カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





誘致レース(324)大阪府市=大商がIR実施法提出に期待表明~関西経済3団体足並み一致

2018-04-30

【国内ニュース】

与党(自民党、公明党)は、IR実施法案において、区域認定数の上限を「3ヵ所」と法定することで合意。
また、区域認定について、2サイクル実施をに検討することとなった。

IR実施法の成立後、自治体(都道府県、政令指定市)は、事業者選定およびIR整備計画策定のプロセスに入る。
2021年前後、政府は、第1サイクルの区域認定(自治体からの区域認定申請の受付、選定)を実施する見通し。

なお、区域認定数見直し時期は、地方の声にも配慮する観点から、「最初の区域認定から7年経過後」とすることで合意。

大阪府市(民間)

大阪商工会議所がIR実施法案提出に期待コメント表明~関西経済3団体足並み一致

・4月27日、大阪商工会議所がIR実施法案提出にコメント発表
・関西経済連合会、関西経済同友会は従前より誘致推進。大阪商工会議所は、慎重であったが、4月20日に誘致容認を明言
・大阪商工会議所のコメント
「(IRは、)世界中から観光客を集め、観光立国を目指す日本の成長に寄与する」
「依存症など社会的弊害を極小化する対策を万全に講じてほしい」
・関西経済3団体(関西経済連合会、関西経済同友会、大阪商工会議所)がIR誘致に足並みそろう

京都商工会議所・会頭 大阪市IRに協力。京都への誘致は否定

・4月24日、京都商工会議所の立石義雄会頭は、記者会見で大阪府市IRへの協力方針を表明
 「関西全体の経済活性化が期待されている。是々非々で協力できる点は協力する」
・一方、京都へのIR誘致には距離を置く方針
 「京都は世界の文化都市。京都の行政・経済界としてはIRを否定的に捉えている」

大商 尾崎会頭 IR誘致容認~関西経済3団体が足並み一致

・4月20日、大阪商工会議所の尾崎裕・会頭(大阪ガス会長)は、定例記者会見で、IRについて言及
・夢洲のIR整備構想について、消極的ながら、容認する姿勢を示した。IR実施法案の全体像が固まり判断
「全体をみて大阪・関西の発展に役に立つものなら、消極的には受け入れていかないといけないと思う」
「国際会議場や大規模劇場、ホテルなどIR全体をビジネスとして考え、地元経済の発展につなげるように、行政と民間で考えないといけない」
・関西経済3団体(関西経済連合会、関西経済同友会、大阪商工会議所)がIR誘致に足並みそろう

大阪府市=日本総研(三井住友FG)万博IR経済効果 2025年2.6兆円

・11月30日、日本総研が大阪市夢洲におけるIRの経済効果を発表
・日本総研は、三井住友FG系のシンクタンク。三井住友FGは、大阪府市において最も影響力が強いメガFG
・以下は、発表のポイント
「東京一極集中が続き、関西経済の地盤沈下が続くなか、関西は経済活性化の起爆剤となる産業を培っていく必要」
「インバウンド等が好調な関西にとって、万博・IRは関西の強みを活かす成長戦略の一つとの位置付けが可能」
「政府と大阪市は万博とIRの経済効果を試算。これらは過去事例等との比較において一定の合理性あり」
「政府・大阪市試算をベースに万博・IRの経済効果を試算すると、①2024年までがIR開業前で2,600億円/年、IR開業後で9,500億円/年、②2025年が2.6兆円、③2026年以降が1.1~1.3兆円/年」

関西経済3団体~関西経済連合会、関西経済同友会はIR誘致推進。慎重派の大阪商工会議所も容認

関西経済連合会
・2015年にIR誘致のスタンスを表明
・2015年2月、関西広域観光戦略を策定し、そこにカジノを含む統合型リゾート(IR)の活用を盛り込み。2016年度事業計画において、IR誘致を重要テーマと位置付けた
・2016年11月、森詳介会長(関西電力相談役)は、早期のIR推進法案の成立を要望
・万博とIRがセットしたことで、誘致の方針が強固に
・2017年5月、松本新会長 松井知事と対談「IRやるべき」 初めて推進の立場を明確に
・2017年11月、松本正義・会長が第4次安倍内閣発足にコメントを発表
「特に、IR実施法の早期成立等を通じた観光先進国の実現と、2025年国際博覧会の誘致獲得を期待」
・2018年1月5日、松本正義・会長(住友電気工業会長)が2018-2020年度の第3期中期計画を発表
・5つの基軸は、(1)グローバル・アジア(2)産業・イノベーション(3)スポーツ(4)地方創生(5)文化/観光
 「文化/観光」の取り組みの柱は、大阪市夢洲への2025年万博、IRの誘致
 「夢洲IRは、スポーツ施設、スポーツ振興を。ボクシングの世界戦も考えられる」

関西経済同友会
・長年、代表幹事が積極的に、政府、大阪府・市に対して、IR法整備と大阪市への誘致の働きかけ続けてきた
・関西MICE・IR推進委員会(委員長=福島伸一 大阪国際会議場 取締役社長)が提言
・2016年11月、「4分科会提言~『募集要項』に盛り込むべき事項~」「日本で採用すべきギャンブル依存症対策」
・2016年11月、「平成29年度予算・税制改正大綱に望む~成長戦略と財政再建を着実に実行し、次世代に引き継ぐ国創りを~」。2014年以来、三年連続でIR実現を提言
・2017年6月、「緊急要望:真に地域経済の振興に寄与するIR実現に向けて ~IR実施法案策定に求める4項目~」
・2017年8月、「Well-Being新産業創造と世界最高水準の日本型IRに向けた 夢洲まちづくりへの提言」
・2017年11月、両代表幹事による緊急提言「新政権に望む」発表。2025年万博前にIR開業できるスケジュール実現を要望・提言
・2018年1月初、鈴木博之・関西同友会代表幹事
 「IR誘致は有効な政策」
 「(カジノ部分について、)ギャンブル依存症などの問題にしっかり対応すれば、経済的なメリットは大きい」
 「カジノ税収の半分を地域に還元すれば、文化振興や教育問題に充てられる」

大阪商工会議所
・2016年11月、大阪商工会議所の尾崎裕会頭(大阪ガス会長)
「大阪の街の活性化、発展につながる施設なら、積極的に受け入れていきたい」
「大商にもいろいろな意見がある。(依存症対策など)市の具体的な考えを聞ければ、もう一度議論したい」
・2017年9月、大阪商工会議所の尾崎裕会頭(大阪ガス会長)
「賛成、反対を決めるのはふさわしくない」
「IR事業者、行政、経済界が協議できる場が必要」
「事業計画、(開業後の)評価に大阪経済界が関与できるようにすべき」
「地元中小企業からの調達率の設定、広域的な経済効果の創出が必要」
・2017年11月、立野純三・副会頭(ユニオン・社長)は、就任時にIR誘致に強い意欲を表明
「(IRについて、)ぜひ進めたいと思う」
・2018年1月初、尾崎裕会頭(大阪ガス会長)
 「(万博誘致とIRの)連動が必要か分からない」
・2018年3月、吉田昌功氏(近鉄グループホールディングス社長)が副会頭に就任。IRには前向き
・2018年4月、大阪商工会議所の尾崎裕会頭(大阪ガス会長)、IR誘致容認
「全体をみて大阪・関西の発展に役に立つものなら、消極的には受け入れていかないといけないと思う」

