カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





月刊レジャー産業資料 2019年6月号「統合型リゾート – 日本型IRの本質」発刊

2019-06-04

【マスコミ・メディア】

レジャー産業資料 2019年6月号
本体価格6,300円
2019年6月1日発行
発行元:綜合ユニコム株式会社

【特集】統合型リゾート――日本型IRの本質
日本型IRの成功には、「確固とした事業推進体制(地方自治体、事業者)の構築」とともに、IRの魅力向上、集客に寄与する「オリジナリティに富んだノンゲーミング施設の整備」がポイント、と本誌は考える。

日本が目指すIRは幅広い顧客層に支持され、新たな観光魅力を生み出す拠点施設であることを認識する必要がある。

区域整備計画の認定に際してポイントになるとみられる中核施設の要件を踏まえ、事業参画のあり方、誘致エリアの取組みなどを多角的に探った。

[INTERVIEW]
■秡川直也氏(特定複合観光施設区域整備推進本部事務局 内閣審議官)
国際競争に勝てる要件を整えつつ、地域と民間事業者が創意を発揮できる指針を示していきたい

[OPINION|IR政策に対する期待]
■美原融氏(美原融事務所 代表取締役/東洋大学大学院 公民連携専攻 客員教授/特定複合観光施設区域整備推進会議 委員/ NPO法人ゲーミング法制協議会 理事長)
前例のない公共政策の具体化へ、国と地方自治体による活発なコミュニケーションを

[VIEWPOINT]
■「施行令」の中核施設要件はこう読む 規模、クオリティ、コンテンツに求められる独自性と世界水準
丸田健太郎(有限責任あずさ監査法人 パートナー/公認会計士)

■事業参画の可能性
新産業として期待されるIRへの事業参入手法と留意点
大嶋正道(片岡総合法律事務所 パートナー/弁護士/NPO法人ゲーミング法制協議会 理事)
龍田 聡(PwCコンサルティング(同)IR事業戦略室/公認会計士/NPO法人ゲーミング法制協議会 事務局)

■日本型IRの事業予測
誘致レース、コンソーシアム組成の見通しと海外大手7社の経営分析
小池隆由(キャピタル&イノベーション 代表取締役社長、カジノIRジャパン運営)

[DATA]
■国内における主な大規模集客施設の概要

[TOPIC]
■パラダイスシティ「ワンダーボックス」
「夜の遊園地」をコンセプトにファミリーの集客を強化
ノンゲーミング拡充でIRの魅力向上へ
 
この本の購入はこちら。
・綜合ユニコム株式会社
綜合ユニコム|月刊レジャー産業資料2019年6月号「統合型リゾート――日本型IRの本質」

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-2019
GLDP-Rikkyo-2019
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.