カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





キプロス:CODメディテレーニアン起工式 5億€IR 香港Melco Int’l Devと地元企業の合弁

2018-06-12

【海外ニュース】

6月8日、キプロス共和国において、欧州最大級のIRとなる「シティ・オブ・ドリームス メディテレーニアン」の起工式が開催された。

起工式には、キプロス共和国のニコス・アナスタシアディス大統領、Melco International DevelopmentのCEOであるローレンス・ホー氏らが出席。

大統領は、「シティ・オブ・ドリームス メディテレーニアン」を2030年への新たな観光戦略の中核と位置づけ、季節変動の軽減、プレミアム市場開拓に注力すべく、総合的な取り組みを推進すると説明。

「シティ・オブ・ドリームス メディテレーニアン」の運営会社(コンソーシアム)の株主構成は、Melco International Developmentが70.74%、地元企業Cyprus Phasouri(Zakaki)が29.26%。

Melco International Developmentは、ローレンス・ホー氏を筆頭株主(所有比率50.1%)とし、Melco Resorts&Entertainmentの株式の51.2%を所有する。

Cyprus Phassouri(Zakaki)は、キプロス共和国のCNSグループ傘下。CNSグループは、不動産、通信、酪農、農業、鉱業など多角的に展開。

シティ・オブ・ドリームス メディテレーニアン 概要
開発主体:コンソーシアム~香港Melco International Development(70.74%)、地元資本Cyprus Phasouri Zakaki(29.26%)
投資規模:全体計画は5億ユーロ(約700億円)
ライセンス:期間30年、最初の15年はモノポリー

<メインIR施設>
場所:リマソール
施設:ホテル500室(five-star)、カジノ(テーブル136台、スロット1,200台)、レストラン(11店)、リテイルモール、エンタテインメント、ウェルネスセンター、スポーツセンター、国際会議センター(9,600㎡)など
開業予定:2021年
雇用創出:建設期間中4,000人、開業後2,400人(正規雇用)

<暫定サテライトカジノ施設(4ヵ所、メイン施設開業2021年に営業終了)>
場所:3つのスロットパーラー、1つのテーブルを含む小型サテライトカジノ
施設:小型サテライトカジノ(キプロスカジノ)
   総面積4,600m²、うちカジノ部分1,300m(テーブル33台、スロット242台)、飲食
開業予定:小型サテライトカジノ(キプロスカジノ)は6月28日、残りは2018年内

 

キプロス カジノ合法化と事業者選定プロセス

キプロス政府は、10年間の戦略プランにおいて、3つインフラ計画を推進中。
複数のゴルフコース、マリーナ、そして、1つのカジノを含む統合型リゾート(IR)である。

キプロス共和国は、2015年7月にカジノを合法化し、2016年3月に議会はIR関連法を採決した(トルコ系の独立政府が占める北部には、十分に規制されない小型カジノが存在)。

キプロスは、欧州初の大型IR開発の計画を推進中。欧州には、小型カジノ施設が多数(約900施設)ほど点在するものの、大型施設は少ない。

事業者選定プロセスは、第一段階であるExpressions-Of-Interest(EOI)において3事業者を選出し、第二段階のRequest-For-Proposal(RFP)で1社に絞り込んだ。
第一段階のEOIでは、財務、経験、キプロスへの理解、IRのビジョンを評価。第二段階のRFPでは、詳細事業計画、ロケーションを評価した。

なお、第一段階のEOIには、8事業者が対応し、Melco–Hard Rock Resort Cyprus Consortium、フィリピンBloomberry Resorts、カンボジアNagaCorpの3事業者にショートリストされた。
第二段階のRFPでは、Melco–Hard Rock Cyprus Consortiumが唯一の対応者となった。

ライセンス事業者による政府への拠出は、カジノ売上課税(GGR)15%、ライセンスフィー(当初4年はEURO2.5mn、次の4年はEURO5mn、その後は4年ごとに見直し)。

キプロス政府は、私有地にカジノを含む統合型リゾート(IR)が建設される方針とした。政府は、外資導入と同時に、地元事業者のビジネス機会の創出を意図した。

キプロス政府HP該当ページ:
Republic of Cyprus, Ministry of Energy, Commerce, Industry and Tourism – Commencement of the licensing procedure for the Republic of Cyprus Integrated Casino Resort

カジノIRジャパン関連記事:
キプロス:香港Melco Int’l Dev 5億€IR 単独支配株主を当局承認 地元企業と合弁
キプロス:香港Melco Int’l Dev 5億€IR ライセンス取得、地元資本とのJVの支配株主に
キプロス:Melco–Hard Rock&地元コンソーシアム 4月内に政府契約調印 欧州最大級5億€IR
キプロス:欧州最大級のIR Melco–Hard Rockが選定 5億ユーロ規模計画 2016年初着工へ
キプロス:欧州最大級のIR Melco–Hard Rockが唯一のRFP提出者となる可能性 5億€規模計画
東地中海:イスラエルのIR合法化、キプロスの事業者選定プロセス アップデイト
キプロス:観光産業を基軸に経済回復を達成 IR整備は10年間戦略プラン RFP締切は10月に延期
キプロス:欧州初の大型IR 3事業者が7月5日のRFP提出に向かい、土地所有者と協議続ける
キプロス:欧州初の大型IR 3事業者が7月5日のRFP提出に向かい、土地所有者と協議続ける
キプロス:欧州初の大型IR EOI通過3事業者 Bloomberry, Melco-Hardrock, Nagaアジア勢席巻
キプロス:欧州初の大型IR 3月10日にIR関連法可決 早ければ11日にEOI通過3事業者公表
キプロス:欧州初の大型IR 3月10日にIR関連法案議決へ その後、EOI通過3事業者を公表へ
キプロス:欧州初の大型IR 3月第1週 政府はEOI提出8社から3社を選定 速やかにRFPへ
キプロス:欧州初の大型IR 2月 政府はEOI提出8社から3社を選定 法規制を最終化
キプロス:欧州初の大型IR EOI締め切り 8社提出へ 2016年に最終選定、18年開業目指す
キプロス:欧州初の大型IR 国際的な5社がEOI提出へ 政府は地元企業の参画を期待
キプロス:欧州初の大型IR 事業者選定プロセス ロシア事業者もEOI参画 6事業者に加え
キプロス:欧州初の大型IR 事業者選定プロセス まずは6事業者がEOI提出
欧州:キプロス 欧州初の大型IR ライセンス競争入札開始 15事業者が関心
欧州:キプロス カジノ合法化。欧州初の大型IRへ。9月に事業選定開始。2018年開業目指す

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
KGPS2018
G2E Asia 2018

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.