カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





フィリピン:ロドリゴ・ドゥテルテ大統領 カジノ産業のマネーロンダリング対策を国際基準へ

2016-07-06

【海外ニュース】

6月30日、ロドリゴ・ドゥテルテ氏(Rodrigo Duterte)がフィリピン大統領に就任した。

同大統領は、反腐敗対策の強化を推進。その一環で、マネーロンダリング防止法(Anti-Money Laundering Act of 2001)の改正法が下院に提出された。

改正法は、マネーロンダリング対策をFinancial Action Task Force(FATF、フランス・パリを本拠地とするマネーロンダリング監視・対策の国際組織)が定める国際基準に対応させ、金融機関の取引の透明性を高める。また、改正により、新たにカジノ産業を規制対象に加える。

これまで、マネーロンダリング防止法(Anti-Money Laundering Act of 2001)は、カジノ産業を対象に含めていなかった。

2016年3月、バングラデシュ中央銀行がニューヨーク連邦準備銀行の口座に保有していた資金(10億ドル)が、中国のハッカーによる盗難被害にあい、そのうち、フィリピンの銀行システムに8,100万ドル、二つのカジノ施設に4,600万ドルが流入した。
これを受けて、Financial Action Task Force(FATF)は、改めて、フィリピンのマネーロンダリング対策法(Anti-Money Laundering Act of 2001)の対象にカジノ産業を含めるように勧告した経緯がある。

ロドリゴ・ドゥテルテ大統領のカジノを含む統合型リゾート(IR)産業に関連する方針には、「中国との外交重視(緊張緩和)」「経済ビジネス重視」「反腐敗対策強化(マネーロンダリング対策を含めて)」「オンラインカジノの禁止に意欲」など。

現時点では、観光戦略としてのIR産業にサポーティブのようだ。

フィリピン カジノを含む統合型リゾート(IR)事業者の業績動向:

・IR事業者3社(*)計の業績
- 2015年度=売上高1,512億円、YoY19%増、EBITDAは333億円、YoY23%減、株主帰属当期損益は201億円の赤字(前期は76億円の黒字)
- 2016年度1Q=売上高393億円、YoY5%増、EBITDAは90億円、YoY8%減、株主帰属当期損益は26億円の赤字(前年同期は43億円の赤字)
・新規開業や拡張の結果、IR施設供給が増加する一方、カジノ市場の拡大ペースがそれに追いつかず、事業者の業績は苦しい展開
・フィリピンのカジノ市場における中国本土からの顧客ウエイトは2割ほど。中国依存度は、周辺市場と比較して高くはないが、底上げの原動力になり得る
(*)Manila(Travellers International Hotel Group、Bloomberry Resorts、Melco Crown (Philippines)

フィリピン カジノを含む統合型リゾート(IR)開発動向:

マニラ首都圏には、現在、3つの大型のカジノを含む統合型リゾート(IR)が営業中。

<ニューポートシティ マニラ国際空港の隣>
・Resorts World Manila(Travellers International Hotel Group運営、2009年8月開業)
<エンタテインメントシティ>
・Solaire Resort & Casino(Bloomberry Resorts運営、2013年3月開業、2014年11月Sky Tower拡張)
・City of Dreams Manila(Melco Crown (Philippines) Resorts運営、2014年12月開業)

今後の施設開発計画は以下の通り。

<既存施設拡張>
・Resorts World Manila:第二期拡張は2016年2Qに、第三期拡張は2017年末に完成予定
<新規開発>
・Manila Bay Resorts(ユニバーサルエンタテインメント、現地Tiger Resorts Leisure and Entertainment)=投資額US$2bn≒2,400億円、2016年12月完成予定
・Westside City Resorts World Project(Travellers International Hotel Group)=Travellers部分の投資額$1.1bn≒1,300億円、2018年4Q開業予定

フィリピンカジノ市場動向:1フィリピンペソ(PHP)=2.5円:

・2015年実績=1,254億PHP、YoY13%増(3,135億円)。うち、PAGCOR直営施設が435億PHP、YoY4%増、民間施設が819億PHP、YoY18%増
・2016年予想=1,350億PHP、YoY8%増(3,375億円)。うち、PAGCOR直営施設が450億PHP、YoY3%増、民間施設が900億PHP、YoY10%増
・2025年までに市場規模は2016年の水準から倍増へ(エンタテインメントシティの4つのIRがフル稼働)

カジノIRジャパン関連記事:
・マネーロンダリング対策
マカオ:マネーロンダリング対策の新ルールを公開 VIPオペレーションに一段の透明性を要求
米国:ネバダ州ラスベガス Bank Secrecy Act Conference マネーロンダリング対策の高度化に向けて
米国ゲーミング協会(AGA)マネーロンダリング対策レポートを発表 事業者の対策予算は大幅増
グローバル カジノ産業におけるマネーロンダリング対策強化へ 欧州が新ルール策定
・フィリピン
フィリピン:Travellers Resorts World Manila最終5,000室レベル Westside Cityは2020年開業へ
フィリピン:Bloomberry Resorts CEO ケソン市IR計画推進 業績楽観 株価上昇
フィリピン:次期大統領ロドリゴ・ドゥテルテ氏 中国外交、経済重視 IR業界に追い風との見方
フィリピン:Belle Corp. City of Dreams Manilaの展望を楽観 ただし、年末には一段の競争激化
フィリピン:ユニバーサルE Manila Bay Resorts 予定通り2016年内に開業 第二期開発を開始
フィリピン:IR3社計の2016年度1Q 売上高YoY5%増と低調 投資負担に市場拡大が追い付かず
フィリピン:マニラのホテル供給 5年後に倍増 IRがエリア全体の観光機能、活性を高める
フィリピン:Belle Corp マニラ首都圏における施設供給過剰を懸念 次期政府に意見
フィリピン:Bloomberry Resorts マニラ首都圏ケソン市の大規模開発エリアにIR開発へ
フィリピン:Bloomberry Resorts CEO 今後の供給過剰リスクを警告 ”Too many, too fast”
フィリピン:IR3社計の2015年度業績 当期赤字200億円 投資負担に市場拡大が追い付かず
フィリピン:PAGCOR マニラ以外の地方都市にもIRを展開へ 市場動向をアップデイト
フィリピン:Manila Bay Resorts ノンゲーミング強化 広範なアジア、中東の観光客を開拓へ
フィリピン:Bloomberry CEO 市場成長に自信(中国の影響は限定的) 投資回収を優先
フィリピン:Travellers IHG Resorts World Manilaの拡張が進展 第二期はほぼ完了へ
フィリピン:PAGCOR CEO 2015年市場は約3,250億円、YoY17%増(注) 市場成長を強調
フィリピン:政府がカジノ、ロッテリー参加者からの徴収強化検討 カジノ入場料9,000円案

カジノIRジャパン

該当記事

Anti-laundering law gets extra boost
記事へのリンク

The Standard


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
JGC2017
IR資料室

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.