カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





ベトナム:フーコック島 Corona Resort and Casino開業~地元資本主体で内国人パイロット対象

2019-01-21

【海外ニュース】

1月19日、ベトナムのキエンザン省(Tỉnh Kiên Giang province)フーコック島(Phu Quoc island)のIRであるCorona Resort and Casinoが開業。
ベトナムで最初のローカル(内国人)がカジノ施設に入場可能な施設となった。

施設開発者は、Phu Quoc Tourism Investment and Development社。資本の半分は、ベトナム最大のコングロマリットであるVingroupが所有。
カジノ部門のマネジメントサービスは、オランダのUpffinity Gamingが担当。カジノ部門のデザインは、Steelman Partners。

IR施設の概要は、
・投資額=21億米ドル
・ホテル群、飲食群、ショッピング、サファリアミューズメントパーク、コンベンショ、劇場など
・カジノフロア=18,800㎡(テーブル100台、スロット1,000台)、24時間営業休みなし

2017年3月、ベトナム政府は、新カジノ法令を施行、内国人のカジノ施設入場を容認した。ただし、パイロット期間3年で、政府が指定する一定条件(最低投資額20億ドルなど)をクリアする少数施設のみが対象。

パイロット対象は、その権益性の高さゆえ、ベトナム資本主体プロジェクトが優先対象となる方向。
北部クアンニン省Van Don Economic Zone(開発者:ベトナム Sun Group)、キエンザン省フーコック島(開発者:ベトナム Vingroup)が対象となる見通し。

ベトナム IR開発動向

現在、ベトナムには、9つのディーラーカジノを備える統合型リゾートが稼働中。
ほとんどが小型施設であるが、東南部のバリア=ブンタウ省のThe Ho Tram Strip、キエンザン省フーコック島のCorona Resort and Casinoは大型IR。

大型IRでは、2013年7月にThe Ho Tram Stripが開業。その後、2019年1月にCorona Resort and Casinoに開業した。

ベトナム政府は、2017年3月にカジノ法制を施行。新規IRには総投資額20億米ドルを義務付けた。ベトナム政府は、4つの大型のカジノを含む統合型リゾート(IR)の開発を承認。

2017年3月、ベトナム政府は、新カジノ法令を施行、内国人のカジノ施設入場を容認した。ただし、パイロット期間3年で、政府が指定する一定条件(最低投資額20億ドルなど)をクリアする少数施設のみが対象。
パイロット対象は、その権益性の高さゆえ、ベトナム資本主体プロジェクトが優先対象となる方向。
北部クアンニン省Van Don Economic Zone(開発者:ベトナム Sun Group)、キエンザン省フーコック島(開発者:ベトナム Vingroup)が対象となる見通し。

<2013年7月開業>
・東南部バリア=ブンタウ省(Ba Ria-Vung Tau)The Ho Tram Strip
 開発者:カナダのAsian Coast Development(運営:現地子会社The Ho Tram Project Company)
 政府に対して大型投資をコミットメント。最終投資計画40億ドル
 2013年7月、The Grand Ho Tram開業。Golf courseなどが稼働中で、すでに11億米ドルの投資が実行

<2017年3月以降に承認>
・北部クアンニン省(Quang Ninh province)Van Don Economic Zone
 開発者:ベトナム Sun Group
 土地面積は2,500ha
 2019年から段階的に開業し、2022年に完成予定 
 2018年後半、カジノ施設への内国人入場可能の指定を申請中

・南中部クアンナム省(Quang Nam province)Chu Lai Economic Zone ホイアン(Hoi An)
 開発者:マカオ Suncity Group、ベトナムVinaCapital、香港VMS Investment Group
 2016年4月、Nam Hoi An Casino Resort Projectが着工
 合計投資額40億ドル。第一フェーズは、160haの土地に、6.5億ドルの投資

・キエンザン省(Tỉnh Kiên Giang province)フーコック島(Phu Quoc island)
 開発者:ベトナム Vingroupが主体
 投資額=21億米ドル
 政府は、カジノ施設への内国人入場のパイロット対象に指定

・トゥアティエン=フエ省(Thua Thien Hue province)ラグーナ・ランコ―(Laguna Lăng Cô beach resort)
 開発者:シンガポールBanyan Tree Holdings、パートナー選定中
 投資額20億ドル。2022年に全体が完成予定
 2013年4月に、第一期がリゾート(カジノ含まず)として開業済み
 2018年4月、政府より、カジノ・ライセンス取得(Banyan Tree Holdingsに付与)

