カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





誘致レース(876)秋元衆院議員IR関連疑惑への取組自治体の反応~現在まで総じて冷静

2019-12-29

【国内ニュース】

IR整備法は、区域認定数の上限を「3ヵ所」と法定。

2021年1月4日から7月30日、国はIR区域整備計画の申請を受け付け。2021年8月以降、国はIR区域整備計画を認定へ(都道府県・政令市, IR事業者が決定)。

2020年、都道府県・政令市は、実施方針を策定し、IR事業者を選定。その後、都道府県・政令市、IR事業者が共同でIR事業整備計画を策定し、国へ申請へ。

IR整備法は、地方に配慮する観点から、区域認定数見直し時期を「最初の区域認定から7年経過後」とした。

IR誘致を決定または検討している自治体の動向

秋元衆院議員IR関連疑惑への取組自治体の反応~現在まで総じて冷静

・12月27日までに、IR誘致を決定・検討する都道府県・政令市の首長、IR担当者がメディア取材に対応、秋元司・衆議院議員IR関連疑惑についてコメント
・社会のIRに対するイメージ悪化を懸念する声はあるが、IR誘致および検討の作業に対する影響については冷静
・国のスタンスは以下の通り
政府:菅官房長官, 赤羽国交相「IRはスケジュール通り,早期に効果実現」~秋元議員逮捕後
・カジノIRジャパンは、本疑惑は、IR政策・事業との関係性が乏しいと考えている。登場する人物、会社、自治体が、それぞれ疑惑当時および現在とも重要な意思決定プロセスから遠い存在であるため

<秋元衆議院議員の事務所家宅捜索(12月20日)の後>
– 小池百合子・東京都知事「事件とIR誘致の判断とは別物」
– 大村秀章・愛知県知事「IRの問題ではない」
– 和歌山県IR担当者「粛々と誘致作業を進める」

<秋元衆議院議員逮捕(12月25日)の後>
– 鈴木直道・北海道知事「IR準備は進める。(疑惑の)影響は少なからずある」
– 林文子・横浜市長「横浜市は事業者と適正に対応しており、これまで同様、IRの実現に向けて、公正・中立に進めていきます」
– 吉村洋文・大阪府知事「これからも手続きの透明性を重視して進める」
– 松井一郎・大阪市長「IRは、観光立国日本をつくるための政策。政策と個人の犯罪を一緒にしてどうするのか。メディアはIRに否定的だが、偏向報道はやめてほしい」
– 和歌山県IR担当者「誘致に向けて県がやるべきことに変わりはない。事業者とは適正な距離を保って対応するよう細心の注意を払っている」

宮城県、愛知県、北九州市~国交省IR意向調査への対応とは別にIR誘致を検討中

国交省IR意向調査 8自治体「予定または検討」~それ以外も申請可能

・9月24日、赤羽一嘉・国土交通大臣は、記者会見にて、47都道府県・20政令市へのIR意向調査の結果を発表
・調査は、(1)申請予定または検討、(2)申請予定はない、の二者択一。9月9-19日の提出期限
・(1)と回答した都道府県・政令市は8つ、
– 北海道, 千葉市, 東京都, 横浜市, 名古屋市, 大阪府・市, 和歌山県, 長崎県
・国土交通省は、(1)と回答した都道府県・政令市に対し、個別ヒアリングを実施へ
・なお、国土交通省へのIR区域整備計画の申請は、上記の意向調査の回答によらず可能


 
カジノIRジャパン関連記事:
IR誘致レース~各地における政治、行政、経済界の動向。3ヵ所の席を巡る競争(2016年12月~)
IR誘致レース~北海道の動向
IR誘致レース~宮城県の動向
IR誘致レース~千葉市の動向
IR誘致レース~東京都の動向
IR誘致レース~横浜市の動向
IR誘致レース~愛知県の動向
IR誘致レース~名古屋市の動向
IR誘致レース~大阪府市の動向
IR誘致レース~和歌山県の動向
IR誘致レース~北九州市の動向
IR誘致レース~長崎県の動向

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-20191204canceled
Yokohama-Expo-2020
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.