大阪府市(行政)

松井知事 遅くても2024年開業 大阪のために事業者群と交渉

・4月25日、松井一郎・知事が、定例会見にて、IRについて言及
・開業タイミングについて
「われわれが今、目指しているのは2023年度中というのが一つの目途」
「ぎりぎりで、遅れても(2025年国際博覧会前の)2024年には大阪でIRを実現させたい」
・IR事業主体について
「われわれ地方自治体は、大阪に対しての貢献をIR事業者に求める。こちらが求める条件で交渉する」
「相手(大阪IR事業を目指す企業)も数社あるから、できるだけわれわれの条件に見合うところと一緒にIRをつくり上げる」
・4月27-28日に大阪市内で開催されるIR展示会「関西IRショーケース」について
「(海外IR事業者が6社出展することについて、)大阪への興味と関心、意欲の表れだと思っています」

都構想の住民投票~維新、自民の駆引激化。IR誘致とも関連

・4月13日、安倍首相が自民党大阪府連の会合で、都構想反対のスタンスを明言したと報道された
・大阪維新の会(代表:松井一郎・大阪府知事)は、2回目の住民投票について、当初初2018年9-10月を目指す方針であったが、ここにきて来春を想定する流れ
・都構想の住民投票の結果は、IR誘致の行方に大きく影響する
・2015年5月、1回目の住民投票では否決となり、その後、大阪維新の会、松井一郎・知事の力が低下し、IR作業が事実上ストップした
・2015年11月、大阪府知事・市長ダブル選で、松井一郎氏、吉村洋文氏が圧勝し、IR作業が再開
・大阪維新の会、日本維新の会の力が、IR作業の推進力、そして、政府との構想力に影響する

府 立命館大と包括協定 万博IRなど理念共通 IR講義も

・4月11日、大阪府は立命館大学と包括連携協定を締結
・「子ども・福祉」「地域活性化」「府政情報の発信」など9分野
・立命館大学の吉田美喜夫・学長
「万博やIRの誘致など、府はグローバルな視点で事業展開していて本学の理念と共通する」
・IRや観光をテーマとした講義も予定

IR実施法に関する与党合意に 松井知事、吉村市長「想定内。入場料足かせならず」

・松井一郎・大阪府知事、吉村洋文・大阪市長が、IR実施法に関する与党合意にコメント
・松井一郎・大阪府知事。与党IRに関するWT第6回の論点となった入場料について、
「入場料6000円が大阪で考えているIRの足かせになるようなことはない」
・吉村洋文・大阪市長が、与党合意の全体に
「大阪市が、考えていたような内容」

府市IR推進局 2017年度 合計10回 府市民向けIRセミナー開催~合意形成を加速

・3月28日、大阪府市IR推進局は、10回目「知る、分かる、考える、統合型リゾート(IR)セミナー」を開催
・10回までの延べ出席者数は700名超
・各回のテーマは、「IRとは」「大阪がめざすIR」「ギャンブル依存症対策」「インバウンド」など

IR事業化アドバイザリー業務 PwC共同企業体で決定

・2月21日、大阪府市IR推進局は、大阪IR事業化に関するアドバイザリー業務の最優秀提案者を決定
 最優秀提案者=PwC大阪IR共同企業体(代表構成員:PwCコンサルティング合同会社)
 次点者=新日本有限責任監査法人
 その他=あずさ監査法人大阪事務所グループ(代表構成員:あずさ監査法人大阪事務所、構成員:ベーカー&マッケンジー法律事務所、三宅法律事務所、みずほ総合研究所)
・最優秀提案者の選定理由
 「海外IR事業の制度設計・事業者公募・ゲーミング規制等に関する知見・アドバイザリー実績を有する担当者を複数配置」
・業務概要
 事業化検討支援(前提条件・基本的事項の整理、大阪IRの事業環境・潜在市場規模の調査・分析、開発条件・事業実施条件の基礎検討等)
 事業設計支援(開発条件・事業実施条件、応募条件・事業枠組、契約条件、公募プロセス・審査基準及び事業性等の検討、府市財政への影響分析、市場調査等)
 公募準備支援、公募手続支援、契約交渉等支援
・契約期間:契約締結日から2021年2月26日まで
・委託上限額:3億7,720万円(消費税及び地方消費税を含む。2018年度から2020年度まで債務負担行為)
・なお、2017年12月12日、大阪府市IR推進局は「大阪IRの事業化に関するアドバイザリー業務」の受託事業者募集を発表

平成30年度当初予算案~IR推進局8,835万円, 依存症対策推進

・2月16日、大阪府は、平成30年度当初予算案を公表
・府市IR推進局の予算額は8,838万円、前年比185.3%
 事業者公募や区域認定申請に向けた準備=7,120万円
 府民の理解形成への情報発信=660万円
 ギャンブル依存症対策推進=620万円
・府の健康医療部、市においても、ギャンブル等依存症対策を推進

大阪港 クルーズ母港化を推進 インフラ拡充、関空、IR誘致との相乗効果

・3月、大阪港天保山を発着地とする、クイーン・エリザベスのクルーズが実現へ。国内や韓国を巡る一週間クルーズ
・2018年の入港隻数は、1月時決定分で68隻(寄港28隻、発着40隻)。過去最高であった2017年の50隻(寄港22隻、発着28隻)を大きく更新へ
・大阪市は、岸壁使用料の免除、接岸設備改良を実施。今後、客船ターミナルの拡張・更新(入出国手続き増強)
・港別のクルーズ入港回数では、中国・韓国から近い九州が上位を独占する。一方、大阪は、経済効果が大きい、発着、母港化を推進する
・大阪港の発着、母港化における強みは、都市観光魅力、関空からのフライ&クルーズ、そして、IR誘致との相乗効果

大阪府 2018年度 IR女性・家族理解、依存症予防施策を強化

・1月30日、NHKは、大阪府の2018年度へのIRへの取り組みについて報じた
・大阪府市は、2018年度、引き続き、IR誘致、夢洲まちづくり事業を推進へ。新年度予算案にも反映
・大阪府は、2018年度には、女性・家族向けの理解形成、高校生を対象としたギャンブル依存症予防策を含む
・女性・家族向けの理解形成
 大阪府市IR推進局は、2017年度にIR府民セミナーを約10回開催。参加者には、ビジネスマンが多い傾向
 2018年度には、IRへの理解が進まず、不安を持つ層が多い、女性・家族を重点とする
・高校生を対象としたギャンブル依存症予防策
 依存症対策では、予防が効果的とされる。とくに、社会人直前の高校生をターゲット
 具体的には。府内3年生全員にリーフレット配布、専門家による高校での講演会を企画

第6回IR推進会議 府民セミナー参加者~経済活性期待7割

・12月22日、大阪府市IR推進局は、第6回IR推進会議を開催
・議事
-ギャンブル等依存症対策の取組みについて
-IR誘致に向けた理解促進の取組みついて
-これからのまちづくりについて
・IR推進局は、府民・市民向けセミナーの開催動向、アンケート結果報告
-セミナー開催は計8回。参加者は合計617名
-アンケート結果
 大阪IRへの期待=経済の活性化・ビジネスチャンスの増加66%、文化・芸術の振興34%、家族や友人と遊びに行ける場所の増加25%、働く場所ができること21%
 大阪IRへの懸念=観光客の増加に伴うトラブル39%、交通問題36%、犯罪増加33%、ギャンブル依存症患者の増加33%、青少年への悪影響26%

