カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





米国:Penn National Pinnacleを買収 売上55億ドル。リージョナルで突出。スケールメリット追及

2017-12-19

【海外ニュース】

12月18日、米国リージョナル大手であるPenn National Gamingが、同じくリージョナルナル大手であるPinnacle Entertainmentの買収を発表。

買収後、Penn National Gamingは、カジノ・エンタテインメント41施設(20の行政管轄区)を所有する、北米で突出した規模のリージョナル大手となる。
両社の単純な合計売上高は、年間55億ドル前後であり、現在のリージョナル・トップクラスであるBoyd Gamingの22億ドルを大幅に上回る。

現在、Pinnacle Entertainmentは、カジノ・エンタテインメント16施設(11の規制管轄区)を所有している。なお、Pinnacle Entertainmentは、カジノ・エンタテインメント4施設を、Boyd Gamingに売却(USD575mn、現金)する契約を締結済み。今後、買収完了前に、売却は完了する流れ。

なお、Penn National Gaming、Pinnacle Entertainmentとも、大半の不動産アセットを、REIT会社Gaming & Leisure Properties Inc.に譲渡・リースバック済み(Penn Nationalは2013年11月に、Pinnacle Entertainemntは2015年7月に実施・決定)。

取引の条件は以下の通り。
・買収対価は19億ドル(株式交換+現金)
・2018年後半に完了予定
・今後の両社の株主総会、および、各ゲーミング規制管轄区の承認を条件とする

Penn Nationalの狙いは以下の通り。
・コスト削減=年間USD100mn
・ロイヤリティ・プログラムの統合
・成長市場(ラスベガスなど)への取り組み強化

Penn National Gaming 2016年度業績
・売上高$3,034mn、YoY7%増、調整後EBITDAは$844mn、YoY6%増、営業利益$543mn、YoY16%増、当期利益は$109mn(前期ほぼ収支均衡)
Pinnacle Entertainment 2016年度業績
・売上高$2,379mn、YoY4%増、調整後EBITDAは$617mn、YoY6%増、営業利益$146mnの赤字(前期301mnの黒字)、株主帰属当期利益$457mnの赤字(前期$49mnの黒字)
Boyd Gaming Corporation 2016年度業績:
・売上高$2,184mn、YoY1%減、調整後EBITDAは$630mn、YoY4%増、営業利益$261mn、YoY4%減、株主帰属当期利益$418mn、YoY9倍
 
カジノIRジャパン関連記事:
・米国リージョナル大手の動向
米国:リージョナル事業者の統合 Eldorado ResortsがIsle of Capriを17億ドル買収 コスト効率化
米国:リージョナル3社 Boyd, Penn, Pinnacle 2016年度1Q 順調 ただし、財務改善が課題
米国:リージョナル大手3社 Boyd, Penn, Pinnacle 2015年度業績 収益改善。REIT活用も負債重い
 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Kansai-IR-Expo-2019
G2E-Asia-2019

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.