カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





マカオ:Galaxy Entertainment 18年度1H業績 当期利益1000億円, 日本営業訴求。営業権満期焦点

2018-08-13

【海外ニュース】

8月8日、Galaxy Entertainment Group(GEG)は、2018年度1H(1-6月)の業績を公表。

2018年度1H(1-6月)業績は、売上高3,889億円、YoY25%増、株主帰属当期利益999億円、YoY56%増。
マカオ市場の好調を反映。

日本参入営業において、Monte-Carlo SBMとの戦略的パートナーシップをアピール(2015年7月、約5%の株式取得。購入額は約50億円)。

2022年6月、マカオのカジノ・コンセッションが満期となり、政府の”新規入札”の方針、行方が注目される。

2018年度1H(1-6月)業績:
・売上高はHK$28,058mn、YoY25%増、調整後EBITDAはHK$8,645mn、YoY34%増、株主帰属当期利益HK$7,206mn、YoY56%増
・円換算は、売上高3,889億円、調整後EBITDAは1,198億円、株主帰属当期利益は999億円
・プロパティ別
-Galaxy Macau:売上高HK$19,793mn、YoY25%増、調整後EBITDAはHK$6,481mn、YoY28%増
-StarWorld:売上高HK$6,270mn、YoY28%増、調整後EBITDAはHK$1,990mn、YoY41%増
-Broadway Macau:売上高HK$273mn、YoY4%増、調整後EBITDAはHK$15mn、YoY2.1倍
-City Clubs:売上高HK$54mn、YoY10%増、調整後EBITDAはHK$54mn、YoY10%増
-Construction Materials:売上高HK$1,668mn、YoY14%増、調整後EBITDAはHK$538mn、YoY68%増

2018年度2Q(4-6月)業績:
・売上高はHK$13,925mn、YoY22%増、調整後EBITDAはHK$4,326mn、YoY32%増
・円換算は、売上高1,935億円、調整後EBITDAは601億円

開発アップデート:
・コタイ地区フェーズ3期&4期
-ホテル約4,500室、MICEは3,700㎡、アリーナ16,000席、飲食、カジノなど
-ファミリーエンタテインメント、MICEを強調
-将来、正式計画を公表へ
・横琴(Hengqin)地区
-2.7平方キロメートルの土地に低密度のリゾート開発を計画。マカオを補完
-コンセプトプランを策定中
・国際
-日本、フィリピンにフォーカス
-アジアパシフィック、日本では、Monte-Carlo SBMと戦略パートナーシップ
(2015年7月、GEGは、Monte-Carlo SBM株式5%を取得。対価は、EUR40m, 約50億円)

政府 ゲーミング・コンセッション満期後方針で法改正の提案精査中。”新たな入札”不可避

図表の通り、マカオでは、6社(中国系3社、米国系3社)がゲーミング・コンセッション(サブ・コンセッションを含む)を所有しており、それぞれ、2020~2022年に満期を迎える。
マカオでは、コンセッション保有者のみが、カジノ運営を許可される。コンセッションは、大きな権益であり、6社の企業価値を支える原動力である。

現行コンセッション満期後の焦点は、現有6社の事業継続(現行コンセッション継続)の可否、新規参入(新規コンセッション発給)の有無、など。
6社は、ゲーミング・コンセッションを喪失した場合、実質上、ほとんどの事業を失うことになる。

現在、マカオ政府は、満期後の対応の検討を進めており、2018年後半に、満期後の方針の詳細をアップデイトする方針。
マカオ政府は、アカデミックに対して、ゲーミング・セクター長期ビジョン(2020-2030年)に関する二つのスタディを発注済みで、それらは2018年3Qに完成予定。そのスタディは、適正なゲーミング・ライセンス数に関する考察を含む。

ゲーミング・コンセッションに関して、現行ゲーミング関連法、契約(政府-事業者)が規定するポイントは以下の通り。
・現行ゲーミング・コンセッション満期後、新規のコンセッションは、入札プロセス(Bidding, Public Tender)を通じて、付与されなければならない
(現行コンセッションについて、満期後に”更新”の概念はない)
・現行ゲーミング・コンセッションは、最大5年間の延長が可能
・政府は、2017年より、現行ゲーミング・コンセッションを早期償還できる権利を持つ
(政府は早期償還権を行使する場合、1年以上前にノーティスする必要がある)。
・現行ゲーミング・コンセッション保有者は、それを喪失した場合、カジノ施設(関連施設)を、対価なしに、マカオ政府に移管する義務

2017年央、政府高官は、初めて、”新たな入札(New Tender)”という表現を用いた。その発言は、現コンセッション保有6事業者に激震を与えた。
それまで、政府関係者は、”更新(Renewal)”と表現し、6事業者はそこに満期後も現状維持のニュアンスを感じ取っていた。
政府が”新たな入札”と表現したことで、事業者再募集・選定、入れ替えのニュアンスを読み取ったわけだ。