大阪府市IR推進会議

・大阪府市IR推進局は、IR推進会議(有識者、IR推進局長で構成)を開催
・第1回(3月30日)、第2回(5月23日)、第3回(6月29日)、第4回(7月24日)、第5回(8月31日)、第6回目(12月22日)
・第5回IR推進会議にて、府市IR推進局は、IR基本構想案の中間骨子を提示
「大阪、関西の持続的な経済成長のエンジンとなる世界最高水準の成長型IR」
・IR推進会議の議題
 1.大阪がめざす方向性・IRの必要性
 2.大阪IRの基本コンセプト
 3.大阪IRの概要
 4.IR立地による効果
 5.懸念事項と最小化への取組
 6.地域の合意形成(府民理解の促進)に向けた取組
 7.全体スケジュール
・スケジュール
-12月までに月一回ほど推進会議を開催し、IR基本構想(案)を策定
-IR実施法および府市両議会での議論などを踏まえ、年度内に基本構想をまとめる

 

大阪府市、IR業者に地下鉄延伸200億円負担を検討 ~ 朝日新聞

・12月25日、朝日新聞は、大阪府市が大阪市営地下鉄の延伸費用について、200億円相当をIR業者に負担させる方向で検討していると報じた
・現状、夢洲への交通手段は自動車に限定される。夢洲への鉄道アクセスは二つのルートが想定される
-大阪市営地下鉄中央線(大阪市)=コスモスクエア駅から夢洲までの延伸工事に着手。2024年の運行開始を目指す。整備費は約540億円
-JR桜島線(JR西日本)=桜島駅から夢洲まで延伸を検討。整備費は約1,700億円

松井一郎・大阪府知事=「IRは関西企業が必要。海外IR事業者だけでは壁」

・11月22日、松井一郎・知事は、新聞社のインタビューに対応。府知事・市長ダブル選から2年後のタイミング
・夢洲におけるIRに参入を検討する事業者に望むこと
「外資系のIR事業者だけでは、風土、習慣、文化などの壁がある」
「関西企業が参画し、外資系のIR事業者と組んでほしい」
「地元の経済団体との協議も必要」

「IR推進局における事業者対応等指針」策定。事業者の売り込み合戦加熱

・IRの事業者選定は、大きな利権になり得る。事業者の行政側への売り込み合戦が過熱
・大阪府、大阪市が、IR事業者との接触ルールを策定。近く運用を開始
-事業者との面会は原則として庁舎内
-職員2人以上で対応する。職員1人でIR事業者と面会することを禁止
-事業者との個人の電話、メールでのやり取りを禁止
-事業者との面談・意見交換は、府市の共同部署「IR推進局」のホームページなどで公表
-面談・意見交換の相手先や日時、場所などを同局の局長に報告し、了承を得る必要があり、終了後には報告書を提出
・現行の府市の内規では、利害関係者との飲食などは禁止されているが、面会の規制はなかった

大阪府市IR推進局(2017年4月3日発足) 役割

・大阪府市が共同で、IR誘致に関わる事務を担当
・大阪府、大阪市の職員合わせて30人強の部署
・IR推進会議(有識者、IR推進局長で構成)を主催
-大阪IR基本構想(案)を策定
-IR実施法案および府市両議会での議論などを踏まえ、年度内に基本構想をまとめる
・大阪府民への理解促進を推進
-2018年2月までに、府民向けIRセミナーを10回以上開催へ

大阪府市 2025年国際博覧会の誘致、夢洲まちづくり構想~IRと万博がセット

国際事務局(BIE)の調査団へのPR成功~ポジティブ、好印象、高評価

・3月5-9日、2025年国際博覧会(万博)の国際事務局(BIE)の調査団が会場候補地視察のため大阪市を訪問
・団長は「全般的にはポジティブ」、大阪府市、経済界)らは「好印象、高評価を得た」などと表現
・調査団の評価点は、会場、交通インフラ整備見通し、政府の支援(財政保障)、経済性、国民の支持など
・調査団は、夢洲へのIR誘致については、「万博とは関係ないプロジェクト」と理解

パリが万博を断念、大阪の確度上昇 IR誘致の必然性も高まる

・1月21日、フランス首相が、パリへの2025年万博誘致を断念する意向を持つことが明らかとなった
(注)22日、フランスが誘致撤退を正式に認めた
・パリが断念すれば、立候補は、大阪市、ロシア・エカテリンブルク、アゼルバイジャン・バクーとなる
・従前、日本は、誘致レースでフランスをライバル視してきた。パリの断念は、大阪市の誘致の確度を高める
・2025年万博の開催地は、2018年11月のBIE総会における加盟国(現在は168カ国)の1国1票の投票で決定
・大阪府市は、夢洲の再開発において、万博とIRをセット、両輪と位置付ける
・IRには、夢洲の都市インフラ開発(鉄道など)、万博開催コスト財源、万博後レガシー最大化の役割を期待
・夢洲への万博誘致の確度の高まりは、必然的に、大阪府市がIR区域認定を受ける確度を高めると考えられる

万博会場建設費 政府、府市、経済界の三者等分負担で合意  経済界負担が課題

・2017年4月、政府、大阪府・市、経済界は、万博会場建設費(1,250億円)を三者等分負担で大筋合意
・経済界の負担分調達が課題
-現金寄付
-自社製品など現物提供
-投資の枠組み整備(資金拠出のリターンとして、会場用地の使用権を付与など)
-公営競技からの補助金
-日本万国博覧会記念基金(1970年大阪万博の収益金、約190億円)の活用

2025年万博 経済産業省 報告書

テーマ 「いのち輝く未来社会のデザイン」
開催期間 2025年5月3日~11月3日
会場 夢洲の中央部第二期(60ha)を含む約100ha
入場者数想定 2,800~3,000万人
会場建設費 1,250億円(国、府・市、民間が負担)
事業運営費 800~830億円(入場料収入など充当)
関連事業費 730億円以上(鉄道アクセス、追加埋め立て)
経済波及効果 1.9兆円

 

大阪府市 夢洲まちづくり構想~万博とIRがセット

・2017年2月、大阪府市・経済界は「夢洲まちづくり構想(案)」をまとめ、第一期(北側70ha)にIRを誘致
 ~2024年ごろ開業を想定
 ~大阪府・市は、万博がない場合でも、IR誘致を推進する方針
・夢洲(390ha)は、東部「物流」、中央部「観光・産業」、西部「グリーンテラス」の3ゾーンに分類
・構想案は、中央部「参考・産業」の170haを対象とする
・構想案は、第三期の開発スケジュール
 第一期=北側70haを対象に、IRを誘致(2024年ごろに開業)(*)
 第二期=中央60haは、2025年国際博覧会(万博)会場、万博後はエンターテインメント、医療ツーリズム、スポーツツーリズムの機能拡充
 第三期=南側40haは、将来、長期滞在型リゾート施設を整備
(*)2月8日、松井一郎・大阪府知事は、IR開業を2024年ごろから2023年に前倒しを目指す方針を言及

大阪市試算-夢洲への集客人口と建設投資額

整備時期 1期(70ha) 2期(60ha) 3期(40ha)
集客人口 約1,500万人 約2,700万人 約3,000万人
建設投資額(*) 4,300億円 7,350億円 8,240億円

