カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





Q.4 カジノを合法化することの社会的な問題やリスクはどう考えてられているのか

2015-01-15

【みんなのIR・カジノ Q&A】

A.
カジノの合法化に当たっては、ギャンブル依存症、非社会的勢力との関係、青少年への影響、マネーロンダリングなどのリスクが考えられる。これらを最小限に抑え、対策をきちんと明示することが、国民への理解、信頼を得るために必要である。

そのため、推進法案ではカジノ管理委員会の設置を予定している。委員会の役割は、カジノ施設の設置・運営に関して、不正行為の防止や有害な影響の排除の措置を政府に求めること、カジノ施設に対する厳重な規制監督を行うことである。

幸いなことにカジノはグローバルゲーミングで、世界127カ国(2013年)に現存している。世界中に規制・監督の規範があるのだ。それらの蓄積されたノウハウを参考に、世界最高水準の規制・監督を作ることが求められる。具体的な内容については、政府内で検討されて、実施法案に確実に反映されることになる。

さらに、カジノ管理委員会は、他のギャンブルのように個別の省庁の利権や天下りになることも避けられなければならない。ここは国民的な監視が必要だ。また、ギャンブル依存症については、現在その多くを生み出しているパチンコは、長年対応を怠ってきた業界・監督官庁の責任を問われる場面もあるかもしれない。

カジノIRジャパン


No tags for this post.
ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
JGC2017
IR資料室

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.