図表:マカオ カジノ運営6事業者のコンセッション満期日

コンセッション満期日 事業者 証券取引所 カジノ施設数 獲得順
2020年3月31日 SJM Holdings 香港証券取引所 22
2020年3月31日 MGM China 香港証券取引所 5(サブ)
2022年6月26日 Wynn Macau 香港証券取引所
2022年6月26日 Galaxy Entertainment 香港証券取引所
2022年6月26日 Sands China 香港証券取引所 4(サブ)
2022年6月26日 Melco Resorts & Entertainment NASDAQ 6(サブ)

注1:カジノ施設数は2018年6月末時点
注2:(サブ)はサブコンセッション。Sands ChinaはGalaxy Entertainmentより、MGM ChinaはSJM Holdingsより、Melco Resorts & EntertainmentはWynn Macauより取得
 
カジノIRジャパン関連記事:
・Galaxy Entertainment Group 事業
IR企業動向:Galaxy Entertainment 日本学生のマカオ短期招待制度~日本参入に教育貢献PR
IR企業動向:Galaxy Entertainment 記者会見-財務と欧州提携を訴求。地域企業とコンソーシアム
IR企業動向:Galaxy Entertainment 日本開発部門増強。テッド・チャン氏採用~外資間競争熾烈
Wynn Resorts セクハラ疑惑の余波 Steve Wynn氏が全株売却、Galaxy Entertainmentが5%取得
フィリピン:ボラカイ島2つのIR計画~Galaxy Entertainment, Alliance Global。国際観光競争
誘致レース(251)長崎県=Galaxy「HTB地域に強い興味」~RFIが関心喚起。最大手級も
フィリピン:Galaxy Entertainment ボラカイ島 3-5億ドルIR計画に投資へ 同社初の海外開発
マカオ:コタイ地区IR開発アップデート ~ MGM Cotai, Grand Lisboa Palace, Galaxy3期&4期
誘致レース本格化(91)和歌山県=仁坂知事がGalaxyと面談 2017年より定期的に会談
Galaxyインタビュー:日本参入にモンテカルロSBMと協業。現地パートナー重視のコンソ組成
IR関連企業動向:Galaxy Entertainment ~ 日本進出の競争は厳しい。日本企業パートナーと組む
マカオ:Galaxy Entertainment 非ゲーミング拡大へVIPの概念拡張 アジア観光競争に対応
マカオ:Galaxy Entertainment コタイ第三&四期 予定通り MICE強化 5,200~6,500億円投資へ
Galaxy Entertainment Group マイケル・メッカ社長インタビュー=DIAMOND ONLINE
マカオ:Galaxy Entertainment コタイ第三期&四期 テーマパーク、MICE重視 7,000億円投資へ
マカオ:Galaxy Entertainment Group Francis Lui氏 市場は最悪期を脱した 成長を期待
銀河娯楽集団(Galaxy Entertainment)の呂主席、「世界文明賞」新設=日本経済新聞
マカオ:GalaxyがモンテカルロSBMの株式5%を取得。長期的な戦略パートナーシップ
マカオ:Galaxy Entertainment – Galaxy Macau Phase Ⅲ&ⅣはMICE重視に
マカオ:現地レポート 総投資額6700億円!Galaxy Macau第2期&Broadway Macau開業
マカオ:Galaxy コタイ拡張が5月27日に開業へ。テーブル割当150台と想定通り。安心感台頭
・Galaxy Entertainment Group 業績
マカオ:Galaxy Entertainment 2018年度1Q業績 EBITDA過去最高600億円。日本参入営業加速
マカオ:Galaxy Entertainment 2017年度4Q業績 EBITDA過去最高550億円。営業権満期がリスク
マカオ:Galaxy Entertainment 2017年度1H業績 当期利益650億円、YoY81%増 日本参入追及
マカオ:Galaxy Entertainment 2017年度1Q業績 大幅増益 コタイ次期近く着工 日本の機会追及
マカオ:Galaxy Entertainment 2016年度4Q業績 利益YoY51%増 コタイIRのマスがけん引
マカオ:Galaxy Entertainment 2016年度3Q コタイIRけん引 マスが収益柱 EBITDA362億円
マカオ:Galaxy Entertainment 2016年度2Q 4-6月EBITDAはYoY22%増 市場安定、マスがけん引
マカオ:Galaxy Entertainment 2016年度1Q 業績下げ止まり。コタイ地区、マスへのシフト鮮明
マカオ:Galaxy Entertainment 2015年度&4Q実績 通期縮小だが、4QはQoQ増収増益 回復サイン
 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Showcase-2018
Kansai-Expo-2019
G2E-Asia-2019

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.