(*)建築物の建設投資額のみを対象。その他、敷地造成工事、外構工事、設計管理に係わる費用は考慮せず。公共施設整備は含まず
 
カジノIRジャパン関連記事:
誘致レース(323)長崎県=IR推進協議会(行政)IR基本構想有識者会議とりまとめ公表
誘致レース(322)大阪府市=松井知事 遅くても2024年開業 大阪のために事業者群と交渉
誘致レース(321)大阪府市=京都商工会議所・会頭 大阪市IRに協力。京都への誘致は否定
誘致レース(320)愛知県=中部圏社会経済研究所 ”全国に先駆けた”IR整備検討を提言
誘致レース(319)大阪府市=大商 尾崎会頭 IR誘致容認~関西経済3団体が足並み一致
誘致レース(318)横浜市=林市長 IRはまだ白紙。実施法成立まで慎重に。検討は継続
誘致レース(317)和歌山県=知事・市長 与党合意 3ヵ所入り目指す。外国人専用に温度差
誘致レース(316)北海道・苫小牧市=官民で知事にIRを要望 高橋知事、5選出馬に含み
誘致レース(316)北海道・苫小牧市=官民で知事にIRを要望 高橋知事、5選出馬に含み
誘致レース(315)大阪府市=都構想の住民投票~維新、自民の駆引激化。IR誘致と関連
誘致レース(314)大阪府市=府 立命館大と包括協定 万博IRなど理念共通 IR講義も
誘致レース(313)宮崎県=河野知事 与党合意踏まえIR誘致困難の認識。従前は積極発言
誘致レース(312)長崎県=与党合意に 県「九州経済界と連携して全力取組。地方配慮を」
誘致レース(311)大阪府市=与党合意に 松井知事、吉村市長「想定内。入場料足かせならず」
誘致レース(310)和歌山県=仁坂知事 与党合意に「全力尽くし3ヵ所に」「日本人入場も」
誘致レース(309)北海道・苫小牧市=苫小牧商議所 IR誘致要望強化。千歳、恵庭と連携
誘致レース(308)長崎県・佐世保市=IR推進協議会 有識者会議が構想案まとめ~4月公開
誘致レース(307)愛知県=県・中部国際空港島に関する研究会~提言「IR検討進めるべき」
誘致レース(306)北海道・苫小牧市=市民セミナー7~9回目「国際リゾート構想」中間報告
誘致レース(305)福井県越前市=福井経済同友会 新幹線南越駅周辺整備でIR誘致を提言
誘致レース(304)千葉市=ギャンブル等依存症の実態調査~幕張新都心IR誘致とは無関係
誘致レース(303)北海道・苫小牧市=国際リゾート構想中間報告~植苗地区。BRTなど整備
誘致レース(302)横浜市=横浜港運協会 勉強会~藤木会長「山下ふ頭はカジノなし再開発を」
誘致レース(301)千葉市=”住民による住民のための”IR誘致説明会を継続~草の根で賛意拡散
誘致レース(300)大阪府市=万博調査団「ポジティブ」評価。IRは万博と「関係ない」認識
誘致レース(299)北海道・苫小牧市=岩倉市長4選出馬、釧路市が誘致協力~道候補地一本化へ
誘致レース(298)北海道・苫小牧市=岩倉市長 市政方針で臨空IR誘致強調~釧路市と連携
誘致レース(297)北海道=髙橋知事 道政執行方針 道内IR誘致に前向きな姿勢示す
誘致レース(296)長崎県、佐世保市=30年度予算案 IR誘致に各1億円。区域認定勝取へ
誘致レース(295)大阪府市=第9,10回 府民向けIRセミナー開催概要発表~合意形成加速
誘致レース(294)大阪府市=行政、IR事業化アドバイザリー業務 PwC共同企業体で決定
誘致レース(293)長崎県=行政主催IR県民セミナー 3会場200名以上参加~理解、機運醸成
誘致レース(292)北海道:海外IR事業者・関心度 11社回答。9社が苫小牧市を第一候補
誘致レース(291)長崎県佐世保市=市30年度当初予算案~IR誘致1億円。区域認定勝取へ
誘致レース(290)和歌山県=県 30年度当初予算案~IR誘致6,998万円。地方型実現目指す
誘致レース(289)大阪府市=府市 30年度当初予算案~IR推進局8,835万円, 依存症対策推進
誘致レース(288)長崎県=IR構想策定の有識者会議 第2回~RFI38提案。構想まとめへ
誘致レース(287)鳴門市=IR誘致勉強会~市内関係者の一致団結、行政への事務要請を推進
誘致レース(286)愛知県=県 新年度予算案 中部国際空港島の総合整備。IR誘致も想定
誘致レース(285)千葉市=幕張テニスフェスタ IR誘致説明会を併催~住民に賛意、拡がる
誘致レース(284)大阪府市=関西財界セミナー 万博&IRに期待「関西一円に観光客回遊を」
誘致レース(283)沖縄県=名護市長選 自民系当選 11月の知事選がIR誘致方針に影響
誘致レース(282)長崎県=知事選 中村氏3選 県政支持を受け、IR誘致が一段と加速へ
誘致レース(281)大阪府市=大阪港 クルーズ母港化を推進 関空、IR誘致との相乗効果
誘致レース(280)大阪府市=大阪府 2018年度 IR女性・家族理解、依存症予防施策を強化
誘致レース(279)愛知県=県・研究会 有識者委員が現地視察~次回、取りまとめ。IR誘致へ
誘致レース(278)横浜市 2018年度予算案=IRは前年同様の調査費 中計方針=IR言及なし
誘致レース(277)北海道 苫小牧市=市IRセミナー6回目。年度内9回~市、学識者が理解促進
誘致レース(276)長崎県=行政、市民団体 県民セミナー活発化~多様な情報提供、理解促進
誘致レース(275)千葉市=幕張ベイタウン関係者 Caesarsと面談@ラスベガス~協業可能性
誘致レース(274)愛知県=大村知事「IR実施法案を注視。依存症対策は県でしっかり計画策定」
誘致レース(273)大阪府市=パリが万博を断念、大阪の確度上昇 IR誘致の必然性も高まる
誘致レース(272)留寿都村=加森観光 IR投資1,700億円 500com社など中国投資家と合意
誘致レース(271)横浜市=横浜商議所 年頭会見「IR誘致へ体制構築。市、港運協会と協議へ」
誘致レース(270)長崎県=知事選前に長崎新聞が県民調査 IR賛成過半。県北、若者けん引
誘致レース(269)和歌山県=IRシンポジウム 県・市・経済界一体の誘致推進「地方に門戸を」
誘致レース(267)横浜市=山下ふ頭再開発 一部先行開発見送り~政府IR方針との整合性維持
誘致レース(266)大阪府市=関経連・松本会長「IRはスポーツ振興を」~健康医療と連動
誘致レース(265)横浜市=林市長 山下ふ頭再開発 計画遅れ示唆。業者との移転契約難航
誘致レース(264)北海道:苫小牧商工会議所 宮本会頭「市へのIR誘致に全力を尽くす」
誘致レース(263)和歌山県=1月15日IRシンポジウム~県議会議長も登壇。知事・議長が一丸
誘致レース(262)北海道:高橋知事「(誘致エリア)絞り込み検討。事業者に苫小牧市が人気」
