カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





Melco Resorts 2017年度4Q業績 2ケタ増収増益 マカオ、フィリピン好調 日本参画意欲を強調

2018-02-09

【海外ニュース】

2月8日、Melco Resorts & Entertainmentが2017年度4Q実績を発表。

営業利益は、4Q(10-12月)が$129mn、YoY11%増、4Q累計(1-12月)が$608mn、YoY67%増。

収益柱であるCity of Dreams(マカオ、2009年6月開業)は、マカオ市場の好調をストレートに反映。
Studio City(マカオ、2015年10月開業)とCity of Dreams Manila(フィリピン、2014年12月開業)が、それぞれ立ち上がり期を経て業績貢献。

CEOであるローレンス・ホー氏の主なコメント
・マカオは、成長が持続へ。中高所得者層の拡大、港珠澳大橋など交通アクセス改善、コタイ地区新規IRが貢献
・IR施設へのアップグレード投資を実施
 City of Dreams ホテル:NÜWA, The Count:Down, Morpheus)
 Studio City:エンタテインメントコンテンツおよびアクセス改善。第二期投資計画を検討中
・日本進出は、引き続きコア・フォーカス

2017年度4Q業績(10-12月):
・売上高$1,333mn、YoY12%増、調整後EBITDAは$305mn、YoY12%増、営業利益$129mn、YoY11%増、株主帰属当期利益$81mn、YoY88%増
・プロパティ別の営業利益
 -Altira Macau=$17mn、YoY5.3倍
 -Mocha=$7mn、YoY37%増
 -City of Dreams=$170mn、YoY10%減
 -Studio City=$91mn、YoY61%増
 -City of Dreams Manila=$54mn、YoY7%増

2017年度4Q累計業績(1-12月):
・売上高$5,285mn、YoY17%増、調整後EBITDAは$1,285mn、YoY32%増、営業利益$608mn、YoY67%増、株主帰属当期利益$347mn、YoY97%増
・プロパティ別の営業利益
 -Altira Macau=$21mn、YoY4.0倍
 -Mocha=$27mn、YoY12%増
 -City of Dreams=$805mn、YoY8%増
 -Studio City=$336mn、YoY2.2倍
 -City of Dreams Manila=$235mn、YoY47%増

ゲーミング・コンセッションは2022年までに満期。2017年から早期償還オプション。政府対応に注目

マカオでは、6事業者(中国系3社、米国系3社)がゲーミング・コンセッション(サブ・コンセッションを含む)を所有しており、それらは2020-2022年に満期を迎える。
また、マカオ政府は2017年より、コンセッションを早期償還できる権利を得る(政府は早期償還権を行使する場合、1年以上前にノーティスする必要がある)。

仮に、コンセッションが維持されない場合、事業者は、営業権を失い、さらに、すべての設備を対価なしに、マカオ政府に移管することが義務付けられている。
各社にとり、コンセッションの喪失は、事実上、マカオ事業すべての喪失を意味する。

現在、マカオ政府は、満期後の対応について、検討を進めている。

2017年5~7月にかけて、政府高官がコンセッション満期について相次いで発言。ポイントは、
・政府は、すべての実行可能な方向性を検討
・コンセッション満期は、最大5年間の延長が可能
・満期後は、新規コンセッション付与プロセスが必要であり、”新たな入札”も選択肢

このうち、”新たな入札”発言は、6事業者に激震を与えた。
それまで、政府関係者は、”更新(Renewal)”と表現し、6事業者はそこに満期後も現状維持のニュアンスを感じ取っていた。
しかし、政府が”新たな入札”と表現したことで、事業者再募集・選定、入れ替えのニュアンスを読み取ったわけだ。

図表:マカオ カジノ運営6事業者のコンセッション満期日

コンセッション満期日 事業者 証券取引所 カジノ施設数 獲得順
2020年3月31日 SJM Holdings 香港証券取引所 21
2020年3月31日 MGM China 香港証券取引所 5(サブ)
2022年6月26日 Wynn Macau 香港証券取引所
2022年6月26日 Galaxy Entertainment 香港証券取引所
2022年6月26日 Sands China 香港証券取引所 4(サブ)
2022年6月26日 Melco Resorts & Entertainment NASDAQ 6(サブ)

注1:カジノ施設数は2017年3月末時点
注2:(サブ)はサブコンセッション。Sands ChinaはGalaxy Entertainmentより、MGM ChinaはSJM Holdingsより、Melco Resorts & EntertainmentはWynn Macauより取得
 
カジノIRジャパン関連記事:
・ Melco Resorts & Entertainment 事業
IR企業動向:Melco Resorts セーフガード”MelGuard”記者説明会~海外事業者、依存症対策PR
ローレンス・ホー氏(Melco Resorts, CEO)ポートフォリオ見直し~ロシア撤退、キプロス追加出資
マカオ:Melco Resorts Studio City運営会社のIPO検討~資本再編に向けフェアバリュー模索
IR関連企業動向:Melco Resorts ローレンス・ホー氏「中国問題は豪Crownの日本進出の障害に」
キプロス:香港Melco Int’l Dev 5億€IR ライセンス取得、地元資本とのJVの支配株主に
IR関連企業動向:Melco Resorts CEO 大阪府市の首長と面談「大阪企業と一緒に運営したい」
Melco Resorts&Entertainment:Crown Resortsと提携解消 アジア・日本展開の協業合意も終結
Melco Crown Entertainment 社名変更Melco Resorts & Entertainmentへ 株主構造変化を反映
IR関連企業動向:Melco Crown ~ フォーラム:地域パートナー重視し、コンソーシアム組成へ
Melco Crown Entertainment Crown側が株式一部売却 ボード構成変化 Melco側が支配力強化
マカオ:Melco Crown マカオでは初めて顔認証システムを導入 米国ではプライバシー保護の懸念も
フィリピン:Melco Crown (Philippines) Resorts 27億PHP(約73億円)の増資 設備増強に向けて 
・ Melco Resorts & Entertainment 業績
Melco Resorts 2017年度3Q業績 EBITDA過去最高 マカオ、フィリピン好調 日本参画意欲を強調
Melco Resorts 2017年度2Q業績 大幅増益 マカオ、フィリピン好調。日本進出の意欲強調
Melco Resorts & Entertainment 2017年度1Q業績 利益YoY3倍 StudoCity、フィリピン貢献
Melco Crown 2016年度4Q 業績回復、大型施設群が黒字化 ローレンス・ホー氏の支配力拡大
Melco Crown Entertainment 2016年度2Q Studio City、CoD Manilaとも黒字に 先行投資開花
Melco Crown Entertainment 2016年度1Q 業績底打ち感 新規IR立ち上がり、マカオ安定化
フィリピン:Melco Crown (Philippines) 2015年度業績 通期損失220億円。開業負担が重い
マカオ:Melco Crown 2015年度&4Q業績 4Qは僅かに赤字だが、今後のビジビリティ改善を示唆

マカオ:Melco Crown Studio Cty ローン・コベナンツ見直し成功 資本再編は起こらず
 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
KGPS2018
G2E Asia 2018

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.