カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





マカオ:8月22日 Wynn Palace開業 投資額マカオ最大42億ドル & コタイ地区IR開発アップデート

2016-08-23

【海外ニュース】

Wynn Palace-画像-20160823

8月22日、Wynn Palaceが開業した。

Wynn Palaceのホテルは1,700室。Wynn Macauの運営室数は、既存施設(Wynn Macau&Encore)の1,010室と加えて、2,710室となった。

既報の通り、Wynn Palaceの開業時のゲーミングテーブル数は350台。新規デバイス・アロケーションは150台(100台は開業時に設置可能で、2017年1月1日に25台、2018年1月1日に25台が認可)。既存施設(Wynn Macau&Encore)からゲーミングテーブル枠250台分を移動させた。

政府は、新規テーブルアロケーションはマスに利用されると規定した。一方、8月17日、Steve Wynn氏は、ゲーミングテーブル350台のうち、50~60台をVIP向けに運用する方針を明らかとした。

Wynn Palaceは、リテイルが約19,000㎡。のWynn Palaceには、美術品コレクションが1.25億ドル相当、パフォーマンスレイク、空中庭園などを含む。

マカオでは、カジノ市場の回復期待の一方、コタイ地区の大型施設間の競争激化があり、収益性については強弱感が対立。現在のところ、Wynn Resortsは、Wynn Palaceのブレークイーブン時期あるいは収支予測についてコメントしていない。

なお、Wynn Palaceは、敷地内に4.5haの開発可能エリアを持つ。現時点では具体的ではないが、Steve Wynn氏は植物園などに活用するアイデアに言及。

マカオ政府のゲーミング産業管理、テーブルアロケーションの方針:
マカオ政府は、3つの許認可を通して、ゲーミング産業、そして、マカオ都市政策を実現している。これは、1)コンセッションの付与と継続、2)新規プロジェクトにおける土地の利用、3)テーブル数割当、などがある。

マカオのカジノのコンセッション(営業権)の期間は20年間であり、各社とも2020年、2022年に満期を迎える。仮に、更新されない場合、すべての設備は対価なしに、マカオ政府に移管することになる。

マカオ政府の新規テーブルアロケーションの方針:
・テーブル数割当におけるポリシーは、マカオの観光レジャー都市への変貌、産業の多様化の実現に資すること
・新規施設へのテーブル割当数を決定する要素
 1)マカオの観光レジャー都市への変貌に資する
 2)ノンゲーミング部分の規模
 3)地元の中小企業の育成に資する
・総量管理
 2013年1月1日から10年間のマカオ全体のテーブル数の拡張ペースについて、年率3%以内に抑制する方針
 (2016年6月末5,998台)

2015年以降の新規施設開業と新規テーブルアロケーション実績
・2015年5月開業
 Galaxy Macau フェーズⅡ&Broadway Macau=投資額25億ドル、テーブルアロケーション150台
 (2015年10月100台追加)
 (コンセッション事業者:Galaxy Entertainment)
・2015年10月開業
 Studio City=投資額23億ドル、テーブルアロケーション250台(マスオンリー)
 (コンセッション事業者:Melco Crown Entertainment)
・2016年8月開業
 Wynn Palace=投資額42億ドル、テーブルアロケーション150台(マスオンリー)
 (コンセッション事業者:Wynn Macau)

 

コタイ地区カジノを含む統合型リゾート(IR)開発状況アップデート

コタイ地区で進行中の大規模開発は、2018年初には大部分が完了し、コンセッション6事業者が出揃う。

Galaxy Entertainment Groupは、Galaxy Macauの第三期、四期を推進。プロジェクト詳細は未開示だが、施設面積の97%がノンゲーミングであり、プライマリーのターゲットをMICE、ファミリーとする。第三期と第四期の合計の投資額は、400億香港ドルから500億香港ドル(約5,200億円から6,500億円)の間となる見通し。

コタイ地区IRの稼働、開発中の施設への総投資額は300億ドル(3兆円)を超える。観光MICE施設への投資としては、カジノを含む統合型リゾート(IR)以外のスキームでは成立し得ない規模感である。