誘致レース(261)大阪府市=関西経済3団体 2018年所感 関経連、同友会はIR誘致強調
誘致レース(260)横浜市=林市長 新年インタビュー「IRは白紙。国の動向を注視」
誘致レース(259)横浜市=横浜港運協会 藤木会長「山下ふ頭再開発は、港湾人が関与・推進」
誘致レース(258)長崎県=中村知事 年末年始に、観光振興、IR誘致実現の重要性を強調
誘致レース(257)大阪府市=関経連・松本会長 2018年 万博IR誘致 官民一体の取組強化
誘致レース(256)愛知県=中部国際空港島 クルーズ岸壁整備検討へ~MICE・IR相乗効果
誘致レース(255)誘致エリア首長 2018年への意気込み~大阪府、長崎県、和歌山県
誘致レース(254)大阪府市=第6回IR推進会議 府民セミナー参加者~経済活性期待7割
誘致レース(252)千葉市=幕張ベイタウン 長谷川豊氏IR啓蒙@住民イベント 署名活動推進
誘致レース(251)長崎県=Galaxy「HTB地域に強い興味」~RFIが関心喚起。最大手級も
誘致レース(250)大阪府市=行政、IR業者に地下鉄延伸200億円負担を検討 ~ 朝日新聞
誘致レース(249)長崎県=議会「IR整備に関する意見書」可決~政府, 国会に早期法整備要請
誘致レース(248)千葉市=幕張新都心 地域事業者が女性住民にIR誘致を啓蒙。署名活動開始
誘致レース(247)愛知県常滑市=中部国際空港 展示場開発, G20, IR誘致~ 合意形成進む
誘致レース(246)和歌山県=1月15日、IRシンポジウム。地方型の必要性 仁坂知事が進行役
誘致レース(245)北海道・北広島市:高橋知事 平和IR提案に「北広島市長の判断を注視」
誘致レース(244)長崎県=県市IR推進協議会 RFI説明会@長崎 延べ120名強参加
誘致レース(243)大阪府市=IR推進局 IR事業化アドバイザリー受託事業者の募集発表
誘致レース(242)大阪府市=関西経済連合会・会長 2017年レビュー「万博、IR誘致本格化」
誘致レース(241)大阪府市=関西経済同友会 りそな銀の代表幹事輩出を内定~IR誘致加速
誘致レース(240)和歌山県=仁坂知事 IR内カジノ外国人専用方針見直し可能性示唆
誘致レース(239)長崎県=長崎県・佐世保市IR推進協議会 RFI説明会 80名強が参加
誘致レース(238)大阪府市=IR推進局、年内にもIRアドバイザーの公募プロセス開始へ
誘致レース(237)大阪府市=関西経済同友会・代表幹事「IRの24年開業に特別措置を求める」
誘致レース(236)大阪府市=日本総研(三井住友FG)万博IR経済効果 2025年2.6兆円
誘致レース(235)和歌山県=仁坂知事 政府に対して「地方参入を可能に。大都市振興では困る」
誘致レース(234)長崎県=IR基本構想策定の有識者会議 第1回~年度内に取りまとめへ
誘致レース(233)大阪府市=松井知事「IRは関西企業が必要。海外IR事業者だけでは壁」
誘致レース(232)長崎県=IR基本構想策定 有識者会議、アイデア公募(RFI)公表
誘致レース(231)苫小牧市=新千歳空港周辺「臨空ゾーン」開発推進。IR誘致に先駆け
誘致レース(230)留寿都村=ルスツリゾート 加森観光とNISADEが戦略的開発提携~IR視野
誘致レース(229)鳴門市=市長選 現職・泉氏が無投票3選~速やかなIR導入可能性調査実施を
誘致レース(228)大阪府市=政府 万博事務局総会で2025年誘致にプレゼン。IR開業セット
誘致レース(227)愛知県=中部空港島へのIR誘致研究会 第3回~産業・観光ショーケースに
誘致レース(226)大阪府市=G20誘致に名乗り 万博・IRの呼び水に 愛知県と一騎打ち
誘致レース(225)宮崎県=河野知事 韓国IRパラダイスシティ視察へ セガサミー働きかけ
誘致レース(224)大阪府市=関西経済同友会 政権に緊急提言~万博前IR開業、早期法整備を
誘致レース(223)大阪府市=大商・新副会頭 IR誘致に強い意欲 経済三団体一致の可能性
誘致レース(222)千葉市=幕張テニスフェスタ 100名以上~地域住民がIR誘致の啓蒙活動展開
誘致レース(221)大阪府市=関経連・会長 新安倍内閣に「特に、IR実施法の早期成立を期待」
誘致レース(220)千葉市=幕張新都心へのIR誘致に女性市民の会が始動~日本初。機運醸成へ
誘致レース(219)苫小牧市=苫小牧港開発 フェリー強化 交通観光が統合拡充 IR起爆剤に
誘致レース(218)大阪府市=松井知事、関西経済同友会「IRの遅れ懸念。万博前の開業を!」
誘致レース(217)大阪府市=関経連・会長 衆院選後 万博誘致、IR実施法の早期成立を要望
誘致レース(216)大阪府市=関経連・会長 IR開業遅れに懸念表明~早期の実施法成立を!
誘致レース(215)苫小牧市=IR投資意向調査(RFI)国内外15社提案~予想以上
誘致レース(214)長崎県佐世保市=朝長市長・米国訪問団12日~ IR事業者面談@ラスベガス
誘致レース(213)静岡県熱海市=IR誘致関係者 衆院選でIR論戦に期待 地域活性化重視を
誘致レース(212)長崎県=IR構想策定の支援業務(含RFI)~トーマツ福岡事務所を選定
誘致レース(211)愛知県=中部国際空港エリアへのクルーズ船誘致検討 MICE、IR連動
誘致レース(210)和歌山県=和歌山IR推進協議会設立総会~経済界がけん引。委員が意見
誘致レース(209)横浜市=横浜商議所 上野会頭「早急なIR法整備を。IR必要の主張不変」
誘致レース(208)大阪府市=IR推進局 府民セミナー第二弾「IR基本構想案 中間骨子」
誘致レース(207)長崎県佐世保市=市議会「IR法整備の早期実現」を求める意見書採択
誘致レース(206)和歌山県=和歌山IR推進協議会を立ち上げへ~経済界が誘致をけん引へ
誘致レース(205)北海道=10月中に6ヵ所でIRセミナー 候補地選定、誘致判断プロセス
誘致レース(204)釧路市=蛯名市長 市議会 改めて阿寒国立公園へのIR誘致方針を明確に
誘致レース(203)和歌山県=IR基本構想アドバイザリー~トーマツ選定。RFC実施へ
誘致レース(202)長崎県=「IR推進室」を設置 誘致に向けた庁内外の調整役、旗振り役
誘致レース(201)大阪府市=補正予算案 IR関連 2020年度まで債務負担行為 3.8億円計上
誘致レース(200)苫小牧市=投資意向調査 海外事業者、ゼネコンなど10社対応~意欲活発
誘致レース(199)大阪市=大阪商工会議所 会頭「賛否表明せず。事業計画に経済界が関与を」
誘致レース(198)愛知県常滑市=県 空港島エリア整備に関する研究会(第2回)IR誘致検討
誘致レース(197)横浜市=横浜港運協 藤木会長「カジノ反対。MICE中心HR。港湾人で」
