カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





Genting Singapore 韓国済州島Resorts World Jeju計画撤退 日本への参画意欲を強調

2016-11-15

【海外ニュース】

11月11日、Geting Singaporeは、韓国済州島の大型のカジノを含む統合型リゾート(IR)計画Resorts World Jejuの持ち分50%相当の売却を発表。
イーコールパートナーであった中国のLanding International Developmentに売却する。売却完了後、Resorts World Jejuは、Landing International Developmentの100%所有となる。

売却対価は4.2億米ドル(約450億円)、2017年1Qに売却手続きは完了予定。Geting SingaporeのResorts World Jejuへの投資額は3.8億米ドルであり、約1割のプレミアムとなる。

Geting Singaporeは、海外戦略を再編。韓国からの撤退の一方、日本において近くIR推進法案が成立する見通しとしたうえで、そのビッディングプロセスへの参画姿勢を明らかとした。
日本の開発機会は、グループの企業価値に著しい貢献をもたらす可能性があると指摘。

ちなみに、Genting Sinpaoreの海外展開は、これまでのところ、韓国済州島Resorts World Jejuのみ。

韓国済州島の大型のカジノを含む統合型リゾート(IR)計画Resorts World Jejuの概要
・総投資額は$1.8bn(約1,900億円)
・ホテル 2,000室以上、MICE、ウォーターレジャー、文化施設を含む
・中国の不動産デベロッパーLanding International Development、Genting Singaporeの合弁事業
・開発会社Landing Jeju Developmentへの出資比率は50%:50%であり、Genting Singaporeは同社を持分法対象としていた
・ホテル、リテイル、エンタテインメント部分については建設を開始。住居棟については、2016年4月に販売開始
・2017年4QにフェーズⅠにソフトオープンし、2020年にフル開業の予定

なお、済州島は、韓国において、強い自治権が認められている(米国の州に近い)。カジノ産業の政策、事業者指定も独自である。

現在、済州島には外国人専用カジノ施設8ヵ所が運営中。年間のカジノ売上高は2億ドル(240億円)ほど。 施設はカジノフロア規模は3,000㎡未満、平均ではテーブルは40台、スロットは20台ほどと小型の施設が主体。

韓国の外国人専用カジノを含む統合型リゾート(IR)の開発動向

現在5つの大型の外国人専用カジノを含む統合型リゾート(IR)の開発計画が具体化。

仁川空港周辺の永宗島には3つの計画がある。
・Paradise&セガサミーHDの「パラダイス・シティー」(投資額:1,400億円、開業予定:2017年上半期)
・Locz Korea「リッポー・アンド・シーザーズ」の計画(投資額:2,000億円、開業予定:2018年)
・Mohegan-KCCコンソーシアムの「インスパイア」(投資額:第一期16億ドル≒1,800億円、最終50億ドル≒5,700億円、開業予定:2020年上半期)

済州島では2つの計画がある。
・Genting Singapore&Landing Internationalの「Resorts World Jeju(投資額:18億ドル≒2,200億円、開業予定:2017年)
・ロッテ観光開発&中国緑地グループのドリームタワーカジノ複合リゾート(総投資額:7000億ウォン≒700億円、開業予定:2019年3月)

これらのうち、Locz Korea(Caesars&Lippo)については、2015年12月、Lippo側が投資回収の懸念を反映し、プロジェクトの先行きが不透明と発表。プロジェクトは開始しておらず、タイムラインも不透明。

韓国のカジノ市場動向

韓国では現在17ヵ所のカジノがあり、うち外国人専用が16ヵ所、内国人が入場可能な唯一の施設であるKangwon Landがある。
Paradise、GKLの2社計は、外国人専用カジノ市場の9割ほどを占有する。
ゆえに、これら3社の合計は、ほぼ韓国市場の動向を近似する。

2015年度(1-12月)には、3社合計の売上高は2,755億円、YoY1%増、うち、Kangwon Landの売上高は1,634億円、YoY9%増。ParadiseとGKLの2社計は1,121億円、YoY9%減であった。
Kangwon Landは順調。外国人専用カジノ市場は、主力の中国人(構成比50-60%)の減少が響いた。

カジノIRジャパン関連記事:
・Genting Singapore
Genting Singapore 2016年度3Q業績 当期利益倍増 2017年に向けた持続的成長に自信
Genting Singapore 2016年度2Q 大幅減益 インバウンド復調ながら、VIPセグメント悪化が響く
Genting Berhad, Genting Singapore Fitch Ratings 投資適格 事業・財務見通しは安定
Genting Singapore 韓国済州島Resorts World Jeju 増資引き受け 1,800億円計画進展
シンガポール:Genting Singapore 2016年度1Q 減収減益。ただし、インバウンド復調が好材料
シンガポール:Genting Singapore 2015年度&4Q実績 業績縮小 VIPからマスへのシフト推進
タイ:Genting Singapore タイに新会社設立 IR視野の可能性 残された大型市場の一つ
韓国:済州島 中国資本の意欲低下 Resorts World Jeju(2,200億円計画)の収益リスク高まる
シンガポール:Genting Singapore 業績見通し。縮小は循環的でなく構造的。海外の期待は日本
 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.