カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





Suncity Group(上場会社) 2018年度売上高123億円, 損失226億円~国際IR開発運営を視野

2019-03-29

【海外ニュース】

3月29日、Suncity Group(上場会社)は、2018年度業績を発表。

Suncity Groupは、上場会社にジャンケット事業を含めていない(ジャンケット事業は、同名で非上場)。

Suncity Group(上場会社)の2018年度の売上高は、中国本土の不動産開発、旅行関連サービスがほぼ全体を占める。

Suncity Group(上場会社)は、国際的なIR開発および運営を主たる事業領域とする方針。大型プロジェクトの第一弾は、ベトナムのHoiana Projectであり、その開発会社Hoi An South Developmentの株式の34%を所有。

同社の主な事業セグメント:
(1) 施設開発。中国本土におけるオフィス、住居、リテイル
(2) 施設リースおよび管理。中国本土における住居、リテイル
(3) ホテルおよびIRコンサルタンシー
(4) 旅行商材の販売および代理店

同社の主な分野別売上高(2018年度売上高):
施設売却Sales of properties=RMB177mn
施設管理Property management services income=RMB76mn
旅行代理Travel agency services income=RMB77mn
旅行商材Sales of travel related products=RMB535mn
ホテルおよびIRコンサルタンシーHotel and integrated resort general consultancy services income=RMB20mn

株主帰属当期損益RMB1,459mn(226億円)の赤字。デリバティブの評価損RMB1,190mnが響いた。ただし、一時的項目を除く、経常ベースの損益も赤字基調にある。

2018年度(1-12月)業績:
・売上高RMB793mn,YoY46%増, 売上総利益RMB237mn,YoY30%増, 株主帰属当期損益RMB1,459mnの赤字(前期RMB197mnの黒字)
・円換算は, 売上高123億円, 売上総利益37億円, 株主帰属当期損益226億円の赤字

2018年度末(12月末)財務状況:
・ネット有利子負債RMB273mn(関連者・関連会社からの借入金を除く、)
・現金・銀行預金RMB927mn, 短期借入金RMB243mn, 長期借入金RMB442mn, 転換社債RMB515mn
・円換算は, ネット有利子負債42億円

ベトナム:Hoiana 40億ドルIR計画 2019年開業へ~Suncityマカオ営業権満期後の新規入札狙う

4月20日、ロイターが、ベトナムのHoiana Projectの現地状況をレポート。2019年の第1期開業に向けて、建設作業が進展中。
開発投資額は、第1期が6.5億ドル、全体が40億ドル。

現地開発会社Hoi An South Developmentのエクイティ所有者は、Suncity Group Holdings(マカオ、ジャンケット)、ベトナム現地の投資・不動産業者VinaCapital、香港の投資業者VMS Investment Groupである。

Suncity Group Holdingsがリード役。Suncity Group Holdingsにとって、Hoiana Projectは、初のカジノ、IR開発計画となる。

Suncity Group Holdingsは、マカオにおける、カジノ・コンセッション満期(6社。それぞれ2020年、2022年に満期)後の新規参入を狙っている。ベトナムの大型実績を、その足がかりとしたい考え。なお、現在のところ、マカオ政府は、カジノ・コンセッション満期後の方針を決めていない。

なお、ベトナム政府は、一定条件をクリアしたIRにおいて、パイロットとして内国人の入場を可能とする方針。
Hoiana Projectは、その対象とはならない見通し。

パイロットは、その権益性の高さゆえ、ベトナム資本主体プロジェクトが優先対象となる可能性が高い。
北部クアンニン省Van Don Economic Zone(開発者:ベトナム Sun Group)、キエンザン省フーコック島(開発者:ベトナム Vingroup)が対象となる見通し。

なお、Suncity Groupは、北部クアンニン省Van Don Economic Zone計画に対するカジノ・マネジメントメント・サービス提供契約を締結済み。

Hoiana Projectの概要
・外国人専用カジノを含む統合型リゾート(IR)
・全体開発:投資額40億ドル、開発期間15-20年
・周辺開発まで含めて1,000haが対象
・第1期(2019年開業予定)
 開発投資額6.5億ドル
 ホテル、ショッピング、飲食、ゴルフコース、カジノ(テーブル140台)
 周大福の関連企業がホテル1,176室、ヴィラ100棟
・第2期(2023年までに開業予定)
 ラグーン、ウォーターパーク、第二ゴルフコース、エンタテインメント、ビーチリゾート追加
・周辺開発には、住民向け学校やスポーツスタジアムなど
・現地開発会社Hoi An South Developmentのエクイティ所有者
 Suncity Group Holdings Ltd(マカオ、ジャンケット)=34%
 VinaCapital(ベトナム、投資・不動産業)
 VMS Investment Group(香港、投資業)

 
カジノIRジャパン関連記事:
・Suncity Group
ベトナム:Hoiana 40億ドルIR計画 2019年開業へ~Suncityマカオ営業権満期後の新規入札狙う

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.