誘致レース(196)大阪市=府市IR推進局 IRアドバイザー公募へ 18年事業者選定に向け
誘致レース(195)横浜市=横浜商議所 30年度県政の要望書 IR推進 市政要望に続き
誘致レース(194)横浜市=横浜商議所 市政の要望書 IR推進5年連続 林市長は依然慎重
誘致レース(193)愛知県常滑市=空港島IR誘致 中経連・会長 否定せず。影響精査求める
誘致レース(192)愛知県常滑市=中部国際空港島 国際展示場が起工式~IR誘致機運を加速
誘致レース(191)大阪府市=第5回IR推進会議 構想 中間骨子「世界最高水準の成長型IR」
誘致レース(190)長崎県=IR導入目指し、九州・長崎が官民一体の要望活動~各党、政府へ
誘致レース(189)長崎県=IR基本構想策定等に係る支援業務委託 ~ RFIなど実施へ
誘致レース(188)横浜市=横浜商議所 川本副会頭「IRは、地元企業と外資のコンソーシアム」
誘致レース(187)横浜市=横浜経済人会議 4年連続IR提言 「他都市に遅れずIR誘致を」
誘致レース(186)大阪府市=IR誘致の情報発信事業 宣成社を選定~大阪らしさアピール
誘致レース(185)長崎県佐世保市=西九州IR研究会総会 佐世保商議所「長崎IR構想提言」
誘致レース(184)長崎県佐世保市=西九州統合型リゾート研究会総会 政府への意見表明決議
誘致レース(183)長崎県=行政・経済界 県、政府への要望を活発化~HTBへのIR誘致
誘致レース(182)苫小牧市=IR市民セミナー「国際観光都市に向けたまちづくり」第2回
誘致レース(181)大阪府=松井知事 IR実施法案に「アジアNo1エンタメ施設に向け要望へ」
誘致レース(180)北海道=IR調査&構想案募集 あずさ監査法人選定 履行期限2017年末
誘致レース(179)大阪市=関西経済同友会 大阪府市に提言「IRでWell-Being新産業創造を」
誘致レース(178)和歌山県=IR基本構想策定のアドバイザリー業務を公募=8月末に審査
誘致レース(177)佐世保市=西九州自動車道の拡張を求める集会450名~IR誘致も連動
誘致レース(176)和歌山県=県IR構想の概要~観光充実。県内全域の活性化に=読売新聞
誘致レース(175)愛知県常滑市=県「国際観光都市としての機能整備に関する研究会」第1回
誘致レース(174)関西広域連合=国にIR提言「自治体の提案に柔軟に」大阪、和歌山を念頭
誘致レース(173)和歌山県=県経済5団体 IR誘致推進セミナー~100名強参加、定員超過
誘致レース(172)愛知県常滑市=知事IR検討表明 研究会立ち上げ 年内に意見まとめ
誘致レース(171)千葉県=千葉県経営者協会セミナー「幕張新都心のIR実現へ」定員超過
誘致レース(170)横浜市=市長選 林氏3選「(IRは)ニュートラルな立場でしっかり研究」
誘致レース(169)大阪市=万博IR誘致構想が湾岸開発を加速~市の咲洲の遊休地売却への応募
誘致レース(168)佐世保商工会議所=県へIR提言「地域活性化。事業主体は地域企業が中核」
誘致レース(167)大阪市=京阪電鉄 中之島線の夢洲IRへの接続 市営地下鉄案を本格検討
誘致レース(166)大阪市=インテックス大阪の改修 or 廃止の検討開始。IR誘致との関係整理
誘致レース(165)釧路市=政府の観光施策が集中展開。国立公園開発、民間投資のIR想定
誘致レース(164)大阪府市=府市IR推進会議(第4回)独自の依存症対策、MICEなど
誘致レース(163)苫小牧市=21日、IR投資意向調査説明会 約30社出席 マスタープラン策定へ
誘致レース(162)全国IR誘致団体協議会 政府、与党への要望「地方創生の視点を最優先に!」
誘致レース(161)和歌山市=尾花市長 IR誘致に政府に3つを要望へ 省庁や国会議員回り
誘致レース(160)大阪市=IR誘致起点に街づくり進展 京阪-京都に直通 近鉄-海遊館移転
誘致レース(159)大阪府=万博 政府原案 会場155haへ拡張 グリーン&ウォーターワールド
誘致レース(158)千葉市=千葉商工会議所女性会 IR講演会 女性経済人の理解を深める
誘致レース(157)横浜市=市長選告示 3候補 IR争点 林氏は白紙、伊藤、長島両氏は反対
誘致レース(156)大阪市=西日本経済同友会 共同アピール「IR起点の西日本の観光連携を」
誘致レース(155)横浜市=ホテル建設ラッシュ。ラグビーW杯、五輪、IR呼び水=日本経済新聞
誘致レース(154)大阪府市=関経連・松本会長「万博誘致は戦える。関西繁栄は万博とIR」
誘致レース(153)大阪府市=万博誘致委・経団連 榊原会長「IR、万博は補完、相乗効果」
誘致レース(152)横浜市=市長選IR争点化 自公連合=林氏、民進=自主投票、共産=伊藤氏
誘致レース(151)常滑市=市議会「IR導入可能性調査の早期実施の要望書」を県知事に提出
誘致レース(150)北海道=3候補地から一本化の方針 IR実施法成立後、有識者会議を設置へ
誘致レース(149)苫小牧市=民間事業者に対して投資意向調査を実施 7月21日、都内で説明会
誘致レース(148)大阪府市=中小企業 IR賛否 賛成が反対の3倍に 大阪信金調査
誘致レース(147)和歌山県=議会「地方創生重視のIR選定を求める意見書」国へ打ち込みへ
誘致レース(146)大阪府市=IR推進会議 第3回 基本コンセプト「最高水準の成長型IR」
誘致レース(145)岩沼市=議会「IR導入可能性調査の早期実施の請願」採択 復興型IR
誘致レース(144)大阪市=関西経済同友会 緊急提言 2024年のIR第一期開業に向けて
誘致レース(143)常滑市=議会「IR導入調査の早期実施の請願」採択 公式な判断材料を
誘致レース(142)苫小牧市=IR誘致に 国際リゾート有識者会議を設置へ 市の魅力議論
誘致レース(141)鳴門市=IRフォーラム 第3回 オール鳴門体制 山口・岩屋衆院議員登壇
誘致レース(140)長崎県=九州地方知事会が政府、自民党に提言「IR導入。地方創生の重視を」
誘致レース(139)長崎県=平成30年度 政府施策要望「県へのIR導入。地方創生の重視を
誘致レース(138)東京都=上山・都顧問 築地再開発 IRなど市場と関係ない開発に向かず
誘致レース(137)泉佐野市=大阪府・松井知事「泉佐野市に協力しない。大阪は夢洲一本」
誘致レース(136)横浜市=市長選(7月30日)3候補 自公連合=林氏推薦、民進=自主投票
誘致レース(135)大阪府市=府民セミナー3回目は7月19日 1-2回満席、熱気 本日初回
誘致レース(134)山梨県=県レベルで自民、維新がIR合同勉強会へ 激戦の南関東ブロック
誘致レース(133)和歌山市=尾花市長「(外国人専用カジノ不可能ならば)IRあきらめる」
