カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





フィリピン Bloomberry Resorts 19年度3Q 当期利益86億円,YoY3.5倍~好調, 日本コメントなし

2019-11-17

【海外ニュース】

11月14日、フィリピンのBloomberry Resortsは、2018年度業績を発表。

同社は、フィリピンのマニラ首都圏の国際IRであるSolaire Resort and Casino、韓国済州島のJeju Sun Hotel and Casinoを運営。

2018年度3Q(7-9月)の当期利益は,3Q(7-9月)86億円,YoY3.5倍、3Q累計(1-9月)188億円,YoY33%増。

フィリピン事業が好調。フィリピン市場は、内国人:外国人の構成比、マス:VIPの構成比とも、おおむね5:5であり、バランスも良好。

Bloomberry Resortsは、新規IR計画Solaire North(Quezon City)を推進中。7月に掘削作業を開始。

ただし、新規計画に対する政府の開発許認可の行方は不透明。
2017年3月、PAGCORのAndrea D. Domingo議長は、新規IR開発計画の新方針を発表。マニラ首都圏では、今後5年間は新規のIRライセンスを発行しない方針。
2018年1月、ロドリゴ・デュテルテ大統領が、国内の新たなカジノ開発の停止を表明。

2019年度3Q(7-9月)業績:
・売上高PHP13,232mn,YoY49%増, EBITDA PHP6,361mn,YoY2.0倍, 当期利益PHP3,913mn,YoY3.5倍
・円換算は、売上高291億円, EBITDA 140億円, 当期利益86億円
・セグメント別
– フィリピン:売上高PH13,209mn,YoY52%増, EBITDA PHP6,433mn,YoY2.0倍
– 韓国:売上高PHP102mn,YoY56%減, EBITDA PHP73mnの赤字(前年同期PHP24mnの黒字)

2019年度3Q累計(1-9月)業績:
・売上高PHP35,463mn,YoY23%増, EBITDA PHP15,817mn,YoY38%増, 当期利益PHP8,566mn,YoY33%増
・円換算は、売上高780億円, EBITDA 348億円, 当期利益188億円
・セグメント別
– フィリピン:売上高PH35,360mn,YoY24%増, EBITDA PHP16,162mn,YoY39%増
– 韓国:売上高PHP337mn,YoY21%減, EBITDA PHP345mnの赤字(前年同期PHP176mnの赤字)

Bloomberry Resorts 日本における営業活動

和歌山県IRシンポジウム第4回~バリエール,ソレアに加えサンシティ初登場

・8月26日(月)13:00-16:00、和歌山県IRシンポジウム第4回が開催された
・主催は、和歌山県、和歌山商工会議所、和歌山IR推進協議会
・参加費は無料。地元経済人中心に約450名が参加。過去ともにほぼ満席であった
・仁坂吉伸・知事がパネルディスカッション「大阪IRとの近接性と事業性の確保について」をモデレート
<基調講演>
・萩生田光一・衆議院議員(IR議連・事務局長)
~カジノに関わる懸念事項への考え方を丁寧に説明
~「(大阪府市と和歌山県に配慮。立法主旨において、)エリアを分けて配置を考えていない。関西で1個というルールは作っていない。いい計画を選ぶ」
<事業者プレゼン>
・海外IR事業者は3社が登壇。バリエール、ブルームベリーは和歌山県への意欲を表明済み。サンシティは初登場し、和歌山県への意欲をアピール
・サンシティグループ(香港)
~和歌山県用にパースと動画を用意。アルビン・チャウ(ALVIN CHAU)会長がビデオレター
・バリエール(フランス)
~県内への事務所設置をアピール。和歌山県用のパースを用意
・ブルームベリー(フィリピンのソレア運営会社)
~フィリピンの新規プロジェクト「ケソンシティ」の動画を用意
・開催概要は以下を参照
和歌山県IRシンポジウム第4回 概要(2019年8月26日開催)

和歌山IRビジネス構築セミナー 地域中心に300名参加~海外IR4社が協賛

・2月19日、「和歌山IRビジネス構築セミナー」が開催された
・地域事業者、IR関係者、海外IR事業者など中心に約300名が参加
・同セミナーは、和歌山県、和歌山商工会議所の後援。地域事業者と海外IR事業者のコラボレーションを支援
・海外IR事業者の協賛・登壇は、ブルームベリー(フィリピン)、バリエール(フランス)、ギャラクシー(香港・マカオ)、モヒガン・ゲーミング(米国)

フィリピン:PAGCOR 2018年市場統計 約4,000億円,YoY23%増~マニラIR群, 75%占有

2月初、フィリピンのゲーミング当局(Philippine Amusement and Gaming Corp, PAGCOR)が、2018年4Qおよび通年のカジノ市場統計を発表。
PAGCORは、前回は、2018年12月に、2018年3Qのカジノ市場統計を公表。

2018年4Q累計(1-12月)のカジノ市場は、PHP187,541mn, YoY23%増(約3,938億円)。

うち、マニラ首都圏の国際IR4施設の合計(Entertainment City)は、PHP141,436mn, YoY29%増と、全体の75%を占有。

国際IR4施設とは、
City of Dreams Manila(事業者:Melco Resorts & Entertainment)
Resorts World Manila(事業者:Travellers International Hotel Group)
Solaire Resort & Casino(事業者:Bloomberry Resorts)
Okada Manila(事業者:Tiger Resort, Leisure and Entertainment、ユニバーサルエンターテインメント子会社)

