カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





宮崎県知事選候補者のカジノ誘致についての考え

2014-12-18

各候補者の考えは以下の通り。

質問:県内へのカジノ誘致についてどう考えますか

■川村秀三郎氏(65) 無新
・カジノは、国際観光の有力な柱となるものであるが、その受け入れ環境が現在の宮崎には整っていないのではないか。世界の金持ちが家族連れでも楽しめる世界一流の娯楽施設、高級レストラン、観光ルートと交通インフラなどがあわせ整っていないと真価を発揮できないのではないか。まずは海外観光客の増大など国際観光地としての地位を高めるべき。

■河野俊嗣氏(50) 無現 〈自〉〈民〉〈公〉〈次〉〈社〉
・カジノを含む統合型リゾートについては、投資や雇用、観光誘客など地域経済にもたらす効果については関心を持っています。一方で、ギャンブル依存症や治安、青少年への影響についての課題が指摘されています。従って法律が成立し、国において健全性などについてしっかりとした制度設計がなされることを前提に前向きに検討したいと考えています。

■堀田孝一氏(66) 共新
・カジノは賭博施設です。一獲千金を夢見て勤労意欲をなくしたり、家庭崩壊、人格破壊につながり、犯罪や暴力団に結びつく危険が潜んでいるなどから、刑法で禁止されています。それを合法化させ誘致するとは、金のためには手段を選ばない恥ずべき行為です。しかも県民に多大な負担をかけ終いには身売りしたシーガイアに誘致するとはもってのほかです。

朝日新聞より

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.