カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





マカオ:SJM Holdings 19年度1H 最終益235億円,YoY12%増~G Lisboa Palace,5500億円に

2019-07-31

【海外ニュース】

7月30日、SJM Holdingsが2019年度1H(1-6月)業績を発表。

SJM Holdingsは、2019年6月末時点、保有コンセッションのもと、20のカジノ施設を運営。
うち、4つが自社施設、16施設はサテライトカジノ(サービスアグリーメントを通じ、第三者が所有・運営)。
自社施設の旗艦は、Casino Grand Lisboa。

1Hの株主帰属当期利益は、HK$1,679mn,YoY12%増(約235億円)。VIPの縮小を、マス拡大でカバー。
SJM Holdingsのマカオゲーミング市場(GGR)におけるシェアは、14.1%(VIPは10.7%、マスは18.2%)
現在のところ、事業のほぼすべてがマカオ半島にあり、コタイ地区のIR群にシェアを奪われる構図。

現在、コタイ地区において、Grand Lisboa Palaceを開発中。建設作業は、2014年2月に開始、2019年末の完了予定。開業は2020年にずれ込む見通し。開発コストは、当初計画(2016年)の360億HKドルから390億香港ドルに8%上昇。

2019年度1H業績(1-6月):
・売上高HK$17,074mn,YoY1%減, 調整後EBITDAはHK$2,078mn,YoY6%増, 株主帰属当期利益HK$1,679mn,YoY12%増
・円換算は、売上高2,390億円、調整後EBITDAは291億円、株主帰属当期利益235億円
<プロパティ別>
– Casino Grand Lisboa=売上高(GGR)HK$6,859mn,YoY14%減, 調整後EBITDAはHK$1,186mn,YoY9%増
– その他自社施設=売上高(GGR)HK$3,025mn,YoYフラット, 調整後EBITDAはHK$584mn,YoY45%増
(Casino Lisboa, Casino Oceanus, Casino Taipa)
– サテライトカジノ=売上高(GGR)HK$10,548mn,YoY5%減, 調整後EBITDAはHK$331mn,YoY16%減
(全16施設)
<ゲーミング売上高の内訳>
– 合計=HK$33,677mn,YoY8%増
– VIP Operation=HK$7,455mn,YoY25%減
– Mass Operation=HK$12,402mn,YoY8%増
– Slot machine Operation=HK$575mn,YoY1%減
(Less)commissions and incentives=HK$3,712mn,YoY28%減

Lisboa Palace 施設概要:
総開発費=HK$39bn(約5,500億円)
延べ床面積=約52万㎡(加えて、駐車エリアは約7.7万㎡)
ホテル=合計1,900室(Grand Lisboa Palace, Palazzo Versace, Karl Lagerfeld)
MICE、飲食、ショッピング、カジノ

SJM Holdings 日本における活動

デイジー・ホー会長, 日本進出意欲「日本に調査チーム派遣」

・6月11日、SJM Holdingsの取締役会議長、会長、エクゼクティブディレクターであるデイジー・ホー氏が年次株主総会にてメディア対応
・そこで、デイジー・ホー氏は、日本進出への意欲を強調
「日本にチームを派遣し、参入機会を調査」
~ただし、ターゲットエリアについては、明らかにせず

アーノルド・ホー氏 日本IR進出へ 中国顧客サービス力と日本の伝統を融合@Japan Gaming Congress

・5月16-17日、Japan Gaming Congress(JGC)が都内にて開催された。主催は、Clarion Events Ltd.(クラリオン・イベンツ, 英国)
・運営スポンサー
– バリエール / ギャラクシーエンターテインメントジャパン / 日本MGMリゾーツ / メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン / モヒガン・ゲーミング・アンド・エンターテインメント / SJMホールディングス / ウィン・リゾーツ・リミテッド
・補助スポンサー
– ハードロック・ジャパン / ラッシュッストリートジャパン / アルゼゲーミング / コナミ / サイエンティフィックゲームス / 日本金銭機械 / GT法律事務所
・SJM Holdingsは、アーノルド・ホー氏(COO補佐)が登壇。主な発言は以下の通り
「中国顧客向け観光産業とのリレーション、ネットワークが強み」
「同社の中国顧客へのサービス力と日本の伝統サービスを融合させる」
「IRで”日本のブランド化”に貢献する」
「マカオ・コタイ地区で開発中のGrand Lisboa Palace(開発費46億ドル)は西洋と東洋の融合力の証明」