Entertainment Cityの伸長の背景は、マニラ首都圏IRの施設拡充、および、中国との国交改善による中国顧客増加。
中国政府は、2016年1Qまで、非公式に、中国人のレジャーにおけるフィリピンへの訪問を禁じていた。

2018年4Q累計(1-12月)カジノ市場(GGR)データ
合計=PHP187,541mn,YoY23%増
<施設種別>
PAGCOR直営計=PHP35,895mn,YoY4%増
Entertainment City=PHP141,436mn,YoY29%増
Clark=PHP8,622mn,YoY22%増
Thunderbird=PHP1,588mn,YoY9%減
<顧客セグメント別(Entertainment City)>
PAGCOR直営計
– マス(ノンジャンケット)=PHP12,094mn,YoY3%増
– VIP(ジャンケット)=PHP9,027mn,YoY10%増
– 電子ゲーム(EGM)=PHP14,774mn,YoY2%増
ライセンス
– マス(ノンジャンケット)=PHP64,278mn,YoY34%増
– VIP(ジャンケット)=PHP42,910mn,YoY28%増
– 電子ゲーム(EGM)=PHP44,458mn,YoY22%増

12月末 施設数およびデバイス数
PAGCOR(8ヵ所、34サテライト)=テーブル472台, 電子ゲーム(EGM)9,581台
Entertainment City(4施設)
– City of Dreams Manila(事業者:Melco Resorts & Entertainment)=テーブル302台, 電子ゲーム(EGM)2,161台
– Resorts World Manila(事業者:Travellers International Hotel Group)=テーブル319台, 電子ゲーム(EGM)1,827台
– Solaire Resort & Casino(事業者:Bloomberry Resorts)=テーブル387台, 電子ゲーム(EGM)2,106台
– Okada Manila(事業者:Tiger Resort, Leisure and Entertainment)=テーブル396台, 電子ゲーム(EGM)2,749台

 

フィリピン IR開発動向

現在、マニラ首都圏において、4つの大型のカジノを含む統合型リゾート(IR)が稼働中。

2017年3月、PAGCORのAndrea D. Domingo議長は、新規IR開発計画の新方針を発表。
その骨子は、
1)マニラ首都圏では、今後5年間は新規のIRライセンスを発行しない方針
2)マニラ首都圏以外のIR計画を推進。そのミニマム投資要件は3億米ドル(マニラ首都圏エンタテインメント・シティのミニマム投資要件は10億米ドル)

この方針にもとづき、PAGCORは、2017年5月、8月にそれぞれセブ州のラプ=ラプ市、マンダウエ市にIR計画を承認した。

2018年1月、ロドリゴ・デュテルテ大統領が、新たなカジノ開発の停止を表明。PAGCORが承認済のプロジェクトの先行きは不透明な情勢。

フィリピン IR開発動向

【マニラ首都圏】
<稼働中>
・ニューポートシティ マニラ国際空港隣接
 Resorts World Manila(Travellers International Hotel Group運営、2009年8月開業)
・エンタテインメントシティ
 Solaire Resort & Casino(Bloomberry Resorts運営、2013年3月開業、2014年11月Sky Tower拡張)
 City of Dreams Manila(Melco Crown Philippines Resorts運営、2014年12月開業)
 Okada Manila(ユニバーサルエンタテインメント、現地Tiger Resorts Leisure and Entertainment)=第一期投資額24億米ドル、2016年末開業
<新規開発>
・エンタテインメントシティ
 Westside City Resorts World Project(Travellers International Hotel Group)=Travellers部分の投資額12億米ドル、2020-2021年開業予定
・ケソン市(Quezon City)
 Vertis North Complex内IR(Bloomberry Resorts)=土地1.5ha、取得価額は19億PHP(約46億円)。投資額200億PHP(430億円)

【マニラ首都圏以外】
<新規開発>
・セブ州マクタン島ラプ=ラプ市
 Lapu-Lapu Leisure Mactan(Udenna Development Corp)=投資額3.41億米ドル、土地12.5ha。2019年に一部開業、2022年に完成予定
・セブ州マンダウエ市
 Millennium Pan-Asia Hotel and Resortの計画=投資額3億米ドル、2020年3Qに開業予定
・ボラカイ島
 Galaxy Entertainment Group、Leisure and Resorts World Corp=投資額5億米ドル
 Alliance Global Groupの計画

 
カジノIRジャパン関連記事:
・Bloomberry Resorts 日本における営業活動
誘致レース(739)和歌山県=県IRシンポジウム~Barriere,Bloomberryに加えSuncity初登場
誘致レース(582)和歌山県=IRビジネス構築セミナー 地域中心に300名~海外4社協賛
・Bloomberry Resorts 事業
フィリピン:Bloomberry Resorts 18年度最終利益150億円, 順調~ケソン市IR推進意欲
フィリピン:PAGCOR 2018年市場統計 約4,000億円,YoY23%増~マニラIR群, 75%占有
フィリピン:PAGCOR 18年市場統計を初公表 3Q累計は約3,000億円, YoY2割増
フィリピン:マニラIR4社 18年度2Q業績 売上高660億円, YoY約3割増~Okada Manila躍進
フィリピン:マニラIR4社 2017年度4Q 売上高14%増。Okadaシェア拡大、既存3社停滞
フィリピン:2017年市場3,100億円、YoY14%増。Eシティは既存施設伸長、Okada Manila新規貢献

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-20191204canceled
Yokohama-Expo-2020
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.