カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





神奈川県-横浜市IRレポート 横浜ブランドを世界に発信する

2014-12-26

【地方IRレポート】

yokohama-223x161国は大型のIRをまず考えているが、東京都の失速よって俄然注目を浴びているのが横浜である。
実際、林文子市長は今年に入り、税収などの経済効果と港・横浜のブランド発信のためにIR・カジノは欠かせないと、1000万円以上の調査費も計上して、横断的なプロジェクトチームも発足させた。

また、県も支援体制を表明し、横浜と縁の深い京急電鉄がIR準備室を新設したことなどにより、強力な支援体制も作られつつある。横浜のIR候補地は山下埠頭である。これより広い瑞穂埠頭という声もあるが、まだ米軍から完全に返還されていない。

横浜での一番の課題は財界との連携である。日本を代表するようなブランド企業は存在していない。地元財界も中小企業の集まりという印象である。ただ、東京駅近辺しかビジネスにならない三菱地所、海外でのカジノ企業への投資で遅れをとっているみずほ銀行などが興味を示しているという報道もある。セガサミーが横浜に接触しているという話もあった。

いずれにしろ、核になる企業が複数登場しないと、行政だけの力ではどうにもならない。もうひとつ、港湾事業の地権者との連携も欠かせない。

横浜のIR構想は、松沢成文知事、中田宏市長の時からあった。東京と大阪だけがクローズアップされていたので影に隠れていたが、進取に富んだ風土は引き継がれているのである。


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.