北海道:北海道IRショーケース(2019年1月9-10日)出展7社+特別協賛1社

– シーザーズ・エンターテインメント
– ハードロック・ジャパン
– メルコリゾーツ&エンターテインメント
– モヒガン・ゲーミング・アンド・エンターテインメント
– ラッシュ・ストリート・ジャパン
– SJMホールディングス
– 〈特別協賛〉クレアベスト
北海道IRショーケース Day2 2日計6,990人来場~有力候補地の熱気。関西と双璧

SJM Holdings 日本参入にチーム編成 2020年営業権満期後を懸念

・2017年6月13日、SJM Holdingsが、同社の年次総会を開催
・CEOであるAmbrose So氏は、日本市場参入を目指し、チーム編成すると発言
・同社は、2020年のカジノ・コンセッション満期後の更新の有無について懸念を持つ
・マカオの市場の変化(VIPからマスにシフト)も同社に構造変化を促す
・同社のコタイ進出プロジェクトGand Lisboa Palaceは、2018年下期に開業予定
・同社は、最近、デイジー・ホー氏(スタンレー・ホー氏の二番目の妻の子)をエクゼクティブディレクターに任命

マカオ:SJM Holdings 親会社STDMの支配で合意。パンジーホー氏とフォック基金

1月23日、パンジー・ホー氏(スタンレー・ホー氏と第二夫人の長女)、ヘンリー・フォック基金(スタンレー・ホー氏の創業パートナー一族)は、SJM Holdingsの支配について協調することで合意したと発表。
パンジー・ホー氏が支配するShun Tak Holdings(香港上場。海運、資産管理業)が香港証券取引所にファイリングした。

両者は、合計で、SJM Holdingsの支配株主であるマカオ旅遊娯楽(STDM)の株式の53%を所有する。
内訳は、ヘンリー・フォック基金が26.6%、Shun Tak Holdingsが15.8%、パンジー・ホー氏が残り10.6%。

マカオ旅遊娯楽(STDM)は、SJM Holdingsの株式の54%を所有する。

この結果、アンジェラ・リョン氏(スタンレー・ホー氏の第四夫人)の影響力が相対的に希薄化した。アンジェラ・リョン氏は、SJM Holdingsの共同会長であり、SJM Holdingsの株式の8.6%を所有する。

2018年6月12日の株主総会で、スタンレー・ホー氏(当時96歳)が、経営トップ(会長、エグゼクティブダイレクター)を辞任、新設された名誉会長のポストに就いた。
スタンレー・ホー氏は、パートナーとともに、1960年代初めにマカオのカジノ経営権を獲得。その後、2002年の市場開放まで市場を独占した。

SJM Holdingsの経営トップについては、デイジー・ホー氏(53歳)が会長兼エグゼクティブダイレクター職を継承。
ティモシー・フォック氏、アンジェラ・リョン氏が共同会長兼エグゼクティブダイレクターに、アンブロース・ソー氏が副会長兼エグゼクティブダイレクター兼CEOに就任。

デイジー・ホー氏(53歳)、ティモシー・フォック氏、アンジェラ・リョン氏の3会長体制となった。
デイジー・ホー氏は、スタンレー・ホー氏の第二夫人の次女。
ティモシーフォック氏は、スタンレー・ホー氏の創業パートナーの子息。
アンジェラ・リョン氏は、スタンレー・ホー氏の第四夫人。

現在のマカオのカジノ・コンセッション6社のうち、SJM Holdings、Melco Resorts & Entertainmentは、スタンレーホー氏のファミリーの支配下にある。Melco Resorts & Entertainmentの最大株主は第二夫人の令息であるローレンス・ホー氏。

また、MGM Chinaの創業パートナーであり、第二株主は、パンジー・ホー氏。
MGM Chinaは、当初は、パンジー・ホー氏とMGM Resorts Internationalがイーコールパートナーシップであった。その後、MGM Resorts Internationalが株式を買い増し、株式の56%を所有。現在のパンジー・ホー氏の株式所有は22.49%。

マカオ:政府,カジノ営業権満期に伴う再入札準備~21年実施予想も。日本営業に影響

5月11日、梁維特(Lionel Leong)・マカオ特別行政区経済財政庁長官は、記者団に対し、カジノ営業権(コンセッション)満期後の方針について言及。ポイントは、

