カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





誘致レース(485)政府IR調査~神奈川県 県”しない”, 横浜と川崎”検討”, 相模原”未定”

2018-11-07

【国内ニュース】

IR実施法案は、区域認定数の上限を「3ヵ所」と法定する方向。区域認定プロセスは、2サイクル実施を検討することとなった。

IR実施法の成立後、自治体(都道府県、政令指定市)は、事業者選定およびIR整備計画策定のプロセスに入る。
2021年前後、政府は、第1サイクルの区域認定(自治体からの区域認定申請の受付、選定)を実施する見通し。

なお、区域認定数見直し時期は、地方の声にも配慮する観点から、「最初の区域認定から7年経過後」で合意。

神奈川県内

政府IR調査~神奈川県内 県=”しない”, 横浜市と川崎市=”検討”, 相模原市=”未定”

・政府IR推進室は、9月下旬から11月2日までに、47都道府県と20政令市(IR区域整備計画の認定申請主体)を対象に、IR誘致に関する意向および準備状況の調査を実施
政府・各党の取組:政府 年内に47都道府県, 20政令市にIR取組調査~区域認定時期検討
・回答の選択肢は「申請を予定」「申請を検討中」「申請は未定」「申請しない」の四択
・11月6日、神奈川新聞社は、神奈川県および県内の政令指定市である川崎市、横浜市、相模原市に政府への回答をヒアリング
・神奈川県=「申請しない」と回答
 「県内のどの基礎自治体からも誘致したいとの意向は届いていない」「県が推進する立場ではない」
・川崎市=「申請を検討中」と回答
 福田紀彦・市長
 「羽田空港に隣接していることは地の利として最高」「経済界などから意向表明を受けていない」
 「現時点で具体的に何か検討しているわけではない」「最初からIR誘致を検討しないという選択肢はない」
 「ほかの都市の動向を踏まえゼロベースで意見交換を行っていきたい」
 地元政界の一部には、臨海部の再編に絡めてIR誘致を目指すべきとの声がある
・横浜市=「申請を検討中」と回答
 「誘致の是非を判断するための情報収集中」「現状は白紙」
・相模原市=「申請は未定」と回答
 「誘致するか、しないかの検討にさえ着手していない」
 
カジノIRジャパン関連記事:
・日本各地の動向
IR誘致レース~各地における政治、行政、経済界の動向。3ヵ所の席を巡る競争(2016年12月~)
・横浜市の動向
IR誘致レース~横浜市の動向

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Showcase-201901
Kansai-Expo-2019
G2E-Asia-2019

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.