誘致レース(132)苫小牧市=出光興産所長「苫小牧のポテンシャルは大。IRで大きく伸長」
誘致レース(131)横浜市=菅官房長官 市長選コメントで IRについて「私はいいと思う」
誘致レース(130)和歌山県・市=IRを考えるシンポジウム 市民多数参加 自民党県支部
誘致レース(129)横浜市=市長選 民進党 IR党内賛否割れで自主投票に 自公は林氏推薦
誘致レース(128)大阪府=松井知事 世界1,2を争うIRを 中原徹氏と一切接触なし
誘致レース(127)横浜市=林市長 3選出馬を表明 政財界の支援受け IR誘致は「白紙」
誘致レース(126)大阪府市=7月、ベイエリア意見交換会 関係者集合 IR構想案も連携
誘致レース(125)山梨県=IR勉強会 日本維新の会県総支部が自民県連に協調を提案 自民同調
誘致レース(123)大阪市=関経連 松本新会長 松井知事に「IRやるべき」初めて推進明確に
誘致レース(122)大阪市=関経連 松本新会長(住電工)「万博、IR誘致に全力で取り組む」
誘致レース(121)千葉市=市長選 熊谷俊人氏(現職)3選 関東IR誘致エリアで先駆け
誘致レース(120)釧路市=阿寒IR誘致協議会 2017年度事業計画 国への要望&市民セミナー
誘致レース(119)苫小牧市=苫小牧IR推進協議会 2017年度事業計画 PR&市民セミナー
誘致レース(118)北海道=IR誘致最終判断の調査へ 海外IR事業者30社に構想案募集
誘致レース(117)横浜市=商議所「IR誘致姿勢変わらず。実現へ努力」 港運協会も一緒に
誘致レース(116)大阪府・市=第2回IR推進会議を開催。多数の府民向けセミナー開催決定
誘致レース(115)和歌山県・市=IR誘致PR資料「マリーナシティ、関空アクセス、後背経済」
誘致レース(114)千葉市=長谷川豊氏(維新)がタレント西野亮廣氏と幕張IR構想の地域啓蒙
誘致レース(113)苫小牧市=市議会 新議長「IR誘致が重要課題。今後50年の街づくりを提言」
誘致レース(112)千葉市=幕張新都心MICE・IR推進を考える会 第12回意見交換会 機運高まる
誘致レース(111)和歌山県=仁坂知事 政府IR方針に懸念 地方創生視点の重視を要請へ
誘致レース(110)千葉市=市長選28日 現新一騎打ち 関東IR誘致エリア先駆け
誘致レース(109)大阪府市=行政の厳格な事業者接触ルール策定。事業者の売り込み合戦加熱
誘致レース(108)和歌山市=IR候補地をマリーナシティに決定 知事・市長が誘致PR
誘致レース(107)大阪市=関西経済同友会「文化振興にIR活用」/関西広域連合「IR検討会」
誘致レース(106)佐世保市 朝長市長 ~ 米国視察。IR体験、意見交換。IR誘致を積極推進
誘致レース(105)IR実施法案 地理的配分「地方に配慮を」 各地当事者の声=時事通信
誘致レース(104)苫小牧市=岩倉市長 「IRは、人口が減らない街づくりの数少ない手段」
誘致レース(103)大阪市=大阪ガス 本荘社長 関西経済活性化に「IR楽しみな材料。着実に」
誘致レース(102)横浜市=林文子・市長 7月30日市長選 出馬意向 経済界はIR誘致に期待
誘致レース(101)大阪市=官民連携で大阪城周辺に新劇場 ナイトライフ充実へ IRも視野
誘致レース(100)神戸市=大阪市夢洲IR、万博の経済波及効果を調査、活用戦略策定へ
誘致レース本格化(99)大阪府市=2025年万博 政府が立候補を閣議了解 IR誘致視点まとめ
誘致レース本格化(98)大阪市=関西経済連合会・次期会長 万博とIRセットの従来路線踏襲
誘致レース本格化(97)東京都=小池知事 IR誘致 早期の活動に慎重も将来の可能性を示唆
誘致レース本格化(96)大阪市=海外事業者殺到 日本事業者動かず IR実現難航の可能性
誘致レース本格化(95)釧路市=商工会議所 米国IR視察報告会 阿寒湖畔への誘致を目指す
誘致レース本格化(94)和歌山県=仁坂知事 政府、実施法案に要望へ「日本人入場制限を可能に」
誘致レース本格化(93)和歌山県=長期総合計画を公表「関係自治体や経済界等と連携しIR誘致」
誘致レース本格化(92)大阪府市=3日、共同IR推進局が発足 職員31名 事業者との接触制限
誘致レース本格化(91)和歌山県=仁坂知事がGalaxyと面談 2017年より定期的に会談
誘致レース本格化(90)苫小牧市=森章氏 IR候補地近接のリゾート計画見直しへ 誘致見極め
誘致レース本格化(89)大阪府市=第1回IR推進会議 4月「IR推進局」設置 23年開業目指す
誘致レース本格化(88)苫小牧市=苫小牧統合型リゾート推進協議会「北海道ホワイトIR構想」
誘致レース本格化(87)和歌山県=次期長期総合計画(2017年~2026年)にIR誘致を明記
誘致レース本格化(86)千葉市=長谷川豊氏(日本維新の会)幕張メガフロートIR構想をPR
誘致レース本格化(85)和歌山市=4月1日付人事異動 部局横断PT解散、政策調整課を増員
誘致レース本格化(84)大阪府=府議会 24日本会議 府市IR推進局の設置議案可決
誘致レース本格化(83)大阪市=大商・会頭「IR誘致は賛成、反対でもない。議論したい」
誘致レース本格化(82)長野県軽井沢町=IR誘致しない方針決定。東海ブロック他県にチャンス
誘致レース本格化(81)北海道=3地域協議会 知事に協力要望「何としてもIRを実現したい」
誘致レース本格化(79)大阪府・市=「大阪IR構想素案」策定 4月に業務委託の一般競争入札
誘致レース本格化(78)大阪府=万博・経産省報告書案 4月に政府が閣議了解 IRとセット
誘致レース本格化(77)千葉県=知事選(3月26日)森田・松崎氏 市のIR誘致サポートを示唆
誘致レース本格化(76)静岡県=川勝・知事 日本平IR構想「地元望むなら十分に考えるに値」
誘致レース本格化(75)大分県=広瀬・知事 IR誘致「慎重に判断。経済効果と懸念点を注視」
誘致レース本格化(74)大阪府=万博誘致委が近く設立 民間資金負担 IRとの関連づけ注目
誘致レース本格化(73)和歌山県=議会・知事答弁~リゾート型IR。大阪市と共存可。懸念配慮
誘致レース本格化(72)横浜市=市長選前にトーンダウン。ライバル勢攻勢~日本経済新聞
誘致エリア本格始動(71)苫小牧市=市議会・代表質問で議論活発、推進協が候補地一本化要望
誘致エリア本格始動(70)千葉市=幕張・地域IR誘致者が住民説明会~草の根の活動4年以上
誘致エリア本格始動(69)和歌山市=市議会IR誘致議決プロセス~2月の市長方針決定に続き
誘致エリア本格始動(68)大阪府=府議会 松井・知事 IR誘致へ依存症対策 全庁で総合的に
誘致エリア本格始動(67)苫小牧市=IR構想に補正予算を確保へ Hardrock表敬訪問
