カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





スペイン カタルーニャ州:IR集積計画が再始動へ BCN Worldの後継 投資額25億ユーロ想定

2016-07-01

【海外ニュース】

6月30日、カタルーニャ州バルセロナ近郊(Vila-Seca、Salou)のカジノを含む統合型リゾート(IR)集積計画が、2017年着工を目指し、再始動する。カタルーニャ州の経済担当相による発表を現地メディアがレポート。

計画内容は、再編され、新しいプロジェクト名を選定する(前回はBCN World)。

新計画は、総投資額25億ユーロ(約2,900億円)、開発面積は75万㎡、このうち、96%が観光・レジャー・コンベンション(57%がホテル、16%がレジャーなど)、4%(3万㎡)がカジノに充当(カジノは二つ)。
フル稼働後には1万人の雇用を創出する見通し。

前回計画(BCN World)は、開発面積は100万㎡、6つのカジノを整備する予定であった。

事業者としては、前回計画(BCN World)にも応募した三つの企業グループが想定されている。
Hard Rock International(米国)、MelcoLot(マカオ・香港)、Grup Peralada(スペイン企業)とGentingグループ(マレーシア)のグループ。
ただし、Hard Rock InternationalとMelcoLotは、コンソーシアムを形成する可能性がある(欧州キプロスにおける対応のように)。
なお、MelcoLotの大株主は、Melco International Development(65%)であり、ローレンス・ホー氏がMelco International Developmentの50.1%を所有。

カタルーニャ州バルセロナ近郊のIR集積計画は、これまでEurovegas、BCN Worldが浮上したが、それぞれ頓挫した。それぞれ、政治の不安定、事業者との交渉難航が背景。

なお、前回のBCN World計画は、6つのラスベガス式のカジノを含む統合型リゾート(IR)を設置し、公園、ショッピングモール、MICE、劇場、ゴルフコース、ビーチクラブを含む。総投資額は47億ユーロ。
雇用は、建設フェーズで1.7万人、運営時にはIRが一つ当たり5,000人と想定された。

カジノIRジャパン関連記事:
スペイン:ローレンス・ホー氏 BCN World計画 現地政府の混乱で、スケジュール遅れの可能性
スペイン:ローレンス・ホー氏 BCN World計画 現地パートナー離脱も、グループ再編で提案継続
 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン

該当記事

Construction of ‘BCN World’ project to start next summer with major changes
記事へのリンク

Catalan News Agency


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2018

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.