CI図表-マカオコタイ地区IR開発-画像-20160822

カジノIRジャパン関連記事:
・Wynn Resorts開発動向
マカオ:Wynn Palace 既存施設からのテーブル250台移動の承認取得 株式市場は冷静な評価”合理的”
マカオ:Wynn Palace 政府のテーブルアロケーション150台 大規模施設の投資回収性に懸念台頭
米国 マサチューセッツ州:Wynn Boston Harbor ついに着工へ。州過去最大の開発 市長「感無量」
米国:ラスベガス NFLチームRaiders誘致 計画策定遅延のなか、Steve Wynn氏も協力表明
マカオ:Wynn Palace 8月22日開業へ 41億ドル開発 コタイ地区IR開発状況アップデート
Wynn Resorts 6日 Investor Day ラスベガスParadise Park計画発表。マカオ、ボストン計画更新
米国:マサチューセッツ州 Wynn Everett Somervilleが新たな法的対抗策 周辺市の重要性
米国:マサチューセッツ州 Wynn Everett 州GC ボストン市とWynnの合意を承認 開発本格化へ
米国:ニュージャージー州 北部へのカジノ設置法案 Wynn Resortsも議論に参入”関心あり”
マカオ:コタイ地区のIR開発状況アップデート ~ Wynn Palace開業3ヵ月延期。建設作業遅延
・マカオ開発動向
マカオ:Galaxy 呂会長 港珠澳大橋は観光MICE市場を一変 & コタイ地区IR開発アップデート
マカオ:The Parisian Macao 9月13日開業へ 27億ドル開発 コタイ地区IR開発状況アップデート
マカオ:Galaxy Entertainment 非ゲーミング拡大へVIPの概念拡張 アジア観光競争に対応
マカオ:Galaxy Entertainment コタイ第三&四期 予定通り MICE強化 5,200~6,500億円投資へ
マカオ:Wynn Palace 8月22日開業へ 41億ドル開発 コタイ地区IR開発状況アップデート
マカオ:政府 LRTタイパ区間 2019年運用開始を確認 ~ コタイ地区IR開発アップデイト
・マカオ市場
マカオ:カジノ市場 7月 YoY4.5%減 マイナス幅縮小 底打ち感強まる 縮小は最終局面に
マカオ:行政長官 2017年のカジノ産業、経済の回復見通しを言及 観光都市への変貌が進展
マカオ:2016年2Q(4-6月)カジノ市場詳細統計 マス底打ち、VIPとマス拮抗 政府施策奏功
マカオ:カジノ市場 6月 YoY8.5%減 5月の規制強化も影響 想定の範囲内
マカオ:経済財政庁長官 改めて2016年カジノ市場 MOP200bn予想 5月に一段の健全化策導入
マカオ:2016年1Q 訪問者消費調査 ~ ノンゲーミング育成は道半ば。MICE目的者の消費が突出
マカオ:カジノ市場 4月 YoY10%減 最悪期脱し、安定化のタイミング模索 2016年微減予想
マカオ:2016年1Q(1-3月)カジノ市場詳細統計 収益環境安定 四半期底打ち、VIPとマス拮抗
マカオ:4Q(10-12月)Visitor Profile Survey カジノ中心から観光デスティネーションへの変貌進む
マカオ:3月 カジノ市場 YoY16%減 再びマイナスだが、最悪期は脱した 2016年YoY2%減見通し
マカオ:2月 カジノ市場 YoY0.1%減 ついにフラットに マス主体への転換進展、市場安定化
マカオ:市場底打ち、安定化への期待が一段と高まる マスが市場けん引の構図 株価は上昇
マカオ:Galaxy Entertainment Group Francis Lui氏 市場は最悪期を脱した 成長を期待
マカオ:1月 カジノ市場 YoY21%減 マイナス幅は縮小トレンド 市場安定化の兆し
マカオ:4Q(10-12月)カジノ市場詳細統計 収益環境安定 四半期底打ち、VIPとマス拮抗
マカオ:12月 カジノ市場 YoY21%減 2015年3兆4,626億円、YoY34%減 2016年もマイナス予想
・マカオ政策
マカオ:政府 フォンベッティングに罰則規定導入へ ジャンケット、VIPの透明化を強力に推進
マカオ:マネーロンダリング対策の新ルールを公開 VIPオペレーションに一段の透明性を要求
マカオ:政府観光局 マスタープラン(案)レジャー多様化 ノンゲーミング収入を10年間で倍増へ
マカオ:政府 ゲーミング産業中間レビュー公開~カジノコンセッション満期後方針には言及せず
マカオ:政府 5ヵ年発展計画の草案発表。5月にゲーミング産業中間レビューの所見公開の可能性
マカオ:ゲーミングコミッションの機能強化へ 16年間の休眠期間後 観光レジャーへの市場改革
マカオ:マカオ政府 ゲーミング産業の中間レビュー 年内に中国政府に提出へ 中央が関与強める
マカオ:中国&マカオ政府高官 渡航政策、中間レビューにコメント レビュー公開は旧正月後
マカオ:DICJ長官 ジャンケット数は141に減 マス主体の市場に転換 中間レビュー公開は年前半
マカオ:ジャンケット業界 VIPルーム数100、過去半年で3割減 政府は業態適正化を推進へ
マカオ:経済財政庁 長官、DICJ 長官 - ジャンケット団体と会合 中間レビュー&改革に向けて
マカオ:政府 2016年初に中間レビュー公開予定 コンセッション早期償還、満期後の方針が焦点(2)
政府 2016年初に中間レビュー公開予定 コンセッション早期償還、満期後の方針が焦点(1)
 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
みんなのQ&A
IR資料室

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.