・改めて、”更新(Renewal)”ではなく、”新規入札(New Public tender)”を実施する方針を強調
・政府は、現在、入札実施に向けた法的な準備を進めている(ゲーミング法および関連規制の改正など)
・入札、すなわち事業者選定では、マカオの観光レジャーセンター化への貢献、ノンゲーミング強化などに重点を置く

一方、5月に入り、マカオのゲーミング法専門家であるJorge Godinho氏(マカオ大学・法学部客員教授, リーガルコンサルタント)は、”新規入札”が2021年に実施されると予想。

背景には、4月19日に、崔世安(Fernando Chui Sai On)・マカオ特別行政区行政長官が、議会にて、再入札が現行コンセッション満期(2022年6月26日)前に実施されること、すなわち現行営業権の延長オプションを行使しない方針を明らかにしたことがある。

マカオのカジノ営業権の”新規入札”は、日本におけるIR区域整備計画の選定認定(国による都道府県等と事業者の決定)の時期と一致する可能性がある。その場合、マカオの現行カジノ営業権保有者は、その喪失リスクを抱えた中で、日本参入営業を展開せざるを得ない。

マカオでは、コンセッション保有者(または、コンセッション保有者とサービスアグリーメントを締結した事業者)のみが、カジノ運営を許可される。コンセッションは、権益であり、6社の企業価値を支える原動力である。

図表の通り、マカオでは、6社(中国系3社、米国系3社)がゲーミング・コンセッション(サブ・コンセッションを含む)を所有しており、すべて2022年6月26日に満期を迎える。

ゲーミング・コンセッションに関して、現行法、契約(政府-事業者間)が規定するポイントは以下の通り。
・現行コンセッション満期後、新規コンセッションは、フレッシュな入札プロセス(Public Tender)を通じて付与
 (政府は、繰り返し、”更新”ではない点を強調)
・現行ゲーミング・コンセッションは、最大5年間の延長が可能
 (2019年4月、政府は延長しない方針を表明)
・政府は、2017年より、現行ゲーミング・コンセッションを早期償還できる権利を持つ
 (現在まで、政府は権利行使について言及なし)
・現行ゲーミング・コンセッション保有者は、それを喪失した場合、カジノ施設を、対価なしに、マカオ政府に移管する義務
 (カジノ施設の喪失は、事業性の観点から、自動的に全施設の喪失を意味する)

2017年央、政府高官は、初めて、”新たな入札(New Tender)”という表現を用いた。その発言は、現コンセッション保有6事業者に激震を与えた。
それまで、政府関係者は、”更新(Renewal)”と表現し、6事業者はそこに満期後も現状維持のニュアンスを感じ取っていた。
政府が”新たな入札”と表現したことで、事業者再募集・選定、入れ替えのニュアンスを読み取ったわけだ。

図表:マカオ カジノ運営6事業者のコンセッション満期日

コンセッション満期日 事業者 証券取引所 カジノ施設数 獲得順
2022年6月26日 SJM Holdings 香港証券取引所 22
2022年6月26日 Wynn Macau 香港証券取引所
2022年6月26日 Galaxy Entertainment 香港証券取引所
2022年6月26日 Sands China 香港証券取引所 4(サブ)
2022年6月26日 MGM China 香港証券取引所 5(サブ)
2022年6月26日 Melco Resorts & Entertainment NASDAQ 6(サブ)

注1:カジノ施設数は2018年12月末時点
注2:2019年3月15日、マカオ政府はSJM Holdingsのコンセッション(MGM China Holdingsのサブ・コンセッション)の満期日を、2020年3月31日から2022年6月26日に延長を承認
注3:(サブ)はサブコンセッション。Sands ChinaはGalaxy Entertainmentより、MGM ChinaはSJM Holdingsより、Melco Resorts & EntertainmentはWynn Macauより取得
 

マカオ:コタイ地区IR開発アップデート~Lisboa Palaceに加え, 計画策定フェーズ3施設


 
コタイ地区では、2007年8月のThe Venetian Macao開業から2018年2月のThe Parisian Macaoまで、10の大型IRが開業した。

現在、建設作業が進行中の新規開発計画(新規土地利用)は、Grand Lisboa Palace。
Grand Lisboa Palaceの開業により、コンセッション6社すべてがコタイ地区に進出することになる。

