カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





アジアインバウンド競争 2016年 韓国、シンガポール最高更新。マカオもピーク圏回復

2017-01-03

【海外ニュース】

アジア太平洋地域では、インバウンド獲得競争が活発化しており、各国が外国人訪問者数の拡大ペースを競う展開。
そうしたなか、カジノを含む統合型リゾート(IR)は、それ自体がアイコン、アトラクションとなるだけでなく、広域観光のハブとしての役割を担いつつある。

2016年、韓国、シンガポールの外国人訪問者数、マカオの訪問者数(中国本土+香港+台湾が90%、その他が10%)は、それぞれ伸長し、過去最高を更新あるいはピーク圏を回復したと推定される。

韓国のKorea Tourism Organizationによれば、1-10月累計の外国人訪問者数は1,459万人、YoY33.1%増。
2016年推定は、1,730万人、YoY31%増と過去ピーク(2014年1,420万人)を大幅に更新したと推定される。
なお、2015年の不振は、6月から9月に問題となったMERS(Middle East Respiratory Syndrome)の影響のため。

2016年12月28日、シンガポールのSingapore Tourism Boardは、10月の外国人訪問者数を発表。1-10月累計は1,365万人、YoY8.3%増。
2016年推定は、1,630万人、YoY7%増と過去ピーク(2013年1,557万人)を更新したと推定される。

2016年12月28日、マカオのDSEC(Statistics and Census Service)は、11月の訪問者数を発表。1-11月累計2,814万人、YoY0.2%増。
2016年推定は、3,080万人、YoYフラットと推定される。

韓国、シンガポールの外国人訪問者数、マカオの訪問者数の推移

韓国の外国人訪問者数(単位:万人、YoY伸び率)
2012年 1,114万人、YoY13.7%増
2013年 1,218万人、YoY9.3%増
2014年 1,420万人、YoY16.6%増
2015年 1,323万人、YoY6.8%減
2015年 1,730万人、YoY31%増(推定)

シンガポールの外国人訪問者数(単位:万人、YoY伸び率)
2008年 1,012万人、YoY1.6%減
2009年 968万人、YoY4.3%減
2010年 1,164万人、YoY20.2%増~二つのIRが開業 
2011年 1,317万人、YoY13.1%増
2012年 1,450万人、YoY10.1%増
2013年 1,557万人、YoY7.4%増~2009年以前から約50%の底上げ

2014年 1,510万人、YoY3.0%減
2015年 1,523万人、YoY0.9%増
2016年 1,630万人、YoY7%増(推定)

マカオの訪問者数(単位:万人、YoY伸び率)
2012年 2,808万人、YoY0.3%増
2013年 2,932万人、YoY4.4%増
2014年 3,153万人、YoY7.5%増
2015年 3,071万人、YoY2.6%減
2016年 3,080万人、YoYフラット(推定)

 

各国のカジノ市場の動向 ~ それぞれ2016年後半に回復基調が鮮明に

【マカオ】
2014年6月から2016年7月まで、26ヶ月連続の前年同月比マイナスが続いたが、8月以降は五ヵ月連続で前年比プラスで推移。
マカオ政府は、マカオをカジノ中心から世界的な観光デスティネーションに変貌させるべく大胆な施策を進めてきた。
コタイ地区の大型のIR群、および、交通インフラの拡充がけん引役。

・2014年 MOP351,521mn、YoY2.6%減
・2015年 MOP230,840mn、YoY34.3%減
・2016年 MOP223,210mn、YoY3.3%減
・2017年 プラス成長に復帰へ。YoY1ケタ中盤から後半のプラス(コンセンサス)

マカオ:カジノ市場 12月 YoY8%増 2016年計YoY3%減 ~ 8月以降、回復鮮明。観光戦略が奏功

【シンガポール】
Marina Bay Sands、Resorts World Sentosaの二施設がある。
運営主体であるLas Vegas Sandsのシンガポールオペレーション(Marina Bay Sands)、Genting Singapore(Resorts World Sentosa)の2社計の3Q累計(1-9月)業績は、売上高3,391億円、YoY8%減、調整後EBITDAは1,462億円、YoY17%減。

四半期毎の2社計の売上高は、1Q(1-3月)1,066億円、YoY16%減、2Q(4-6月)1,078億円、YoY7%減、そして、3Q(7-9月)がYoY2%減。

シンガポールの2社の業績は、2014年以降の縮小局面を終え、底打ち感が顕在化。背景は、1)インバウンド観光の再拡大、2)プレミアムマスの開拓、3)VIPのクレジット管理の適正化、など。

シンガポール:IR2社計 2016年度3Q業績 業績底打ち インバウンド観光再拡大など寄与

【韓国】
韓国には、現在17ヵ所のカジノがあり、うち外国人専用が16ヵ所、内国人が入場可能な唯一の施設であるKangwon Land(Kangwon Landが運営)。
Paradise、GKLは、それぞれ5ヵ所、3ヵ所(それぞれ主要市場であるソウル、釜山、済州島をカバー)に外国人専用カジノ施設を運営し、両社で外国人専用カジノ市場の9割ほどを占有。
ゆえに、この3社計の売上高はほぼ韓国カジノ市場の全体の動きを表す。

Kangwon Landは、順調推移であり、1-9月累計の売上高は1,158億円、YoY5%増。外国人専用カジノ運営会社2社は、4-6月以降、回復基調をキープしており、1-9月累計の2社計の売上高は829億円、YoY12%増。

韓国:IR3社計 2016年度3Q業績 2ケタ増収 Kangwon Land順調 外国人専用2社は回復基調

カジノIRジャパン関連記事:
2016年に世界で最も”インスタグラムされた”高級ホテル ~ トップ10ホテルのうち6つがIR
世界の建造物 建設コスト上位10中6が統合型リゾート(IR) 都市アイコン開発の有効な施策
ブッキング・ドットコム、家族にもおすすめの世界のカジノリゾートをまとめ発表

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
JGC2017
IR資料室

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.