誘致エリア本格始動(66)常滑市=中部国際空港が開業12年 周辺一体開発推進 IR検討
誘致エリア本格始動(65)横浜市=IR誘致、オール横浜体制づくり推進の不変を強調
誘致エリア本格始動(64)神奈川県=知事「IR誘致を決定した地元自治体を全面的に支援へ」
誘致エリア本格始動(63)長崎県=2017年度当初予算案 IR基本構想策定300万円
誘致エリア本格始動(62)大阪府=2017年度当初予算案 IR予算は倍増4,770万円、万博3億円
誘致エリア本格始動(61)大阪市=2017年度当初予算案 IR3,000万円、万博1.1億円
誘致エリア本格始動(60)大阪市=経産省・万博検討会 経済界「IRと万博のセット」求める
誘致エリア本格始動(59)和歌山市=市長はIR誘致PT増員方針 韓国・済州島をモデルに
誘致エリア本格始動(58)和歌山市=市長がIR誘致を表明 カジノ部分は外国人専用を想定
誘致エリア本格始動(57)大阪市=JR西日本が桜島線延伸に言及。IRなしには困難
誘致エリア本格始動(56)大阪市=2月議会が開会。市長がIR推進局設置議案を提案
誘致エリア本格始動(55)千葉市=千葉県経営者協会フォーラム「幕張IRメガフロート構想」
誘致エリア本格始動(54)鳴門市=鳴門IR健康保養リゾート誘致協議会「地域密着型を」
誘致エリア本格始動(53)大阪市=関西財界セミナー~「宣言」採択。万博、IR誘致活動展開
誘致エリア本格始動(52)和歌山市=第5次長期総合計画・答申「IRについて検討を進める」
誘致エリア本格始動(51)大阪市=松井知事 – IR開業 2024年ごろから2023年への前倒し方針
誘致エリア本格始動(50)長崎県、佐世保市=包括的な依存症対策に乗り出す考え。IR誘致見据え
誘致エリア本格始動(49)大阪市=万博誘致委トップに経団連会長就任。オール日本、IR誘致
誘致エリア本格始動(48)大阪市=日経アンケート調査~支持率は万博8割、IR5割超。機運醸成
誘致エリア本格始動(47)横浜市=山下ふ頭1期倉庫移転が後ずれ。先行部13haの20年開業は堅持
誘致エリア本格始動(46)大阪市=夢洲構想案とりまとめ。3期170ha完成後、集客3000万人
誘致エリア本格始動(45)千葉市=維新、次期衆院選で長谷川豊氏を擁立~メガフロートIR推進
誘致エリア本格始動(44)東京都=千代田区長選は7月都議選の小池派躍進を示唆。IR誘致
誘致エリア本格始動(43)大阪市=6日「夢洲まちづくり構想」正式決定へ。IRは2024年開業
誘致エリア本格始動(42)大阪市=経団連が万博に協力、自動的にIR誘致支援。「オール日本」
誘致エリア本格始動(41)長野県=世論調査「県内に”カジノ”をつくる」に「反対61%」
誘致エリア本格始動(40)大阪市=IR事業者に地下鉄延伸費の大半を要求へ。行政が主導権
誘致エリア本格始動(39)横浜市=2017年度予算案。山下ふ頭関連、依存症対策基礎研究
誘致エリア本格始動(38)北海道=27日、苫小牧、釧路、留寿都の合同推進連携協議会が発足
誘致エリア本格始動(37)群馬県=国会議員インタビュー これからしっかり議論
誘致エリア本格始動(36)大阪府市=IR予算4600万円計上、市長=選挙に関わらず大阪有利
誘致エリア本格始動(35)大阪府市=関西広域連合長がIR賛成に転換&府民セミナー開催
誘致エリア本格始動(34)和歌山市=市民アンケート(3回目)賛否拮抗。26日, 市長は態度留保
誘致エリア本格始動(33)佐世保市=市、市議連IR講演会 市長「地域振興策。住民に説明を」
誘致エリア本格始動(32)横浜市=市長選前にトーンダウン、滋賀県=大阪IRの波及に期待
誘致エリア本格始動(31) 大阪府市=官民一体の万博、IR、MICE誘致体制を構築へ
誘致エリア本格始動(30)苫小牧市=オール北海道、秋田県=行政否定、常滑市=経済界要望書
誘致エリア本格始動(29) 横浜市=市会議員がIR誘致推進、反対それぞれの市政報告
誘致エリア本格始動(28) 大阪府=IR報告書を作成。26日の府民説明会で公表へ
誘致エリア本格始動(27)横浜市=市長選&横商、大阪市=経済界意見、佐世保市=地方に利点
誘致エリア本格始動(26) 大阪市=府市共同でIR推進局。設置議案2月提出
誘致エリア本格始動(25)長野県・軽井沢町=町長が言及「検討する。推進しない方向」
誘致エリア本格始動(24)関東3エリア=2017年揃って選挙、和歌山市=3回目のIR意向調査
誘致エリア本格始動(23) 横浜市・京浜急行電鉄 大阪市・吉村市長、京阪HD
誘致エリア本格始動(22) 横浜市=8月市長選でIR誘致が争点化
誘致エリア本格始動(21)横浜市=市長「オール横浜で」、和歌山市=市長の考え見えず
誘致エリア本格始動(20)和歌山県、和歌山市~二階・自民党幹事長「県市が一体で取り組むべき」
誘致エリア本格始動(19)山梨県 ~ 自民党県議全員でIR研究へ 12月に知事にIR検討提言
誘致エリア本格始動(18)横浜市・林市長-8月選挙、大阪市・関西経済三団体-大商慎重
誘致エリア本格始動(17)2017年IR後押し 神奈川県・黒岩知事、和歌山県・仁坂知事
誘致エリア本格始動(16)新年互礼会&年頭所感 横浜市、大阪府・市、佐世保市
誘致エリア本格始動(15)成田市・経済界が市長と議会に誘致要望、大阪府市・IR推進会議設置
誘致エリア本格始動(14) 横浜市・商議所が誘致推進、熱海市・市長が誘致否定
誘致エリア本格始動(13) 福島県、大阪府・市~政府・維新トップ会談
誘致エリア本格始動(12) 横浜市、和歌山県・和歌山市、大阪市
誘致エリア本格始動(11) 山梨県、沖縄県
誘致エリア本格始動(10) 大阪市、長崎県
誘致エリア本格始動⑨ 千葉市、東京都、神奈川県、静岡県、長崎県
誘致エリア本格始動⑧ 北海道、千葉市・成田市・横浜市【首都圏争奪戦】、大阪府、佐世保市
誘致エリア本格始動⑦ 大阪府・市、和歌山県・市 「誘致合戦。乗り遅れないように」
12月2日を機にIR誘致エリア本格始動⑥ 横浜市、大阪市
12月2日を機にIR誘致エリア本格始動⑤ 和歌山県、静岡県
12月2日を機にIR誘致エリア本格始動④ 北海道、横浜市、大阪市、佐世保市、愛知県・常滑市
12月2日を機にIR誘致エリア本格始動③ 北海道、和歌山県、宮崎県、長崎県
12月2日を機にIR誘致エリア本格始動② 東海ブロック:名古屋市、三重県
12月2日を機にIR誘致エリア本格始動① 東京都、横浜市、大阪府市

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
G2E-2018
G2E-Asia-2019

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.