Grand Lisboa Palace(SJM Holdings)
・建設作業は、2014年2月に開始
・2018年末の建設作業の完了、2019年後半の開業を目指す。
<施設概要>
・総開発費=360億香港ドル(約5,040億円)
・延べ床面積=約52万㎡(加えて、駐車エリアは約7.7万㎡)
・ホテル=合計2,000室(Grand Lisboa Palace, Palazzo Versace, Karl Lagerfeld)
・MICE、飲食、ショッピング、カジノなど

一方、計画策定フェーズは、Galaxy Macau第3期&4期, Studio City第2期, Wynn Palace拡張1期がある。

Galaxy Macau 第3期&4期(Galaxy Entertainment Group)
・近く正式計画を公表へ
<施設概要>
・開発費=430億香港ドル以上(約6,020億円以上)
・延べ床面積=100万㎡レベルを想定
・ホテル=約4,500室
・MICEは3,700㎡、アリーナ16,000席、飲食、カジノなど
・ファミリー・エンタテインメント、MICEを強調

Studio City第2期(Melco Resorts & Entertainment)
・プロジェクト予算は、13.5億ドルから14億ドルを想定
・ホテル2棟(計900室)、ゲーミングエリア
・ウォーターパーク、飲食、リテイル、MICE、シネプレックスなど

Wynn Palace拡張1期-南区画(Wynn Macau)
・初期投資額20億ドル(約2,160億円)
・土地面積3ha
・プロパティ名”Crystal Pavilion”
・ホテル棟は約650室
・2021年後半に着工。工期は36ヵ月強

カジノIRジャパン関連記事:
・SJM Holdings 日本
海外企業:SJM Holdings デイジー・ホー会長, 日本進出意欲「日本に調査チーム派遣」
北海道IRショーケース@札幌(9-10日)海外7社, カジノIRジャパン出展~道の機運醸成へ
IR関連企業動向:マカオ SJM Holdings 日本参入にチーム編成 2020年営業権満期後を懸念
・SJM Holdings 経営
マカオ:政府, SJMとMGMの営業権延長承認。全社, 22年6月満期に~新規入札強調
マカオ:スタンレー・ホー氏 親族が健康悪化報道否定~業界と一族のパワーバランス注目
マカオ:SJM Holdings 親会社STDMの支配で合意。パンジーホー氏とフォック基金
マカオ:SJM Holdings スタンレー・ホー氏引退 3会長体制へ。権限移譲の難しさ指摘の声
・SJM Holdings 業績
マカオ:SJM Holdings 18年度通期 最終利益400億円。19年, コタイ進出へ~日本言及なし
マカオ:SJM Holdings 18年度通期 最終利益400億円。19年, コタイ進出へ~日本言及なし
マカオ:SJM Holdings 18年度1H業績 収益回復もシェア低下 コタイ”Palace”, 19年後半開業
マカオ:SJM Holdings 2017年度4Q業績 シェア低下 Grand Lisboa Palaceコタイ進出2018年末
マカオ:SJM Holdings 2017年度4Q業績 シェア低下 Grand Lisboa Palaceコタイ進出2018年末
マカオ:SJM Holdings 2017年度3Q業績 EBITDA10%減 コタイと競合 Lisboa Palace開発急ぐ
マカオ:SJM Holdings 2017年度1Q業績 自社施設回復、サテライト苦戦 新施設開業18年下期に
マカオ:SJM Holdings 2016年度通期 利益YoY6%減 コタイ地区Grand Lisboa Palace開発進展
マカオ:SJM Holdings 2016年度2Q マカオ半島、VIP中心で苦しい展開 コタイ進出は2017年4Q
マカオ:SJM Holdings 2016年度1Q 大幅減益 半島中心 コタイ中心のSands、Galaxyと明暗
マカオ:SJM Holdings 2016年度1Q 大幅減益 半島中心 コタイ中心のSands、Galaxyと明暗
マカオ:SJM Holdings 2016年度1Q 大幅減益 半島中心 コタイ中心のSands、Galaxyと明暗
マカオ:SJM Holdings 2016年度1Q 大幅減益 半島中心 コタイ中心のSands、Galaxyと明暗
マカオ:IR6社計 2015年度&4Q業績 通期当期利益3,618億円 依然として高い利益水準
 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-2019
GLDP-Rikkyo-2019
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.