示
米国:Pinnacle、MGM 再びファンドからのREIT移行の要求強まる。米国プロパティを多く所有
米国:MGM Resorts 最大株主のKirk Kerkorian氏 遺言で株式売却を指示
 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.