ベトナム カジノ市場、新カジノ法令(2017年3月施行)による内国人入場の容認

ベトナム政府は、従前、ベトナム政府は、内国人のカジノ、電子ゲームパーラーへの入場を禁じてきた。
ベトナムのカジノ市場は、外国人のみ入場可能な状況下、年間3億米ドルほどと推定される(8つの統合型リゾート、20ほどのスロットパーラー)。

調査機関によれば、内国人の入場が可能となった場合のベトナムのカジノ市場のポテンシャルは30億米ドル。ベトナム国民は9,200万人。
ちなみに、ベトナム国民の海外カジノ施設(主に、カンボジア)への流出は、ベトナム政府にとって8億米ドルの税収ロスとの試算もある。

ベトナム政府は、観光産業促進を目的に、大型のカジノを含む統合型リゾート(IR)の開発を促進してきた。

従前、ベトナム政府は、大型IR開発計画に対して、外国人専用カジノを前提とし、40億ドルのミニマムコミットメント(最低投資義務)を求めてきた。事業の投資回収性は見込めず、実際には、ほとんどの計画は停止状態であった。

その後、政府は、最低投資義務を20億ドルに引き下げ、そして、内国人の入場を容認する方向を打ち出した。今後、大型IRの整備が加速するとみられる。

2017年1月、政府はカジノ法令を公表。一定の条件を備える、少数のIR施設にパイロット・ベースで内国人の入場を容認する方針。

パイロットは、その権益性の高さゆえ、ベトナム資本主体プロジェクトが優先対象となる可能性が高い。
北部クアンニン省Van Don Economic Zone(開発者:ベトナム Sun Group)、キエンザン省フーコック島(開発者:ベトナム Vingroup)が対象となる見通し。

ベトナム政府 カジノ法令(2017年3月施行) 内国人の入場容認のポイント

・3年間のパイロット・プログラムとして、内国人のカジノへの入場を容認
・条件は、21歳以上、月収入は1,000万ベトナムドン(VND)以上(≒$445)
・最低投資額20億米ドルの統合型リゾート(ホテル、エンタテインメントなどコンプレックス)内のカジノ施設に限定
・少なくとも二施設を指定(南部、北部にバランスよく)
・三年後に、政府は、改めて内国人のカジノへのアクセスを再考

 
カジノIRジャパン関連記事:
・ベトナム
ベトナム:ラグーナ・ランコ― 20億ドルIR計画 カジノライセンス取得。本格開発スタートへ
ベトナム:Hoiana 40億ドルIR計画 2019年開業へ~Suncityマカオ営業権満期後の新規入札狙う
ベトナム:政府 5つめの大型IR開発を承認 ラグーナ・ランコ― 20億米ドル・コミットメント
ベトナム:The Ho Tram Strip 第5期着工 11億米ドル投資を実行~内国人入場施設指定を狙う
ベトナム:現地不動産事業者FLC Group 東北部クアンニン省政府より、20億ドルIRの承認取得
ベトナム:20日、カジノ法が公表 内国人のカジノ入場容認 3年間パイロット 大型IR整備促進
ベトナム:カジノ法制ドラフト 7年の作業を経て政府に提出 大型IR整備に規制緩和
香港・新世界発展(周大福グループ)、多角化手探り カジノ参入=日本経済新聞
ベトナム:The Grand Ho Tram Strip 拡張計画 合計投資額10億ドル、ホテル1,100室へ
ベトナム:Nam Hoi An Casino Resort Project 40億ドル計画 4月23日より着工
ベトナム:ダナン市 クルーズ船の寄港中のカジノ運営を容認へ インバウンド促進策
ベトナム:IR市場テコ入れへ 3つの大型IR追加、投資要件緩和、内国人の入場を限定許可
ベトナム:現地メディアが内国人カジノ利用解禁を支持 有意な「社会ベネフィット>社会コスト」
ベトナム:カジノ市場規模(2014年)は約6,200万ドル(74億円)外国人専用ではIRの投資回収困難
ベトナム:クアンナム省の$40億ドルのIR計画 周大福が主体で再スタート
ベトナム:首相がフーコック島のIR計画を承認 想定事業規模は約5000億円

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Kansai-Expo-2019
G2E-Asia-2019

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.